スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/01(土)の勝負レース

明日はじっくりと競馬の時間がとれそうなので以下のレース以外にもパラパラと遊ぶつもりです。W杯を見て体力が残っていれば久しぶりに競馬ライブをしたいですね。できるかなぁ…。とりあえずこの記事書いたら仮眠しょっと。

--------

京都1R 2歳未勝利(芝1200) 自信度C

◎マルカラボンバ
○キズナ
▲マイネルカーロ
△ビクトリーテツニー

当然といえば当然だが、ほとんどがオースミダイドウの新馬組かトーセンラピュタの新馬組。二つのレースのラップを比較すると
オースミダイドウ組→12.9-11.7-11.8-12-11.6-11.6=1:11.6
トーセンラピュタ組→12.7-11.2-11.9-11.8-11.7-11.6-12.4=1:23.3
といった感じ。オースミ組のラップはまんまオースミダイドウのラップになるが、こちらはテンがそれほど速くなく途中で若干ペースが落ちてそこからなだれ込んだ感じ。一方トーセン組は2ハロン目が速く、さらにその後も11秒台で推移し最後はバテた感じのタイム。どちらが厳しい流れだったかというと、ペースが上がっていき息つく暇もなかった後者の方であろう。
ということで印上位はトーセン組から取りたい。なかでもトーセン組からの最先着馬がマルカラボンバが当然筆頭。前走も厳しい流れから勝ち馬に次ぐ上がりを使っている。
対抗に同じくトーセン組よりキズナ。マルカラボンバには少し離されたがしぶとく5着したことを評価。
▲にマイネルカーロ。前走2着は評価すべき結果。そして、先週のダート千二から意欲の連闘策のビクトリーテツニーが押さえ。前走は最後はいい脚を使ったし、芝がこなせれば。
◎→○▲△の馬単。


京都8R 500万下(ダ1800) 自信度C

◎ニシノロドリゲス
○ウインカーディナル
▲ハスフェル
△ウインザタロー

ナイキアースワークやキーンゲイルと争った競馬を評価してニシノロドリゲスを本命にとる。戦績からは雨が降っての惨敗があるが、母父ヌレイエフなら鬼でもいいはず。むしろ問題は状態と乗り方だろう。状態面は置いておくとして、乗り方については自ら動き出せる競馬がよいので大外というのは合っているかもしれない。しかもスタートのうまい岩田なら好位で流れに乗れるはず。
人気を分け合いそうなウインカーディナルについては降級戦で力は認めるものの追い込み一辺倒では間に合わないと踏んでのもの。これまでの成績からも京都では捕まえきれない競馬ばかりで、さらに雨で前残りの馬場になる可能性も高い。
ハスフェルはアフリート。ウインザタローは距離を伸ばして2戦目の今回は前に行けそうと読んで。

--------

福島5R 2歳新馬(芝1200) 自信度--

ピンクカメオ

POG選びでも普通に気になっていたピンクカメオに注目。兄にブラックホーク。新馬勝ちしたクーヴェルチュールより上との話なのでいきなりから期待できそう。
他はあまり注目の馬は見当たらない感じか。一応ロイヤルセランガーの全弟ロイヤルクリークもここでの走り次第では2歳戦で面白い存在になりうるかもしれないので注目しておきたい。
馬券はオッズとパドック次第で遊ぶかもってくらい。


福島9R 500万下(ダ1150) 自信度B

◎フレッシュバニラ

ダートに戻ればこの馬のスピードが一枚上手。あえて減量騎手を起用しての斤量利も大きい。3倍くらいはついてほしい。


福島11R TUF杯(芝1200) 自信度C

◎ワキノカイザー
○カシマフラワー
▲スピニングノワール
△ツルガオカハヤテ
△ヒューマ

◎ワキノカイザーは決して一介のダート馬ではないはずで、実際芝でも好走経験はある。阪神芝千四で出した1:20.5はメンバーの持ち時計中最速だし、このときは先行しておりスピードは十分通用するレベルにある。血統的にも母系はいかにも平坦小回り向きのタイプで、父トップガンは先週新馬勝ちしたハロースピードの父でもある。大先生-音無ラインは今年注目のラインで信頼は置けるし、ここのレベルなら狙ってみたい1頭。
対抗は近2走で復調気配のカシマフラワー。前走だけ走れば十分勝ち負けだろうし、多少荒れたいまの福島の馬場も合いそう。
▲のスピニングノワールは鋭い末脚とローカル中館で。休み明けの方が走るツルガオカハヤテと実績上位のヒューマが押さえ。


福島12R 500万下(ダ1700) 自信度B

◎ユースフルデイズ
○スギノベラージオ
▲ユメノシルシ
△ジャッキーライオン

2レース続けて大先生に頑張っていただく。降級して(1,2,1,0)と得意の福島なら勝ち負け必至。エルコン産駒だし不動の◎。
対抗に2歳未勝利の勝ち方が鮮やかだった素質馬スギノベラージオ。仕上がり次第。
以下、前走京都戦で惜敗のユメノシルシ、斤量利が大きく末嵌ればの3歳馬ジャッキーライオン。
◎軸の馬連、三連複。

スポンサーサイト

ハーツクライ、凱旋門賞回避

ハーツクライ、凱旋門賞は回避netkeiba.com


世界最高峰のレースである凱旋門賞を舞台に、日本馬(調教・生産とも日本)が一騎打ちをするという場面を夢見ていただけに少々残念なニュース。ただ、馬に合わせるなら妥当なローテーションだと言える。ただでさえ消耗の多いはずの海外遠征で、春にドバイで使ってさらに夏にヨーロッパで走るとなるとさすがに馬への負担も大きいだろう。キングジョージVI&クイーンエリザベスDS一本でしっかり頑張ってほしい。

となるとディープとハーツの対決はJCか有馬記念で再戦となるのかな。有馬なら有馬で昨年の因縁を考えるとそれはそれでワクワクが止まりませんね。ああ、競馬って楽しいなぁ。

POG指名馬3

POG指名馬についての3回目。下位指名馬+α編(7頭分)。+αはPOGの特性に合わせて追加した分の馬たちです。

more...

帝王賞の結果

交流GⅠ・帝王賞(ダート2000)

1着 ◎アジュディミツオー  R2:02.1
2着 ○カネヒキリ
3着  サイレントディール
4着  タイムパラドックス
5着 ▲ボンネビルレコード

アジュディミツオーが好スタートを切って終始先頭。直線迫い詰めるカネヒキリを振り切って見事レコードタイムで勝利を収めた。
だいたい想定通りの結果になったかな、といった感じ。ミツオーはこれで交流GⅠ5勝目。あとは中央のGⅠも奪取してほしいところ。
カネヒキリも海外帰りでもさすがというところは見せてくれた。このままいけばJCダートも連覇の可能性大だろう。
さらに6馬身離されてしまったが3着にサイレントディールが入線。ダートは東京でしか走らない感じだったので、これは意味のある3着といえる。前走に続いての好走だけに復活してきたなら秋は怖い存在かも。
4着タイムパラドックスは意外に頑張ったが衰えは隠せないか…。

帝王賞の予想

明日は交流GⅠ・帝王賞。カネヒキリやアジュディミツオーなど面白いメンバーが揃った注目の一戦。ざっくり予想。

本命はアジュディミツオー。地方の砂とコースなら脚質的に逃げが有利。順調な臨戦もよい。

カネヒキリは海外遠征帰りで状態面が心配。実力は認めるが万全でないなら逃げるミツオーを捕まえきれないと判断。対抗。

他では大井の名手・的場文男騎乗の4歳馬ボンネビルレコードに期待したい。

◎アジュディミツオー
○カネヒキリ
▲ボンネビルレコード

馬券は◎アジュディミツオーの単勝1点。

6/25(日)の結果と回顧

今日は久々のボウズ…。言い訳させてもらうと、今日が試験でいつもよりじっくりと予想ができなかったこと、そして大雨による馬場悪化もあれほどとは想定外だったです。特に夏競馬は馬の気配を重視したいだけに馬を見れないのも痛かったです。来週からは時間にも余裕ができそうだし、もっと精度を上げて予想していきたいですね。あとパドック重視ってことでパドックでの評価もライブで更新できたら、と思ってます。

あと録画したはずの競馬中継が風雨による受信不良でほとんど映ってなかったので回顧は部分的に映ってたレースのみです。

--------

京都6R 500万下(ダ1800) 自信度C →ハズレ (600円→0円)

◎ウイングビート →15着
○シルクエディフィス →11着
▲グッドエモーション →10着
△ダノンシャトル →3着


京都8R 聖護院特別(芝2400) 自信度B →ハズレ (1200円→0円)

◎マイハッピークロス →4着
○ロケットシュート →3着
▲グランロワイヤル →6着

土曜の馬場なら差し切ってたと思うんですが…。スタートしてから後方から途中から少しずつ進出しての競馬でかなり長い脚を使ったし、馬場を考えたらあれだけ伸びるのは力があるってことでしょう。上でも勝ち負けできる力はあると思うのだが…。あとパドックで微妙に馬が硬くなってきている気がしたので休養を挟まないなら次走はパドックに注意が必要かも。
メジロマシューズはディープと併せてたのを見逃してた。今後もディープと併せた馬は注目。


京都11R 宝塚記念(芝2200) →ハズレ(2500円→0円)

◎ディープインパクト →1着
○アイポッパー →13着
▲ハットトリック →7着
△リンカーン →9着

-------

函館5R 2歳新馬(芝1200) 自信度C →ハズレ (600円→0円)

◎ポールシャトル →2着
○スプラッシュアウト →5着
▲エイシンイップー →3着
△アルフェラッツ →12着

-------

福島1R 3歳未勝利(ダ1150) 自信度B →ハズレ (800円→0円)

◎ネイチャーガイド →5着
○レインボーデザイア →1着
▲ヘリテージローズ →7着
△ヤマニンアマランス →3着

勝ったレインボーデザイアはプラス16キロでもここは力が上だったか。まあボチボチですな。
◎はエルコン産駒らしくダッシュが利かない。もう少し距離を伸ばした方がペースが合うと思う。
▲は今回はさすがに過剰人気だったが馬はなかなかなので先々は走ってきそう。


福島11R 福島テレビOP(芝1800) 自信度D →ハズレ (300円→0円)

◎キーボランチ →8着

レース見れず。
ロードフラッグが同レース3年連続3着の偉業を達成。デインヒルは福島千八では異様に強い。というかデインヒルを含むダンチヒ系が強い。来週から狙ってみます。

--------

本日の収支:6000円→0円(6戦0勝)

2006年総合収支:223700円→265560円(回収率 119%↓ / 360戦119勝)

6/25(日)の勝負レース

京都6R 500万下(ダ1800) 自信度C

◎ウイングビート
○シルクエディフィス
▲グッドエモーション
△ダノンシャトル

◎はエルコンドルで元PO馬のウイングビート。前走は初ダート、休み明け初戦で大幅馬体増のうえ、レースも早めに捲られる展開に飲まれた。ひと叩きされた効果は大きいはずでダートも2戦目で慣れが見込める。脚抜きのいい馬場の方がいいはずなので雨は歓迎。岩田起用もプラスで先行しやすく、それほど速いペースにもならなそうなので。前進を。
○にシルクエディフィス。このクラスは勝ったことがあり力は足りる。あとはテンが速くないのでうまく先行できるかだけ。今回は内の方だし特に速い馬も見当たらないので積極的な競馬をすれば勝負になるはず。
▲グッドエモーションはこれまでの戦績からそれなりの相手に好走しているので能力はそこそこありそう。ひと叩きされて変わり身あれば面白い。
ダノンは1000万下でも3着がある降級馬。ただアテにしづらいタイプなので△。
馬券は馬連ボックス。


京都8R 聖護院特別(芝2400) 自信度B

◎マイハッピークロス
○ロケットシュート
▲グランロワイヤル

ずっと応援しているマイハッピークロスが今回も当然◎。前走でこのクラスは勝っている、というか
前走逃げて上がり最速で完勝した距離もこなせる3歳馬ロケットシュートが対抗。W杯にもあやかって。単穴に復活した素質馬グランロワイヤル。
◎の単複と◎からの馬連、馬単。

-------

函館5R 2歳新馬(芝1200) 自信度C

◎ポールシャトル
○スプラッシュアウト
▲エイシンイップー
△アルフェラッツ

人気や評判がいまいち掴めないので血統を中心に考えた。
まず◎はポールシャトル。父タイキシャトルは洋芝で力を発揮するタイプなので夏の北海道シリーズでは結構活躍する種牡馬。函館千二でもトップクラスの成績を上げている。また母父も好相性のND系。本田からの鞍上変更は少々残念だが、本来の本田-昆のラインは信頼できる。最内に入ったのでスタートで後手を踏まなければ好勝負してくれそう。
対抗には哲三-佐々木晶ラインで函館遠征をしているというのが勝負気配を感じなくもないスプラッシュアウト。父メイショウドトウは血統的にラストタイクーンの系統で、自身の成績のわりに産駒は意外にスピードがあって新馬でもやれる。
あとは新馬で強いボストンハーバーの2騎。上記2頭よりラインが甘い感じなので押さえとした。
馬券はわからないので馬連ボックス。

-------

福島1R 3歳未勝利(ダ1150) 自信度B

◎ネイチャーガイド
○レインボーデザイア
▲ヘリテージローズ
△ヤマニンアマランス

◎○ともに近2走の内容からここは力上位。エルコンドル産駒の分でネイチャーガイドを上に取った。▲はバクシンオー産駒でいきなりでもやれると踏んでチョイス。
◎からの馬連と三連複。


福島11R 福島テレビOP(芝1800) 自信度D

◎キーボランチ

ここのメンバーならキーボランチが一番強いと思うので。単複。

宝塚記念の予想

まず、ディープインパクトには逆らいません。四の五の言わず本命です。

で、問題は2着―3着争い。

前走内容からリンカーンが強いのは認めざるをえないところ。しかしながら、今回は前走に比べてプラス材料が特にないのにこの人気はちょっといただけない。今回は距離が短縮がマイナス。何気にこの馬は2200以下ではすみれS以来連対がない。さらに、この馬は母父トニービンで下手に脚を溜めれないタイプ。一線級で好走したときは自ら仕掛けていったときで、また仕掛けていけるペースのときだけ。雨も特にいいタイプではないので△までとしたい。

対抗はアイポッパーにした。京都は得意コースであり、血統的にも合っている。春天が惜しい4着。前走もタフさを問われる東京二五をトップハンデで惜しい2着と頑張ったように今が充実期。

単穴にハットトリック。京都は絶好のコース。距離も血統的にも脚質的にも問題なし。状態もさらに上昇している様子で一発あっていい。


◎ディープインパクト
○アイポッパー
▲ハットトリック
△リンカーン

馬券は◎→○▲→○▲△の三連単フォーメーション。4点。
あとW杯馬券ということでアイポッパーとハットトリックのW(ワイド)も買ってみます。

6/24(土)の結果と回顧

京都2R 3歳未勝利(ダ1800) 自信度C →見

◎オメガグランプリ →3着

思ったより人気を集めてたし、パドック気配がイマイチだったので見。他馬を引っ張る展開で3着。正攻法の競馬で押し切れるほどの力差はなかった感じか。芝で溜める競馬をしてほしい。


京都5R 2歳新馬(ダ1200) 自信度D →ハズレ(200円→0円)

◎グッドヘラクレス →6着
○エイシンイッテン →1着

勝ったエイシンイッテンはここではスピードが違った。陣営は次は芝を使ってきそうだけど、血統的にダート向きだけにどうか。
2着のインディゴラブは3着を6馬身離してるし次は勝ち負けできそう。3着以下の馬についてはひと叩きされてどれだけ変わり身を見せれるかだが、今回の内容からはイマイチ足りない感じ。


京都6R 未勝利(芝1200) 自信度C →ハズレ(400円→0円)

◎ワンマイドリーム →4着
○タマモハクライ →1着

◎はテンはついていけたが直線で思ったほど伸びず。状態はよく見えたので休み明けだった分かもしれない。よくわからない。
○タマモは完勝。タイムはともかく内容からは次も期待できそう。


京都11R 大阪スポーツ杯(芝1600) 自信度C →単勝的中(700円→1230円)

◎サンバレンティン →1着

馬連の相手を追加予想したものの、パドックを見てスパルタクスのガレ具合とサウスポールの萎み具合から2頭を消して、最終的に相手はロードとシゲルのみとして馬単と三連単を購入。あと単勝。
レースはやはり行く馬が多かった分ペースも多少上がった感じ。ゆえにサンバレンティンも差し切れた。ペースの助けもあったがあの位置から届くのだからやはり能力は高い。ハイペースの京都千八が理想だと思う。
2着に粘ったガブリンは本当に力を付けているのだろう。惜しかった。3着ロードアルティマは展開がきつかったのはあるが、ガブリンが粘ったのを考えると力負けの感あり。スパルタクスはガレた感じに見せて4着。次走でふっくら好仕上がりなら買ってみたい。


京都12R 500万下(ダ1800) 自信度C →複勝的中(500円→1510円)

◎エプソムドン →3着

複勝が意外についてくれて美味しかった。道中は内を先行して脚を溜めて直線抜け出しを図るという理想的な競馬ができた。それゆえに逃げた勝ち馬を捕まえられなかったのは多少不満だが、それは休み明けの分かもしれない。

--------

函館5R 2歳新馬(ダ1000) 自信度B+ →PO馬勝利!単複的中!(1500円→3250円)

◎チアズウイナー →1着(^^)v

マイPO馬、今年の初勝利。よく頑張りました。
スタートはボチボチ。道中は藤田がずっと押し気味に外を回って、直線はじわじわと伸びて半馬身差の勝利。まだ競馬に行って何をすればいいかよくわかってないような感じで、馬体も442キロと小さくて筋肉が付ききっていない。まだまだこれからの馬。これから競馬を覚えて、じっくりと力を付けていってほしいと思う。
とりあえず函館2歳Sには向かわないようなので、次はちょっと間隔をあけて秋のダートで復帰とかかな。頑張れ~。

(参考)同日同場のダ千のタイム
5R 2歳新馬     1:01.6 (チアズウイナー)
1R 3歳未勝利    1:01.2 (ラスカルシチー)
7R 3歳上500万下  59.9 (エスティメーション)


函館11R 大沼S(ダ1700) 自信度→D →ハズレ(200円→0円(三連単のみ購入))

◎タガノゲルニカ →3着
○フィールドルージュ →1着
▲モンテタイウン →6着

土曜唯一のオープンだから買ったものの、少頭数レースに下手に手を出すものじゃないと思った。しかも根拠なしってのがいかんね。反省。
◎タガノは輸送もあったのにプラス16キロはちょっと太すぎ。前を下手に追いかけたしバテて3着は仕方ないかも。
勝ったフィールドルージュは瞬発力があって普通に強かった。順調にいけばJCダートでも面白い存在になれるだけの力を感じた。次走も注目。

--------

福島5R 2歳新馬(ダ1000) 自信度C →ハズレ(400円→0円)

◎マイネルティーダ →5着
○トロピカルライト →1着
▲キングエルドラド →2着

トロピカルライト強し。パドックでは太め残りで脚の出もそれほど良くはなかった。実際、先生いわく「ソエを気にしている」らしかった。それで8馬身差の圧勝なのだから能力は相当だろう。
2着馬は相手が悪かった。次は勝てそう。◎は可もなく不可もなくといった感じ。ちょっとスピードが足りてない感じもした。次走は叩かれての上積みはありそう。

福島11R 安達太良S(ダ1700) 自信度C →ハズレ(1000円→0円)

◎ナムラモンスター →3着
○タイラントシチー →11着
▲ウインジェネシス →競走中止
△オースミへネシー →4着
△ゼンノストライカー →1着

2着馬いらねぇ~。2着馬はパドックでの気合乗りがよかったし、前走で○を打っただけに押さえておくべきだった。悔しいなぁ。
レースは前に行った3頭でレコード決着。福島ダ千七の先行有利を再認識した。能力云々より展開と状態だった感じ。

---------

本日の収支:4900円→5990円(8戦3勝)

2006年総合収支:217700円→265560円(回収率 122% / 354戦119勝)

6/24(土)の勝負レース(追加・改訂)

京都6R 未勝利(芝1200) 自信度C

◎ワンマイドリーム
○タマモハクライ

休み明けでも走れるバクシンオー産駒で、母父リンドシェーバーもいきなりから大丈夫なタイプ。休養前の成績もいい。テンでおかれなければ好勝負。
対抗にタマモ。芝に替わっての成績は安定している。福永-中竹ラインも人気で信頼できる。
馬単裏表。


京都11R 大阪スポーツ杯(芝1600) 自信度C

◎サンバレンティン
△ロードアルティマ
△スパルタクス
△シゲルドントイケ
△サウスポール

◎からの馬連、馬単流しを追加。


福島11R 安達太良S(ダ1700) 自信度C

◎ナムラモンスター
○タイラントシチー
▲ウインジェネシス
△オースミへネシー
△ゼンノストライカー

先行馬は多いが逃げ馬は少ない組み合わせ。短距離でも逃げるナムラが行けばわざわざ競ってくる馬はいないので結構楽に競馬ができる。小回り福島で楽に逃げれれば距離も克服できるはずで、そもそも距離については血統的にも大丈夫だろう。前走は楽勝だったし、距離は違うがこのクラスでも好走経験があり能力は高い。
対抗に安定感のあるタイラント。福島は2戦2連対の好相性コース。ローカル王・中館なら大崩はなさそう。
▲ウインは雨に強いクラフティプロスペクター。ひと叩きされた上積みもある。あとは人気の関西馬2騎オースミ、ゼンノも当然押さえは必要。
三連複ボックス。


6/24(土)の勝負レース

京都2R 3歳未勝利(ダ1800) 自信度C

◎オメガグランプリ

前走は休み明けでプラス14キロで2着。叩かれた今度こそ。単勝。


京都5R 2歳新馬(ダ1200) 自信度D

◎グッドヘラクレス
○エイシンイッテン

新馬向きの種牡馬バクシンオーの仔グッドヘラクレスに期待する。しっかり乗り込まれているし、豊が乗るのも大きい。
エイシンイッテンはゲートが速い。新馬では大きな武器。ブリーズアップセール出身馬で仕上がりも早い。


京都11R 大阪スポーツ杯(芝1600) 自信度C

◎サンバレンティン

能力を信頼。サウスポール他がいるのでペースは上がりそうなのも向きそう。雨が心配だがSW産駒なら雨もそこそここなせるはず。
多少人気が割れることを期待して単勝。


京都12R 500万下(ダ1800) 自信度C

◎エプソムドン

京都ダ千八は内枠・先行有利。雨ならなおさら。血統面では父がヘイルトゥ系、ミスプロ系、ND系は拮抗しているが、母父ではND系が一歩リード。
以上を踏まえて本命はエプソムドン。内枠先行タイプで父バブルで母父ND系とピッタリ。鞍上の小坂がちょっと心配だが、前走でこのクラスは勝っておりここでは力上位。あとは休み明けについて、鉄砲実績はなくもないので走れる状態にあるかどうか。パドック次第で単複。

--------

函館5R 2歳新馬(ダ1000) 自信度B+

◎チアズウイナー

PO馬。山内勢の1頭目がポシャッて、「種牡馬になれる馬だよ」発言も今となっては怪しいが、こちらはイケる(はず)。というかここは勝ってもらわないと困る。


函館11R 大沼S(ダ1700) 自信度B

◎タガノゲルニカ
○フィールドルージュ
▲モンテタイウン

◎の単。◎→○▲→○▲の三連単。

--------

福島5R 2歳新馬(ダ1000) 自信度C

◎マイネルティーダ
○トロピカルライト
▲キングエルドラド

◎Mティーダは2歳戦では意外と期待値の高いスキャン産駒で、福島ダ千も父ミスプロ系が特に強いコース。マイネル-堀井ラインも2歳戦で強い。
相手に新馬の仕上げがうまい二ノ宮厩舎のトロピカルライトとダート向きのマル外キングエルドラド。
◎からの馬連、馬単。

POG指名馬2

POG指名馬のパート2です。中位指名馬編。

more...

POG指名馬1

ドラフトを終えての総評としては競合もあったもののほぼ望み通りの指名が出来て満足であります。ただ牝馬をもう1頭くらい採ってもよかったかなとはちょっと思ってはいるんですが…。

ほとんどが以前に記事を書いた馬ばかりだけど、僕の意図を含めてコメントを適当につけてみました。大したことは書いてないです。

more...

1万Hit!御礼

どうも本日昼頃にカウンターが1万Hit!!を達成したようです。ユニークアクセスじゃないですが、自分の中で一つの区切りというか達成感があって素直にうれしいです。僕のブログをご覧になったみなさま、本当にありがとうございます。

思えばもうかれこれ5ヶ月ブログを続けています。飽きっぽい僕にしては頑張ってるなぁと、ちょっと感慨深いですね。

今後もこれまで以上に予想に磨きをかけ、ちょっとはマシな文章が書けるように文章力も鍛えていきたいと手探り弄り頑張っていこうと思う所存であります。

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

参加するPOG企画

参加・登録が完了したPOG企画。今年はこれらの企画に参加決定ということでメモ。

more...

マーメイドSの回顧

4回京都2日目 GⅢ・マーメイドS(芝2000) 自信度C

1着 --ソリッドプラチナム  2:01.1
2着 --サンレイジャスパー
3着 ◎オリエントチャーム
4着 △マイネサマンサ
5着 --シールビーバック

ラップ 12.6-11.2-12.5-12.4-12.3-12.8-11.8-11.4-11.7-12.4

京都芝は開幕週でもいきなりから外差しが決まる馬場だったというのもなぁ。

1着 --ソリッドプラチナム
大外強襲。レースの上がりが35.5で自身の上がりが34.0だからかなりいい脚を使ったといえる。斤量もよかったのだろう。小柄な馬だしもっと良くなってもいいけど、いまの充実度からすればどうなのかなぁ。ここで重賞勝ってしまうと今後は買い時があんまりないかも。

2着 --サンレイジャスパー
パドックで一番くらいによく見せていた。それでも過剰人気かと思ったけど力付けてるのね。重賞2着で賞金を加算してもまだ準オープン。コジーンの血って息長く活躍して意外なところで激走する気がするので今後もチェックが必要かも。それにしてもミスズシャルダン産駒が重賞で2着、しかも勝ち馬がステイゴールド産駒とは素敵やねぇ。

3着 ◎オリエントチャーム
状態もよさそうだったし、乗り方も文句なしだったかと思うので現状ではこのくらいの力量かなといった感じもする。条件戦でもこんな競馬しそうな気もするので人気して買う馬ではなく、条件戦でも本命は打たない方が懸命かも。

4着 △マイネサマンサ
前走よりはよかったかもしれないが、やはりまだまだ復調途上。もっとふっくらしてほしかった。それでも4着に粘ったあたりさすがといったところ。状態良化なら次も押さえは必要だろう。

7着 ▲トウカイラブ
某氏の本命効果か妙に人気してきて綾がついた感じでイヤだったんだけれど…。前に付けられない脚質になってしまってるので今回は厳しかったかな。

8着 ○ヤマニンシュクル
不安材料ばかり挙げておいて対抗にするっていうのも馬鹿な話だなぁと思った。パドックでも妙にカリカリしてたし、レース中も行きっぷりが悪かった。これまで順調に使われたことがなかったのでここの連戦で気負いすぎたのか。それとも雨か斤量か。まあ買いどころが難しいテイオー産駒。

6/18(日)の結果と回顧

もろ縦目喰ったり、1・3着だったりで久々にチグハグ馬券な1日だった。時期的にちょっとモチベーションが落ちてきてる感じもするので、来週の宝塚でビシッと気合を入れたい。…と思ったけど来週は試験で競馬できるかも微妙だった。う~ん…。

--------

京都5R 2歳新馬(芝1200)

オースミダイドウが見事な圧勝。やや重でのタイムとしては平凡だが、追わずにあれだけの競馬が出来れば上出来だろう。秋まで休養を取って最終的にはクラシックを目指すみたい。現時点での完成度が高いだけに果たしてそれが吉と出るかは微妙そうだけどなぁ…。中尾正厩舎らしくない感じもするし。まあ今後も期待の1頭には違いないです。


京都10R 大山崎特別(ダ1200) 自信度C →ハズレ(1000円→0円)

◎ポライトストーン →4着

芝→ダート替わりの馬を中心に馬連を買ったら見事な縦目。◎4着で相手が1~3着てどないやねん。せめて3着だったら複勝は保証されてたのに…ハナ差4着て…。
勝ったアインカチヌキはスンナリ逃げれたとはいえ3歳馬で立派な勝利。ここでのもう1頭の3歳馬のホシシャトルも5着と好走したし、この時期の3歳馬はやっぱり穴パターンかなぁと思った。(とか思いつつソリッドプラチナムは買えなかったけど)


京都11R GⅢ・マーメイドS(芝2000) 自信度C →ハズレ(1800円→0円)

◎オリエントチャーム →3着
○ヤマニンシュクル →8着
▲トウカイラブ →7着
△プリンセスグレース →11着
△マイネサマンサ →4着

まさかの3歳馬ソリッドプラチナムの豪快な差し切り勝ち。正直びっくり。今年の牝馬路線を考えると面白い馬が出てきたかなと思う。
馬券は11番人気の本命馬が3着に来たので善しとする。外れたけど。
回顧は月曜にでも。

--------

福島5R 2歳新馬(芝1200) 自信度C →馬単的中!(400円→1480円)

◎クーヴェルチュール →1着
○マイネヴェロナ →2着
▲スバルジョウ →11着

現時点の完成度の差が出た感じ。勝ったクーヴェルチュールは評判通りの競馬を見せたが、最後はさほど余裕がなかったしこんなもんかなといった印象。
2着だったマイネヴェロナは追走に手間取ってた感じで最後もじわじわ伸びてた感じだったのでもう少し距離があった方がよさそう。


福島6R 未勝利(芝1800) 自信度C →8着(400円→0円)

◎リワードティアン

スタートはまずまずだったがあっさり控えての競馬。途中から進出するも直線半ばで力尽きた。スンナリ先行できてたら違っていたと思うので枠がよくなかったかなと思う。
残念だったのは、何気に馬連で3点流しも購入したら見事に縦目で1~3着。三連複万馬券て…。

-------

函館2R 3歳未勝利(ダ1000) 自信度C →ハズレ(600円→0円)

◎プルーフオブキング →3着

全然読み違え。惜しくもないです。ここで行けないのはちょっと…。北海道シリーズならタイキシャトルが得意の芝の方を使ってもいいかも。


函館5R 2歳新馬(芝1200)

評判のコンゴウダイオーが伸びを欠いて3着敗退。陣営吹きすぎ。まあ使われての変わり身に期待といったところだろう。
対して勝ったエーシンダームスンは内で我慢して直線追い出してビュッと伸びるという大人なレースっぷり。普通に結構強いかもしんない。注目。

--------

本日の収支:4200円→1480円(5戦1勝)

2006年総合収支:212800円→259570円(回収率 122%↓ / 346戦116勝)

6/18(日)の勝負レース

京都10R 大山崎特別(ダ1200) 自信度C

◎ポライトストーン

南下して攻勢をかけてきたきた吉田豊-大久保洋ライン。中でもここが一番狙い目になりそう。前走は行った行ったの競馬でしかもタイムが速すぎたので度外視。といかむしろそこで7着なら今回の距離短縮を考えればプラスと考えてもよいくらい。また今回は降級戦で力関係も楽だし、京都は3戦2連対の好相性コースで。
単複中心に馬連で手広く。

--------

福島5R 2歳新馬(芝1200) 自信度C

◎クーヴェルチュール
○マイネヴェロナ
▲スバルジョウ

京都、函館の新馬戦はそれぞれ抜けた馬がいるので、馬券的にはこちらしかなさそう。まあこっちも人気は偏りそうだけど。
その中で本命は素直にクーヴェルチュール。2歳馬で坂路50秒台を連発で、昨日の新馬で2着したアラバマを楽に離すほどの動き。現状では逆らえないだろう。
対抗に仕上がり早のマイネル軍団と2歳戦命の堀井厩舎のラインからマイネヴェロナ。調教も十分動いてる。
で人気の一角になりそうなモンテグリーンは上記2頭より一枚劣ると踏んで、あえて別の馬を押さえ。スバルジョウは仕上がり早のヘクター産駒で最内-北村への期待で抜擢。
馬券は◎→○、▲の馬単。


福島6R 未勝利(芝1800) 自信度C

◎リワードティアン

福島千八で意外に頑張ってる血統がラムタラやジェネラスなどのニジンスキー系統でここの出走馬中ではコンコルド産駒のリワードティアンが該当。直線の長い新潟で先行して2着に粘った2走前が好内容だったし、前走も千四をハイペースで先行した速力は評価できる。メンバーを見回しても特に強いメンバーでもないのに意外と人気も落ち着きそうだし、先手も取れそうな組み合わせで楽な競馬ができそう。
相手がわからんので単複で。

-------

函館2R 3歳未勝利(ダ1000) 自信度C

◎プルーフオブキング
○タマモへブン
▲ハローマイラブ
△シャーディーページ

函館ダート千なら1本調子の先行馬プルーフオブキング。タイキシャトルは北海道シリーズでは結構活躍する。芝では洋芝が合ってると考えられるが、単純に季節がいいのかとも思う。◎から馬連、馬単◎頭流し。


マーメイドSの予想

週中にやったマーメイドSの展望も参考に。

実力からすればGⅠ級のヤマニンシュクルで鉄板な気もするが、ここはハンデと大外という問題点がある。
馬格もあるので57キロ自体はさほど気にする必要もないとは思うが、ハンデ差として考えるとちょっと厳しい感じもする。あと前走でちょっと太かった分もあるので馬体重には注意が必要だろう。
大外については差し馬では外をぶん回す四位騎乗だし、力が上なのを考えれば不利のない点でそれほど気にすることでもないのかもしれない。元々エンジンがかけるのに外を回して行くタイプだし。
とは言ったもののやっぱり実力的に考えると、ここでは○以下の印を打つ気になれないんだよねぇ。オッズもそこそこだし対抗で。

それで本命はオリエントチャームとした。
まず、血統。展望の記事に書いたが、父サンデー系×母父ND系は京都二千で強い血統。自身も京都は得意コースだし、さらに渋った馬場で強い母父ヌレイエフの血もプラス材料。
次に、勝負気配。陣営からは2頭出しで、見込みがなければ条件馬である当馬をわざわざ使ってくるようなこともしないはず。また中1週ながら積極的な調教をかけているのも意欲を感じる。
そして、前走については、着順ほどの差はなかったことと6ハロンでペースが上がるなどイレギュラーなレースであったことを考えるとあくまで叩き台として受け取れる。
哲三からの乗り替わりが多少気になるが、元々赤木が乗っていての手戻りとも考えられる。あとは内をロスなく回ればチャンス。

3番手に父サンデー系×母父ND系という血統と長くいい脚が使えるタイプとしてトウカイラブ。
以下、血統については言うことなしで京都二千で勝ち鞍のあるプリンセスグレースと実績や血統などをトータルで見てマイネサマンサが押さえ。


◎オリエントチャーム
○ヤマニンシュクル
▲トウカイラブ
△プリンセスグレース
△マイネサマンサ

馬券は◎○2頭軸マルチの三連単で勝負。自信度はC。

6/17(土)の結果と回顧

今日は馬券よりも新馬を中心に馬を見ることに重点を置いて競馬に興じた。馬券をそこそこで数百円の安い授業料だったと思っておく。

--------

京都5R 2歳新馬(芝1400) 自信度-- →(2000円→1300円)

◎アドマイヤデューク →2着

う~ん、残念。終始外から被されての競馬でちょっと嫌な感じだった。馬体は小柄でまだまだ良化の余地もあるし、いいスピードを見せてので次こそ勝利!
勝ったトーセンラピュタは出走馬中でも特に馬っぷりの良さが目立っていたがもっと筋肉がついてもよさそうな感じも受けた。


京都9R 500万下(芝1600) 自信度B →見

◎スズカフェニックス →1着

勝負レースに挙げた自分が恥ずかしいくらいのオッズとその人気に応えるだけの勝ちっぷり。ここでは役者が違った。


京都11R 安芸S(ダ1200) 自信度D →ハズレ(600円→0円)

ジョイフルハート強し!雨が降って脚抜きがよくなっていたとはいえマイペースで行ってレコードタイを叩き出すとは。スピードが違う。今後として新潟1000あたりを使うらしい。そこでの走りによってはスプリント路線の新星になりうる。

--------

福島5R 2歳新馬(芝1000) →複勝ゲット(300円→930円)

道中2番手追走していたマイネペローラが直線抜け出し、最後は押さえる余裕をもって完勝。1000メートルを57.5秒はなかなかの好タイムだろう。気性が他馬より大人な印象で早熟タイプかと。あっちじゃなくてこちらのアドマイヤコジーン産駒が勝ち上がり。
馬券はパドック気配から遊びでマイネバイレの複勝で的中。


福島6R 未勝利(芝2000) 自信度C →ハズレ(300円→0円)

◎メジロバークマン →11着

ちょっと狙いすぎた感もあったけど、スタートで後手を踏んでの道中追走などを考えると内容は悪くなかったように思う。大柄な馬の休み明けだし、ひと叩きされた次走こそ買って面白いかも。

--------

函館5R 2歳新馬(芝1000) →馬単的中(400円→1160円)

ローレルゲレイロが好スタートから終始先頭でそのまま逃げ切り勝ち。気性面に課題はありそうだが、センスのよさを感じさせる走りだった。

--------

本日の収支:3600円→3390円(5戦3勝)

2006年総合収支:208600円→258090円(回収率 124%-- / 341戦115勝)

6/17(土)の勝負レース

いよいよ2歳戦がスタート。今年は特に気合を入れてPOGに参加しているのでホント楽しみ。しかも早速PO馬も出走するし。競馬って本当に楽しいなぁ^^

また、馬券的には馬の出来・状態を重視したい季節ともいえるしパドックを見て買っていきたい。

-------

京都5R 2歳新馬(芝1400) 自信度--

◎アドマイヤデューク

早速登場のPO馬。ユタカが乗るし調教も動いている。新馬勝ちを期待!
ただ馬券的には人気して旨味も薄そうだし、父グレイソブリン系で新馬での信頼度は低いのでちょっと割引なんだけどね。相手はトーセンラピュタかな。
単勝買って応援しまっす。


京都9R 500万下(芝1600) 自信度B

◎スズカフェニックス

わざわざ勝負するほどの旨味がある馬ではないが、ここは手堅く。前走なんかの内容からこのクラスでは力が一枚上。5Rと同じく武豊-橋田ライン。単勝で2倍つけば。

--------

福島6R 未勝利(芝2000) 自信度C

◎メジロバークマン

ニジンスキーのクロスに注目。福島でこそしぶとさを見せるNDの血。
戦績を見ると近2走はダートで度外視。その他のレースにおいて唯一の好走といえるのが中山での芝マイル戦の4着。小回りを捲り気味にしぶとく伸びるタイプだと思う。
馬券は人気もないだろうから単複中心に馬連をちょろっと。

マーメイドSの展望

ヴィクトリアマイルとの兼ね合いなどもあってか微妙なメンバー。そのメンバーなら実力的にはヤマニンシュクルで仕方なさそう。ただ今年は阪神改修で京都開催。ハンデ戦だし付け入る隙もありそう。

血統的には①京都芝二千では父サンデー系が圧倒的に強い、②母父はND系が強い、というのが挙げられる。母父としてはナスルーラ系もよいのだが重賞くらいになるとND系の方が断然信頼はできる。
ということで血統からはトウカイラブとオリエントチャームがよさそう。それに母父ナスルーラ系でプリンセスグレースもキープ。

次に、展開面。京都の開幕週ということで先行有利だろうと思う。ただ京都二千は内回りコースでスローになりやすい形態のためか、逆に仕掛けが早くなって逃げ馬には辛い展開になりやすい。そのためあくまで狙いは好位追走から長くいい脚が使えるタイプ。

参加予定のPOG企画

今年参加予定のPOG企画をメモ。

登録状況や情報等を後日追加予定です。

more...

CBC賞の回顧

2回中京8日目 11R GⅢ・CBC賞(芝1200)

1着 ◎シーイズトウショウ  1:09.0
2着 ▲ワイルドシャウト
3着 --リミットレスビッド
4着 --カシマフラワー
5着 △シンボリエスケープ

ラップ 11.8-10.5-11.0-11.4-12.0-12.3(33.3-35.7)=1:09.0(稍重)

8Rで掲示板を二桁馬番を占めたくらいだから外枠有利だったのは確かだろう。ただ僕としては内の馬場の悪さを嫌って騎手が意識しすぎたために内を行った馬はスムーズな競馬ができなかったという点で外枠が有利となったと思う。


1着 ◎シーイズトウショウ
好スタートを切ってスムーズな競馬ができた。適性も格もここは一枚上手だったということだろう。ずっと使われてるので状態面の維持がどうかだが、サマースプリントでも期待できるだろう。

2着 ▲ワイルドシャウト
馬場のよくないところを通ってリミットレスビッドに負けなかったあたり着実に力を付けているのが伺える。ただ連勝を重ねてここは相手強化とはいえ2着と負けて、これまでの疲れが溜まっているだろうことを考えると次走休養なしで来た場合はちょっと疑ってかかりたい。

3着 --リミットレスビッド
ユタカがうまく立ち回った。アドマイヤマックスの高松宮を思い出した。

4着 --カシマフラワー
ここが突然の復活に見えたが前走も十分内容のある競馬をしていたし、馬場が渋ったのもこの馬にとってはよかったと言える。たださすがに4着に来るとは思わなんだ。

5着 △シンボリエスケープ
蛯名のSP発動でロスが痛かった。ただ馬もまだ本物ではない気がする。好素材なので秋にはもっと良くなってくることを期待している。

8着 ○アグネスラズベリ
前走と求められる適性が違うことから若干疑ってはいたがあまりに競馬になってなかった。外々を回らされて4角では鞭が入っても反応が悪く直線も全く伸びず。前走GⅠでのぎりぎりの仕上げと激走からか状態面が明らかに下降線だった。秋にまた期待。

エプソムCの回顧

3回東京8日目 11R GⅢ・エプソムC(芝1800)

1着 ◎トップガンジョー  1:49.2
2着 △グラスボンバー
3着 --マチカネキララ
4着 --デアリングハート
5着 --ニシノデュー

ラップ 12.6-11.1-11.4-11.8-12.5-12.7-12.0-11.9-13.2(35.1-59.4-37.1)=1:49:2(重)

予想以上の雨降りでの開催。結果的にマイ馬券としては助けられる形となったわけですが(笑)。
レースは、まずスタートで僕の買った馬6頭のうち半数が立ち遅れるというがっかりな立ち上がり。先手を取ったのはニシノデュー。馬場を考えると前半は結構速いペースで悠々と飛ばしていった。そして、途中でペースを一気に緩めて馬群が詰まる格好に。4角では中団の馬たちも進出をして被された先行馬には厳しい展開。直線を向いて逃げるニシノを進出してきたトップガンジョーらが外からかわしていき、中団にいたマチカネキララや後方のグラスボンバーが外から襲い掛かるも、トップガンジョーがしぶとさをいかんなく発揮して競り勝った。


1着 ◎トップガンジョー
馬場も味方にして踏ん張りきっての初重賞制覇。トップガン産駒はこの馬やプリサイスマシーンなどマイルくらいではどんな条件でもしぶとく頑張ってくれるのがいいよね。後藤もそのしぶとさを十二分に発揮させた好騎乗をしたと思う。今年初重賞制覇ということで、夏競馬を前に上昇気流か。

2着 △グラスボンバー
渋った馬場が功を奏した。しぶとさ爆発。

3着 --マチカネキララ
馬場が悪かった。それでも3着に来たのだから能力的に重賞を勝てる馬だと思う。

4着 --デアリングハート
ようやく状態も上向き加減。サンデーのわりにしぶとさ勝負がいいタイプかな。距離はやはりマイルがベスト。

5着 --ニシノデュー
緩急をつけてのいい騎乗で現状ではこれがベストだったと思う。

11着 ▲クラフトワーク
出遅れなど前半スムーズさを欠いた。

16着 ○ダンスインザモア
あまり見ていなかったが負けすぎ。単純に力が足りないのかも。

6/11(日)の結果と回顧

東京はかなり雨降ったんすね。いま録画見て知った。雨を考慮せずに予想してたけど、普通にエプソムCとか当たってた。予想がよかったというより単純に運が良かった。

-------

東京9R エーデルワイスS(芝1600) 自信度C →抜け…。ハズレ。 (600円→0円)

◎ラッセルバローズ →2着
○マチカネゲンジ →9着
▲ワイキューブ →6着
△エフセイコー →4着

ホウショウルビーはちょっと買えねえなぁ…。重馬場がよかったとしか思えないんだが…。
ラッセルバローズはよくあそこまで伸びてきたもんだと感心した。ペースはこのクラスにあの馬場としてはやや速い感じもしたが、外に出して長くイイ脚を使って2着した内容は能力の高さを感じさせた。能力の高さを買ってたが、ここでの2着で今後旨味が減るのが少々残念。ここは取っておきたかったなぁ。


東京10R 伊勢佐木特別(ダ2100) 自信度C →盲目。ハズレ。 (900円→0円)

◎アルファーワン →10着
○イエス →1着

恋は盲目。エルコン産駒ということで贔屓しすぎたかなぁ。そんなアルファーワンはもっと前で競馬してくれると思ってたのでそこがちょっと残念。馬場が馬場だったし…。
で、勝ったのが対抗イエス。力上位でスンナリ対抗にしたけど3.7倍なら素直に単勝買っとけばよかったかも。
レース内容については特に言うことなし。


東京11R GⅢ・エプソムC(芝1800) 自信度D →馬連的中! (1500円→5690円)

レース回顧は別記事で。

-------

中京6R 3歳500万下(芝1800) 自信度B →単複的中! (500円→1540円)

◎カネトシツヨシオー →1着

大外回して難なく勝利。ここでは力が上だった。ただ難なくと言ってももう少し離してもよかったかなとも思う。昇級してどうのってレベルではないかも。
意外だったのがアンドレルノートル。狙いどおり人気集めて4着止まりだったけど、僕としては未勝利の内容は良かったけど昇級戦ではまだまだ足りないと思ってたので、今回の内容なら意外に早く勝ち上がれるかもしんないなと思った。


中京9R なでしこ賞(ダ1700) 自信度C →大ハズレ (300円→0円)

◎トウカイポリシー →15着

狙いすぎたかな。というか冷静に考えたらあまり勝負できるほど買える馬じゃなかった(笑)


中京11R GⅢ・CBC賞(芝1200) 自信度C →馬連的中! (2000円→4400円)

レース回顧は別記事で。

--------

本日の収支:5800円→11630円(6戦3勝)

2006年総合収支:205000円→254700円(回収率 124%↑ / 336戦112勝)

CBC賞の予想

時間の関係で箇条書き。

・いまの中京芝コースは外差しが決まる馬場。
・ゆえに基本的に外枠有利になりやすい。
・中京千二は血統的にナスルーラ系が強い。
・ヘイロー系、ミスプロ系は軽視。

以上を踏まえて本命はシーイズトウショウとした。自身の中京千二の相性もよく、スプリント実績はここでは一枚上。斤量が心配されるが克服済みの重さで問題ない。鞍上池添は自分から強気に乗るタイプでもないので、先行タイプの本馬でも外枠から自然と差す競馬になると思っているので展開も合うと思う。

◎シーイズトウショウ
○アグネスラズベリ
▲ワイルドシャウト
△シンボリエスケープ
△カネツテンビー
△ブルーフランカー

◎からの馬連と三連複。

エプソムCの予想

時間があまり取れなくなってきたので簡単に。

エプソムCはサンデー系の成績が良くないが、同条件の土曜7Rでもサンデー系は思わしくなかった。同じ東京千八の12Rではサンデー産駒が勝ったが、少頭数の上がり勝負になったのと単純に馬が強かったためということ考えられるので12Rより7Rの結果を重視。
その7Rで上位に来た馬の父は1着トップガン、2着ローレル、3着ペンタイアという結果。
この結果から単純にトップガン産駒のトップガンジョーとペンタイア産駒のクラフトワークを上位に取りたいと思う。

他では週の半ばで展望して決めたダンスインザモアとコンラッドの2頭も候補として採用。

あとは非サンデー系で新潟大賞典で結果を出した2頭も採用してみる。


◎トップガンジョー
○ダンスインザモア
▲クラフトワーク
△コンラッド
△グラスボンバー
△カナハラドラゴン

馬券は印6頭ボックス。

6/11(日)の勝負レース

東京9R エーデルワイスS(芝1600) 自信度C

◎ラッセルバローズ
○マチカネゲンジ
▲ワイキューブ
△エフセイコー

東京千六だとスタミナも問われるので二千くらいでも走れるタイプがいいというのはよく言われること。ここのメンバーで戦績と血統の両面でマイル以上もこなせるのは上の印4頭くらいだと思う。
血統タイプとしては東京マイルGⅠでは苦戦していたサンデーだが、GⅠでなければ良績だし、最近はGⅠでもこなしてきているので父サンデーを上位に。母父はND系が普通にいい。
それで本命にしたのがラッセルバローズ。血統的に1番向いていると思う。関西馬にテン乗り後藤で。
対抗は前走青葉賞5着からここでは力上位のマチカネゲンジ。単穴に父Aタキオンに母父ND系で2走前に千八もこなしたワイキューブ。連穴にサンデー産駒エフセイコー。
買い目はオッズと相談したいとこだが、◎からの馬連、馬単と◎軸の三連複。


東京10R 伊勢佐木特別(ダ2100) 自信度C

◎アルファーワン
○イエス
△オースミダンスイン
△タマモアーチスト
△フミノブルースカイ
△ピオーネ

本命はエルコン産駒アルファーワン。東京ダ2100は得意とするところ。力的にも、下級条件で好走を繰り返してなかなか上がれず、急に本格化して勢い付いてくる馬は昇級してもやれるタイプが多く、昇級戦のここでもヒケはとらないはず。
対抗にここでは力上位のイエスをとって、以下は東京ダート2100ゆえに芝長距離向きの種牡馬を狙って印。
◎からの馬連と◎○2頭軸に△への三連複。

-------

中京6R 3歳500万下(芝1800) 自信度B

◎カネトシツヨシオー

血統構成が父サンデー系×母父ナスルーラ系はここの条件向き。前走でクラスに目処ついているし、中京なら任せて安心秋山くんに乗り替わったのもプラス。
アンドレノートルあたりが人気を持って行ってくれるのを期待して単複。


中京9R なでしこ賞(ダ1700) 自信度C

◎トウカイポリシー

中京ダ千七といったらエルコン。ここには3頭エルコンが出走しているが、ある程度前につけられて未勝利を勝ち上がったばかりでここのクラスでも可能性を残すのがトウカイポリシー。他のメンバーを見てもイマイチ勝ち切れないタイプが多いようなので勝負になるはず。単複。

6/10(土)の結果と回顧


東京1R 未勝利(ダ2100) 自信度C →馬連・馬単的中! (600円→2890円)

◎アロンダイト →1着
○ハイエンドクォーツ →2着
▲オリオンザピラティス →7着

アロンダイト圧勝。ここでは(贔屓目に見て)力が一枚上だった感じ。エルコン産駒期待の1頭。
ハイエンドクォーツも内を突いて伸びて2着。ダート2100で遅いペースであれだけの脚を使って3着に2馬身つけているし、末脚活かせる条件なら次こそだろう。


東京7R 4歳上500万下(芝1800) →ハズレ (600円→0円)

エプソムCの下見で馬券購入。パドック気配と戦績からトラッド、フサイチ、マチカネ、ニシノの馬連ボックスを購入してハズレ。


東京10R 湘南S(芝1600) 自信度C →複勝のみ一応的中 (800円→540円)

◎マヤノグレイシー →3着
△ホッコーソレソレー →5着
☆サクセスドマーニ →15着

ミスプロ系注意ということでガブリンも引っ張ったのに適性合わないとか言って切ったのが裏目。パドックでもよく見せてたし、コチラは買えた馬だった。レースとしてはボスが(珍しく)うまく乗ったのが勝因。
2着ニホンピロキースは関西馬テン乗りの後藤だったというので押さえれなくもなかったくらいか。う~ん、まあハズレはハズレかな。
押さえたといえば、ウインディグニティがかなり良く見えたので押さえたのに直線全く伸びなかった。なぜかわからんが、まだまだ見る目がないってことか。
◎マヤノは前が残った流れのわりにはよく詰めてきたと思う。次でもって感じはしなかったけど。


東京11R ブリリアントS(ダ2100) 自信度C →単複・馬連ドンピシャ的中! (1000円→3770円)

◎サイレントディール →1着
○アルファフォーレス →2着
▲スズジャパン →4着
△ハードクリスタル →3着

サイレントディールがおよそ1年ぶりの勝利。復活というには地味だったがしぶとく伸びた内容はなかなか好内容だったと思う。

-------

中京7R 3歳500万下(芝1200) →馬連的中 (500円→4520円)

CBC賞のために同条件のレースを購入。中京芝千二で圧倒的に強いバクシンオー産駒でNDクロスを持つマヤノガニーシュを軸に5点に、相手に中京千二の持ち時計の速いボストンクーラーとアナナス、それにバクシンオー産駒のナムラカブラヤにパドックからマルノサプライズとタイセイガイアの5頭。特に逃げたらうまい岩田のアナナスには期待していたがうまいこと2着に粘ってくれた。リンドシェーバー産駒は鉄砲が利くってのもあったなぁ。


中京10R 知多特別(芝1200) →ハズレ(500円→0円)

芝千二でもこちらはハズレ。結果としてはバクシンオーでワンツーだったので血統的には取れてもよかったが、中京の芝は外差しが決まる馬場だったのでムーンライトソナタを本命にして流してしまった。
それでも今日のレースを見る限り、CBC賞の方針としてはナスルーラ系と外差しを予想の中心としたい。


中京9R ぶっぽうそう特別(芝2000) 自信度B →ハズレ…(700円→0円)

◎マクシマール →10着

勝負所で入りたいところに先にアグネスツイスターに入られてしまったのが痛かった。
中京芝千八以上ではステイゴールドを押さえといた方がいいかも。データは出してないけど。

--------

本日の収支:4700円→11720円(7戦4勝)

2006年総合収支:199200円→243070円(回収率 122%↑ / 330戦109勝)
05 | 2006/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。