スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーSの回顧

02/18(日)東京11R GⅠ・フェブラリーS(ダ1600)

1着 サンライズバッカス(--)
2着 ブルーコンコルド(▲)
3着 ビッググラス(☆)
4着 カフェオリンポス(--)
5着 フィールドルージュ(--)

ラップ 12.4-10.6-11.6-12-12.3-12-11.5-12.4=1:34.8

前半は2ハロン目が10秒台という明らかなから入り緩みの少ないハイペース。しかしながらトータルでは、雨の影響で時計が出やすい馬場でレコードが出てもおかしくないというか出してほしい馬場だったわりには…というタイムかなという印象。メンバー的に見ても昨年と比べて一枚落ちるレースだったように思う。


1着 サンライズバッカス(--)
最も無難な馬だと思ったなら買っておけという話。出遅れもなんのそのアンカツがすぐさま中団につけて、仕掛けるタイミングも他馬より若干早いくらいで行って馬もそれに応えるようにしっかり伸びた。前走からの上積みもあったし東京千六というコースもよかった。完勝という内容ではあったがこれまでのダート王者ほどのインパクトはないというのが正直な感想。距離が伸びればエルコン2騎(アロンダイト&ヴァーミリアン)の方が強そうだし、ストームキャット系ゆえに今後もイマイチ信用を置けないか。アンカツが手の内に入れ、GⅠ勝利でピンポイントローテで使われることを考えれば今後の成績は以前より安定しそうではあるが…。

2着 ブルーコンコルド(▲)
やはり最後は騎手の差かなぁと思う競馬。左回りは克服したような印象だったが、やはりというかかなりモタれていたらしいので直線最後の伸びなんかを見ても力負けでもなさそう。

3着 ビッググラス(☆)
中間も好調と伝えられていたとおりパドックではメンバー中で一番良く見えた。結果、馬の充実ぶりを示す堂々の3着。村田も結果論だが多少仕掛けが早かったと自身で言っているがそれでも悪くない騎乗だったと思う。今後もこのコンビには活躍を期待したい。

4着 カフェオリンポス(--)
ぶっちゃけ全く眼中になかったです…。すいません…。馬も騎手もこういった底力勝負ではなかなかしぶとい。

5着 フィールドルージュ(--)
距離が足りないとのこと。当面ルメールはダートが駄目でオケー?

6着 シーキングザベスト(△)
この馬なりの競馬はできていたように思う。スタミナが足りず力負け。自分の守備範囲で頑張ってもらいたい。

9着 シーキングザダイヤ(○)
パドックでの見た目が思った以上にふっくらと張りがあるように見えたので大幅に評価を上げてしまったが、“思った以上に”というのが曲者だった。冷静に考えると中間の状態がイマイチすぎてそのギャップに目が眩んでしまい余計に好く見えてしまったと思う。実際はやはり8分程度の出来だったと思われ…。1週でガラッと変わることはあれどどの馬も最高の仕上げで出てくるGⅠの舞台では8分の出来で勝ち負けというのは甘いということだろう。

10着 メイショウバトラー
高速馬場に激しい先行争いを考えると10着という数字ほど悪い内容ではなかったと思うが、さすがに7歳牝馬にここで期待するのは少々酷だった。今後は実績ある中京、京都の軽いダート戦で。

11着 メイショウトウコン(◎)
これまで直線平坦の一瞬の切れだけで勝負してきた馬にはコース、馬場、展開すべてが合わなかった。血統的に見ても使える脚は短いよなぁ…。


スポンサーサイト

根岸Sの回顧

01/28(日)東京11R GⅢ・根岸S(ダ1400)  【勝負度D】

1着 ビッググラス(--)  1:23.5
2着 シーキングザベスト(◎)
3着 ニホンピロサート(--)

ラップ 12.5-10.8-10.9-11.7-12-12.7-12.9

前半ハイペースで4ハロン目が12秒を切れば前残りとは言ったが、3ハロン目が10秒台でくるとはさすがに思わなかったわけで…。そもそもトウショウギアは大先生が乗ると思っていた僕にはレースを初見で「先生、すげぇなぁ」って思ったわけで…。これだけ速いと最後はさすがにスタミナ、底力勝負になっちゃうわけで…。そんな競馬ならエルコンが最も得意とする展開なわけで…。


1着 ビッググラス(--)
ダートの短距離では買いだとは思っていたが、初のダート重賞のしかも村田で来るとは思わなかった。底力勝負に強いエルコンらしく最後にグイとひと伸び。人馬ともに初重賞制覇ということで、おめでとう!

2着 シーキングザベスト(◎)
ユーイチは上手く乗ったと思うが勝ち馬の底力の前に敗北。スタミナというか底力の面でどうもGⅠ級では苦しくなる気がする。フェブラリーSも勝ち鞍のあるコースとはいえ距離延長はマイナス材料だしあまり買う気が起こらない。

3着 ニホンピロサート(--)
直線では9歳とは思えない勢いで伸びてきたが3着まで。勝浦曰く「やっぱり左回りは走りっぷりが今ひとつ。」とのことなのでその分の負けだろう。

4着 リミットレスビッド(○)
本来なら勝ちパターンだったように思うがさすがにハイペースでもうひと伸びが利かず。展開のアヤでの敗戦で頑張っている。

5着 ヒカルウィッシュ
マイル向きの馬な分と内枠だった分スタミナに余裕があったのでここまで頑張れた。堅実に走るが重賞ではワンパンチ足りない。

6着 ボードスウィーパー
力をつけているとは思うがここではまだだった感。すばるSとプロキオンSで。

7着 トウショウギア(▲) 
7歳になっても相変わらずの爆走っぷり。ああいう競馬が一番合っているのだろうから結果はともかくよかったんじゃないかと思う。あれだけの速力と最後の粘りなら今後も楽しませてくれそう。+18キロは気にならないものだった。

8着 オフィサー
末脚勝負では間に合わないと考えたのか4番手からの競馬。やった競馬こそ違えどダートでは堅実なフサイチペガサスらしく自分の能力分は走ってきた感じでいいんじゃないだろうか。


東京新聞杯の回顧

01/27(土)東京11R GⅢ・東京新聞杯(芝1600)  【勝負度C】

1着 スズカフェニックス(◎)  1:32.7
2着 エアシェイディ(△)
3着 イースター(--)

ラップ 12.5-10.8-11.5-11.7-11.8-11.3-11.1-12


1着 スズカフェニックス(◎)
勝つときはすべてが上手く行くもので、その流れを自然と引き寄せるのが武豊という天才ジョッキーの上手さなのかもしれない、とそんなことを思った。
馬はちょっと器用さに欠ける感じがするので基本的に広いコース向きで、手替わりはよろしくなさそう。

2着 エアシェイディ(△)
アンカツが手の内に入れているよう。ダメジャーにアンカツが乗ったら誰が乗るかは知らないけどマイナスになりそう。使う脚はダンスインザムード的なイメージかな。

3着 イースター(--)
四位とルメールとはどうも波長が合わない。そしてエルコンとも…。
距離はマイル、切れなどを補うために内枠がよさ気。

4着 ホッコーソレソレー
-10キロでも今回のパドックの方が前走より良く見えた。別に調子の落ち目とかではないのかも。それでも一息入れてもいい頃かな。キングへイローらしく真面目だしスパッとは切れないが相変わらず長くいい脚を使う。年内で重賞連対くらいは。

5着 グレイトジャーニー(◎)
後方2番手からの競馬。ペリエで前に取り付けないのだから仕方ない位置取り。直線外から鋭く伸びてきたが最後は止まってしまった。その辺がGⅢまでの馬という感じ。

6着 サンバレンティン
これだけ速い上がりを求められると厳しい。力分は走っていると思うし弱いわけではないので時計のかかる差し馬場で。

7着 キストゥへブン
6番手からの競馬で7着。今回のメンバーと淀みない速い流れを考えれば頑張っていると思う。やはりマイルがいい。

8着 ロードマジェスティ
月並みだが速い時計になると厳しく馬場悪化で狙い目が立ちそう。

9着 キネティクス(▲)
先行勢では頑張った方だと思う。年齢的に多少下降線に入っている気もしなくもないが、レースにいってまだこれだけ走れるなら人気薄なら次走も様子見がてら押さえてもよさそう。次がダメなら終了かもしれんが…。

11着 キングストレイル(注)
減らしたいところを逆に増えてるんだからどうしようもない。馬の力に関しても現状あれだけ速い時計に対応できるほどではなさそう。オープン特別程度から出直し。

京都牝馬Sの回顧

01/28(日)京都11R GⅢ・京都牝馬S(芝1800)  【勝負度D】

1着 ディアデラノビア(--)
2着 ウイングレット(--)
3着 アグネスラズベリ(▲)

ラップ 12.5-10.9-11.4-11.9-11.5-11.1-11.9-11.8

11秒ラップが並ぶ締まったハイペースで前に行った馬には苦しかったが後ろからの馬も楽なペースでもなかったか。最後は地力に勝る馬が上位を占める底力勝負になった印象。最後の1ハロンの11.8は勝ち馬のタイムなので他馬には無関係扱い。


1着 ディアデラノビア(--)
4馬身という着差についてはハイペースと通ったコースの差もあると思うが、いやまあここでは力が一枚上だったということだろう。ただ岩田が上手く乗った感もあるしGⅠ勝利は…?って気もしないでもない。カワカミ他現4歳世代との力関係だろうね。

2着 ウイングレット(--)
今回のハイペースを3番手で競馬して後続を封じるんだから強かったんでないの?牝馬限定重賞では実力上位というところを示した。カツハルの好調期も意外に長続きしている模様。

3着 アグネスラズベリ(▲)
意欲的な調整をしてきたわりに-2キロというのは絞りきれないのか身が入ってきたのか。パドック見てないし何とも言えないが本田さん曰く「まだコズんでいた」とのことなのでまだ八分くらいの出来いうところで消化。マイルの重賞になると甘いしスプリントは追走がきついので基本は千四仕様の馬なんだろうと思う。もう少し前半の速力が付けばとは思うが…酷かな?速力を補う意味で内枠に入ったときが買いやすそう。

4着 サンレイジャスパー(○)
もう少し前で競馬をする想定だったがマイルの速い流れではさすがに無理だったか。って鞍上馬自身に昨年ほどの勢いは感じなくなってきているし…。外からジンワリ伸びてきているのを考えると千八・二千の中距離馬。ジリ馬なので今後も不完全燃焼気味な競馬を続けそうな気がする。

5着 アクロスザへイブン
フジキセキというのを考えても瞬発力よりな馬だろうし今回の底力勝負で先行して5着は強い競馬だったように思う。買い条件を絞り込むのはまだ難しいが、牝馬限定戦や準オープンあたりのレースだったらだいたいのレースで上位を狙えそう。

6着 ピアチェヴォーレ
この馬が2着と僅差の競馬をしていることが底力勝負だった証しだと自分の中では消化。

7着 ワディラム(◎)
直線では抜け出すかと思いきやハイペース追走のツケがきたか後ろの馬に飲み込まれた。もう少し楽な競馬、遅い時計だったら違う結果もあったかもしれないが…。やった競馬自体には満足(>って自己満足しても仕方ないが…)。

8着 ソリッドプラチナム
平坦コースをマクリ差すのが好走パターン。全体が速い流れでは脚も溜められずマクリも利かない。


平安Sの回顧

01/21(日)京都11R GⅢ・平安S(ダ1800) 【勝負度C】

1着 メイショウトウコン(△)  1:51.0
2着 サンライズバッカス(--)
3着 シャーベットトーン(☆)

ラップ 12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5

エルコン産駒というのがあってエイシンラージヒルを◎にしたものの、他の予想家さんたちが結構推しておられたのを見て正直困ったなぁと。1番人気の馬じゃあるまいしこういった流れは馬券的によくないでしょ、さすがに。しかも実績云々を考えても6番人気は過剰。もっとフラットな目線、クレバーな視点、クールな精神で予想しなければ!


1着 メイショウトウコン(△)
減っていた馬体を回復させて(+10キロ)の出走。個人的にはもっと前で競馬してくれるものと思っていたが、これまでどおり後方からの競馬。道中はマイペースで通し4角から一気に進出し他馬をバッサリ差し切った。上がり35.1の末脚は見事だった。
人気を落とした一因が調整過程の不安だったので次走の上積みも見込めそうだし、何よりまだ底が割れてないのは怖い。
次走はおそらくフェブラリーSだろうが、底を見せないこの末脚が道中マイルGⅠの流れでも発揮できるかが注目される。チャンピオンクラスがいないダート路線を考えると現状押さえ以上の評価は必要かも。ああ、でも幸四郎か…。

2着 サンライズバッカス(--)
猫系らしく気持ちが大事な馬なので実に買いづらい。能力的にこのくらい走ってなんらおかしくない、というか元々買うつもりでいたが調教での動かなさに騙された。+14キロでの出走で太かったし。
アンカツ曰く「ゲートは悪くなかったんですが、スーッと行って、モタモタしていました。最後はバタバタでした。突き抜けるような感じではあったのに、少し太かったんですね」
やっぱちょい太かった。ひと叩きの効果はありそう。調教でももう少し動いてくるだろうし。フェブラリーSも結局は気持ちだけだろうね。現時点では▲くらいのイメージ。

3着 シャーベットトーン(☆)
自分の競馬はできていたと思う。かなり力を付けてきている印象。経験を積んだらもう少し良くなりそうなので今後が楽しみ。

4着 タイキエニグマ
今回のレースのイレギュラー。3角から福永のペース判断で動いて行った。騎手としては英断だが個人的には迷惑でした(微笑)。直線ではもっと抜けるかと思ったが案外の伸び。鞍上曰く「ハナに立ったら物見してしまいました」とのこと。そうですか。千八くらいの方がじっくり乗れるので合っていそう。

5着 サカラート
外枠の先行馬は基本的に不利なので。よく頑張っている。年のわりにまだ元気。意外に距離短い方がよさそうな感じになっているのでフェブラリーSでも人気薄ならちょっと買ってみたいかも。

6着 フィールドルージュ(▲)
4角の勝負どころで勝ち馬と並んで行きたかったが一瞬遅れてしまい前に馬がいてさらにワンテンポ遅れてしまった。最後は伸びてきているだけにスンナリなら3着以上はあった。力負けとは言えないも勝負どころでの一瞬の遅れがあるかぎり一線級とは呼べない。とりあえず広いコースか距離延長、または相手弱化しかない。
ルメールはダートではからきし信用できない。

7着 エイシンラージヒル(◎)
「2コーナーまではニヤニヤしながら乗っていたんですけどね。3コーナーで、動きたくないのに動かざるを得なくなってしまいました。具合は良かったのに残念です」(秋山真一郎騎手)
ニヤニヤて…。まあ実際2角までは楽に行けたし、3角からタイキエニグマに来られてペースアップとなったのはきつかった。バテないのが強味なので早目に来られる競馬は厳しかった。エニグマに抜け出された後も地味に伸びている。苦しい流れではあったので旬を過ぎるまでは千七以上で買い続けたい。

8着 シルククルセイダー(注)
パドック気配がよかったので買い目に加えたが結果8着。相対的に速い時計になると厳しいように思われる。なんとなくカフェオリンポスくらいのイメージ。


AJCCの回顧

01/21(日)中山11R GⅡ・アメリカジョッキークラブC(芝2200) <勝負度D>

1着 マツリダゴッホ(×)  2:12.8
2着 インテレット(○)
3着 シルクネクサス(△)

ラップ 13-11.3-12.3-11.9-11.7-11.7-11.8-12.1-12-12-13

インティライミが飛ばす形。ラップを見ても中間に11秒台が並んでおり明らかに暴走。そんな中を道中の位置取り、脚の使いどころなど騎手の判断力が明暗を分けた感じ。


1着 マツリダゴッホ(×)
距離がダメかと思ったがハイペースと充実度、そして鞍上の判断が上回ったよう。最後は13.0と止まっているしやはり千八、二千の方がいいとは思う。結果的に5馬身差の圧勝ということで強かったとは思う。中山記念あたりなら買わなきゃいけないだろうなと思った。

2着 インテレット(○)
出遅れたおかげとも言える結果かも。流されずじっくりと乗ったので他馬とは違う脚を使えた感じ。菊花賞でもいい脚使ってたしこんなものだろうという感じで特にインパクトはなかった。

3着 シルクネクサス(△)
ペース判断の上手い松岡らしい騎乗。(と言うと言い過ぎか?)まあ冬の中山はロベルト系って感じか。回避とも言われてての出走だから調子もよかったんだろうし…今回の走りでどうとかはないかな。

4着 インティライミ(◎)
パドックでもちょっと気負い気味に見えた。最近は解消されてきているしこの程度なら、と思ったので気にしなかったが、レースに行ってあの暴走。やはり気持ちが乗りすぎているのか?秋天でも暴走気味に逃げたが、その対策か前走では抑える競馬。そして今回またまた行かせようとすれば気持ちの乗っている馬なら行ってしまわぁな。中途半端な学習は諸刃の剣ってことだろね。
しかし体の方は随分と復調。今回の暴走にしてもあれだけ飛ばしても4着で踏み止まったあたりが復調と能力の証しというものだろう。
哲三への手戻りやなにかしらの調整での対策で次は変わってくるかな?春のGⅠシーズンまでにはなんとか自分を取り戻しておいてほしいと思う。

5着 ジャリスコライト
2~4着とは差のない競馬。正攻法の競馬でだから久々としては悪くない内容だったと思う。重賞勝ちの得意コース、(中距離路線で)強い現4歳世代、ノーザンダンサー系ということから、中山の中距離では今後買いたい馬。

7着 フサイチアウステル(▲)
離れてはいたがあの暴走の2番手から競馬をして、しかも今回が久々のレースでは息が持つわけもなく…。

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。