スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Sunday Fusaichi

セレクトセールで当時の最高額の4億9千万円で取引されたエアグルーヴの04(父ダンスインザダーク)の馬名がついに決定。フサイチタツノリになるだとか紆余曲折あっての決定で、「うわぁ~っ」と思ったので…。

で、その名前がザサンデーフサイチ

…微妙。まあ走ってくれば慣れてくるんだろうけど…。フサイチザサンデーの方がまだカッコよくないか?細かな由来とかは知らないけど。そういや一時期サンデー産駒でサンデー○○よりも○○サンデーの方が走るとかなんとか微妙なジンクスがあったような…(サンデーブランチとか走ったけど)。まあダンス産駒だし全く関係ないですが。

ただ写真を見る限り馬はイイと思います。サラブレッドは走ってなんぼですので期待してデビューを待ちましょう。
スポンサーサイト

新潟記念の回顧

新潟11R GⅢ・新潟記念(芝2000) 馬連◎-○本線的中!

1着 トップガンジョー(◎+P▲)  1:57.2
2着 サンレイジャスパー(○+P△)
3着 ヴィータローザ(--)

ラップ 12.6-10.9-11.5-11.5-11.8-12.3-11.9-11.7-10.6-12.4(35.0-34.7)=1:57.2

逃げ馬不在なのに淡々と刻まれるハイラップ。何気に想定内だったのだが、逃げ馬不在時には得てしてこういった現象が起こるものである。
そして、今年もグレイソブリン系が大活躍。4頭出走でワンツー。来年も忘れずに買おう。

1着 トップガンジョー(◎+P▲)
4角でカメラアングル切替時に外を捲ったときに連確保は確信できたほど力強い伸びを見せた。鞍上も自信溢れる騎乗を見せた。左回り、コーナーでスピードが死なない中距離レースでは好相性。毎日王冠、天皇賞・秋でも要警戒。まあGⅠとなると足りない感は否めないが…。

2着 サンレイジャスパー(○+P△)
どんなペースでも先行していい脚を使える。どうも早めに抜け出すとソラを使うようなので今回のような競馬が何気に理想だったようだ。今後もこのレベルのメンバーで仕掛けのうまい騎手が乗る限り押さえる必要はありそう。逆にさらに上のレベルとなると一枚足りない印象。

3着 ヴィータローザ(--)
やはり難しい馬。だが、今回はうまく走ったと思う。

4着 スウィフトカレント(P○)
サマー2000の初代チャンピオンということで、何と言うかまあおめでとう。
レースでは後方待機から直線追いかけて届かずの4着とまさに予想通り(直線で内を潜行してくるとは思わなかったけど)。以前は乗り難しいタイプの馬だと思っていたが、近走を見ていると気性面で一皮向けたのか、馬に安定感というか力強さが感じられるようになった。末脚はいいものを持っているし秋のGⅠでも結構やれそうな予感。

5着 ヤマニンアラバスタ(注)
パドックで見た感じでは前走以上ではあったものの買いたいと思わせるほどではなかった感じだった。

6着 オースミグラスワン
ここでは上位の実力に休み明けのロベルト系+四位のコンボを考え合わせるとちょうどこの着順くらいがいい塩梅か。ただバランスを崩す場面もあったし、よく伸びていると思う。

13着 アサクサキニナル(▲)
気にしない、気にしない。一休み、一休み。

キーンランドCの回顧

札幌9R キーンランドC(芝1200) →ハズレ

1着 チアフルスマイル(P△)   1:08.4
2着 シーイズトウショウ(○+P△)
3着 ビーナスライン(--)

ラップ 12.1-10.4-11-11.5-11.6-11.8(33.5-34.9)=1:08.4

1着 チアフルスマイル(P△)
混迷する短距離路線を断つことができたのはやはり別路線組だった。距離短縮+ハイペースでもうまく流れに乗れた。4角進出から力強い伸びで初重賞制覇。ただペースの恩恵もあるし短距離馬としての評価は微妙。
個人的には先週に続いてパドックで良く見えたキニナル馬を切ってしまい撃沈したことを省みたい。

2着 シーイズトウショウ(○+P△)
ハイペースを3番手追走でも4角ではいい手応え。直線もしっかり伸びて2着堅守。それでも直線での伸びに往年の強さが感じられない気もする。負けて強しと見るか、勝ち切れない=限界と見るか。個人的には後者寄りのスタンスだが…。

3着 ビーナスライン(--)
札幌では内枠有利とはいえ追い込み馬にはきつい枠。外枠の方がいい。ペースの恩恵を受け、さらに内も案外と楽に捌けたのでうまい具合に3着浮上。いい脚を使ったが、北海道開催が終わると好走条件がかなり絞られそう。

4着 ブルーショットガン
北海道は水が合うのか?よく走る。

5着 ツルガオカハヤテ(▲+P▲)
直線を向いたときはこの馬とトウショウで決まると思ったが…。状態もいい意味で平行線をキープ出来ていたが、新鮮な時の方が走るタイプかもしれない。あと夏。来年も現状維持なら買いたいが、今年がいかにもピークだったので買い時はここまでかなぁ。

9着 ダイワメンフィス(P○)
前走で打ち止めな感じがしていたのにかなり調子が良さそうだったので買ってみたが力負けした。

10着 モアザンベスト(◎)
ギャラントアローが思ったより楽させてくれなかった。結果的に惨敗したが、きっちり逃げて力は出し切った感じなのでハズレてもまあ満足できた。オープン特別くらいなら展開一つで逃げ切れるという力はあるという目処は立った。

先週の回顧

どうもここ数週間は減少したPATの残金と実生活での焦りが馬券に表れている模様…。ギャンブル精神論についても考えていかなきゃなと思う今日この頃。

--------

8/26(土)

家をリフォーム中という都合でいまだに土曜の映像見てません。それでも一応まとめ。映像見てからまた追記するかも。

札幌9R 大雪ハンデ(ダ1700) 自信度D・勝負度D →予想ではハズレだけど何気に馬連が当たってたり…

☆ミッドナイトトーク →シンガリ…

仕方なし。でも馬券では何気に押さえで馬連を取っているというマジック。


札幌10R クローバー賞(芝1500) 自信度C・勝負度C →ハズレ

◎イクスキューズ →1着
○フリーダムエアー →6着
▲ビービーガルダン →2着
△マイニングゴールド →4着

見てないので勘で書くが、とりあえずクローバー賞は例年距離短縮路線の馬が活躍することを再確認。フリーダムエアーはバクシンオーで短距離馬だよなそりゃっていう結果論。マイニングゴールドは多分外枠の不利の分だろう。ビービーガルダンは距離伸びてこそのチーフベアなのと叩いて良化したんだと思う。レコード決着だったようなので案外ここはハイレベルなのかもとまで見てもないのに言ってみる。


札幌11R 阿寒湖特別(芝2600) 自信度C・勝負度C

◎マイハッピークロス →7着
☆ユースフルデイズ →6着

映像を見てないので何とも言い難いが、アップした2頭以外の相手で3着まで独占しているという事実は自分としては見逃せない。


新潟10R 佐渡金銀山特別(ダ1200) 自信度C・勝負度C →縦目…ハズレ

◎エイワナギ →10着
○スマートエッジ →2着
▲エイシンアスワン →1着
△アルバレスト →6着

縦目を喰った。何気に馬連が結構ついているのがショック。最近の不調を感じる結果。

--------

8/27(日)

札幌4R 2歳新馬(芝1500) 期待度A

◎グレインアート →は、8着…

まさか…やってしまったのか…。
スタートはよかった。ただそれから藤田が押し気味でいっても反応がイマイチでレースに全く集中していなかった。4角からは押しても押しても反応しない。単純に能力が足りないとも考えられるが、ただただ気性に敗因を求めたい。兄ファイングレインも気性がたたって着順を落としていた時期があったし、そういう血統なんだろう。とりあえず美浦で立て直すようなので調教効果とレース慣れ、それにブリンカーを着用で一変するはず。まだ1戦目。これからいかようにも変わりようはある。頑張れ!


コロガシ

新潟8R グランオマージュ →2着。成功(1.3倍)
新潟9R ナイトランブラー →2着。成功(1.4倍)
札幌8R ホーマンブラヴォー →1着。成功(1.4倍)
小倉10R エドモンダンテス →撃沈...
以下、買わずの予備
札幌10R カタナ(単勝) →2着(ハズレ)
札幌11R フレッシュバニラ →ハズレ
札幌12R マナーハウス →ハズレ

新潟8レースのグランオマージュはまた惜しい2着。一時的に追いかける価値のある末脚を持っている。ただイメージはグレイシアブルー。
小倉10レース・阿蘇Sはダート千七はサンデーが走るというデータを活用しようと思っていたのに、あまりの小倉実績の良さにエドモンダンテスへ傾いてしまった。あとパドックが見れなかったのと想定外の大雨にやられた。それにしてもエドモンダンテスの勝負どころでの前の開かなさにはムカついてしまった。ブー。

結局1000円から始めて2400円までコロガったもののあえなく撃沈。けつの穴の小さい自分としては1点2400円の時点でかなり心臓バクバクだった。コロガシは一日4,5レースが適量かも。

--------

本日の収支:6000円→4580円(7戦2勝) (コロガシは計上せず)

2006年総合収支:329900円→391750円(回収率 119%↓ / 517戦157勝)

新潟記念 パドック+最終予想

パドックでは光の加減かあまりいい馬がいなかった。そんな中での評価。スウィフトカレントとトップガンジョーがまあまあ良かった気がする。他はどれも一長一短というか可もなく不可もなくというのが7,8頭くらいいる感じ。

最終的な印。

◎トップガンジョー
○サンレイジャスパー
▲アサクサキニナル
△スウィフトカレント

難しいので4頭ボックスで。

キーンランドC パドック+最終予想

パドックでの印。モアザンベストとビーナスラインは痛恨の見逃し><;

○ダイワメンフィス
▲ツルガオカハヤテ
△チアフルスマイル
△シーイズトウショウ


パドックを加味した最終予想。

◎モアザンベスト
○シーイズトウショウ
▲ツルガオカハヤテ
△ダイワメンフィス

◎の単複、◎からの馬連流しにボックスが押さえ。

--------

直下の記事の複コロが地味に続いています。

8/27(日)の予想

札幌4R 2歳新馬(芝1500) 期待度A

◎グレインアート

ついに登場!今年のPOG1位指名馬・グレインアート。
牧場にいるときからとにかく前評判は高く、GⅠ級の期待をよせている。
除外などの影響で出走がここまで伸びてしまったが、その分しっかり調整できたはず。距離もマイルで本領を発揮した兄(ファイングレイン)、コロンとした馬体を考えると悪くないだろう。
藤澤厩舎の期待馬などぼちぼち評判な馬が揃ったが、新馬ぐらいでは躓けない逸材。無事、無難に先頭で回ってきてほしい。

---------

折角なので(なにが折角かはわからないが…)コロガシでもしようかと思います。

新潟8R グランオマージュ →成功(1.3倍)
新潟9R ナイトランブラー →成功(1.4倍)
札幌8R ホーマンブラヴォー →成功(1.4倍)
小倉10R エドモンダンテス →撃沈...つーか3~4角で前が詰まったのが痛すぎる。ふざけんな!

↓ 今日はおしまい。下はおまけ。

札幌10R カタナ(単かな)
札幌11R フレッシュバニラ
札幌12R マナーハウス


(追記)新潟1R買えなかった。新潟8Rまでに一つ当ててそこからスタートということで。

キーンランドCの予想

停滞する古馬短距離路線。函館SSも新勢力ともいえるビーナスラインが差し切った。ならばここも新勢力となる馬を先物買いして結構ではないか。

ということで◎は昇級・格上挑戦のモアザンベスト。前走1000万下を快勝。その前走が1:08.7となかなかの好時計。そこから意欲の連闘。
元々昨年の夏に3連勝した素質馬。そのときから2度の休養を挟んでの前走の勝利。しかも現在の馬体重は昨夏より20キロは増えておりパワーアップも窺える。

また、前述で引き合いに出したビーナスラインは函館巧者という強味も持っていたが、モアザンベストも札幌では2戦2勝の札幌巧者。さらにサマースプリントではビーナスライン、サチノスイーティーと格下・恵量・牝馬がキーワードとなっており、それと見事に合致。

展開についてはできれば逃げたい本馬だが、ここは芝短距離戦にしては意外なほど行きたい馬が少ない。行きたい馬としては同枠のギャラントアローだが押して押して行くタイプなので、テンのダッシュ力ではモアザンの方が速い。また同枠といってもモアザンの方が内なのも位置取り上有利。あとは騎手の腕だろうか。

その鞍上も一流とは言えないまでも今年の北海道シリーズではそれなりに頑張っている菊沢。二ノ宮ラインはよく乗っている堅いラインで懸念材料とはならない。
また、その二ノ宮厩舎からは当レースに3頭出ししている。僕の経験則上、3頭出しの場合はどれかは駆けて来るケースが多い気がする。根拠はない。が、単純に16頭中3頭を占めるわけだから1頭くらい走ってもおかしくないだろう。


◎モアザンベスト
○シーイズトウショウ
▲ツルガオカハヤテ
△ブルーショットガン
△トールハンマー
×数頭

本命が人気薄なので相手は手広く。

新潟記念の予想

新潟記念の勝手にチェックポイント

■超高速馬場による上がり重視のレース。今年は典型的な逃げ馬不在で例年以上に上がり勝負くさい。つーか、スローっぽいので先行して切れる馬が基本的な狙い目。ただ、そこで騎手心理が多少働いて動き出しがちょいと速くなったりしないかな…とか思ってます。

■グレイソブリン系(要はトニービン)の入った馬の活躍が目立つ。今年の該当馬はサイドワインダー、トップガンジョー、ヤマニンアラバスタ、サンレイジャスパーの4頭。

■内枠>外枠の図式はある程度あるっぽい。しかも今年は初のフルゲート。外枠は減点したい。

-----

チェックポイントを踏まえての各馬短評

ソーユアフロスト・・・前につければ脚がもたなそうだし、後方追走の上がり勝負では他馬と比較して分が悪い。その辺の難しさがコマンダー。鞍上も微妙。

サイドワインダー・・・能力と末脚は認めるところだが、鞍上弱化に距離延長でパフォーマンスが上がる気もしない。けどあまりに人気なさすぎじゃ…

ニシノナースコール・・・過去の新潟記念のトーワトレジャー、ヤマニンアラバスタなどを見るに、いかにもなキャラクターではある。新潟外回り向きなのも認める。が、昨年のアラバスタほどの強さは感じないし、穴人気するようなら嫌いたい。

トップガンジョー・・・これまで二千以上では好走がなく、今回の距離延長は気掛かりな点ではある。しかし、新潟記念は上がり勝負になりやすく、そうなれば多少の距離は誤魔化しが利く、というか実質マイルの競馬になるので、むしろ適性からすれば本馬向きとさえ言えるかも。新潟は過去に上がり33.5を使って圧勝した舞台でもあり得意コース。エプソムCがそうだったように基本的にコーナー2回でスピードを活かせる形態に左回りは相性がいい。鞍上も行かせて活かすタイプで。

サンレイジャスパー・・・前走はハイペースを前で追走した分もあっての4着。先行して切れる脚が使える馬でイメージは合致する。相変わらずの恵ハンデで。

エイシンニーザン・・・先行してなだれ込む的な流れで好走するタイプ。先行してそこそこの脚が使えるのは適性ありと見たい。が、上がり勝負の重賞となると少し分が悪いと思う。それにしても人気しすぎ…。

ヤマニンアラバスタ・・・昨年の勝ち馬。前走があまりに酷い仕上がり具合だったので、3週間でどれだけ馬が良化しているか次第だろう。その前走では惨敗も、出遅れに距離不足とレースにならなかった。ダメージが少なく済んだのはプラスで、一応のひと叩きということで馬が変わっていれば怖い存在。

アサクサキニナル・・・先行して粘り込む競馬をすれば意外に面白いのではないかと思っている。その点、新潟でのカツハルは打って付けの配役だろう。ハンデも恵まれた。キニナル存在。

オースミグラスワン・・・これまでも期待を寄せてきた馬ではあるが、休み明けのロベルト系で、そのうえ四位というのが微妙。

ヤマニンメルベイユ・・・勢いあり。母系にも底力がある。同じ新潟二千の天の川Sを勝ってここへ来たが、その前走は道中緩んだ分、馬場が悪かった分を考慮すると前有利の競馬だった。ゆえに相手強化で流れも多少変わるココはちょっときついか。

ヴィータローザ・・・前走激走。昨年3着馬。末脚はいいのだが、スローの上がり勝負となるとちょっとイメージがズレる気も…。買うタイミングが難しい馬で前走も結局消したので今回も見送りの方向で。

スウィフトカレント・・・レースでは常に速い上がりで安定しており上がり勝負では侮れない。ただし、前走では前総崩れと最内ぶっこみの恩恵を受けた感は否めない。また、イメージとしてはユーイチが馬の力を信じた騎乗で後方待機から直線ガチンコ勝負を挑むも届かず掲示板まで、といった感じ。


◎トップガンジョー
○サンレイジャスパー
▲アサクサキニナル
△エイシンニーザン
注ヤマニンアラバスタ

夏は状態重視なのでパドックを見て最終決定としたが、一応上記印馬の馬連ボックス。

8/26(土)の予想

家をリフォーム中で競馬も見れない。けど先週が先週だっただけにちょうど反省期間というか気持ちを切り替えるのにいいか。

今週から勝負は1鞍にしようかと思っていたもののちょっと絞りきれないので一日3,4レースに決め打ちして衝動買いしないというところで。

---------

札幌9R 大雪ハンデ(ダ1700) 自信度D・勝負度D

☆ミッドナイトトーク

楽しめそうな面子となったが、過去の傾向から見るに大雪ハンデは結構荒れるレース。その波乱の立役者となっているのが牝馬の激走。今年は2頭が出走しているが、そのうちで狙いはミッドナイトトーク。千七は元々走っていた距離で前走を使われて慣れも見込める。むしろ1000万下では追走しやすい分千七の方がプラス。内めの枠を引けたし恵量を活かして粘り込み期待。
相手としてはメイショウ、ケイエス、ジョウテン、マンオブ、アポロの5頭。☆の単複と馬連。


札幌10R クローバー賞(芝1500) 自信度C・勝負度C

◎イクスキューズ
○フリーダムエアー
▲ビービーガルダン
△マイニングゴールド


札幌11R 阿寒湖特別(芝2600) 自信度C・勝負度C

◎マイハッピークロス
☆ユースフルデイズ

前走は骨っぽいとこが相手に最後方からの競馬でわずかの差。そこからの連闘で勝負気配。距離延長と外めの枠から捲り勝ち。
相手は芝も走れるエルコン産駒ユースフルデイズほか。


新潟10R 佐渡金銀山特別(ダ1200) 自信度C・勝負度C

◎エイワナギ
○スマートエッジ
▲エイシンアスワン
△アルバレスト

エイワナギは前走スタート直後に不利。相手が強いところだったので5着まで詰めたのは地力の高さ。今回こそ決める。
◎から馬連、馬単流し。オッズを考慮して馬連じゃなく三連複に変更。

札幌記念の回顧

8/20(日)札幌9R GⅡ・札幌記念(芝2000)

1着 アドマイヤムーン(▲)
2着 レクレドール(P×)
3着 マチカネキララ(◎)

ラップ 12.7-11.2-12.1-12.6-12.6-12.6-12.2-11.6-11.4-11.3 (36.0-34.3)=2:00.3

強力な先行馬不在によるスローペースの瞬発力勝負。結果からは状態、馬場適性、展開の3点に集約されたレースと言えそう。

1着 アドマイヤムーン(▲)
瞬発力勝負なら強いのは周知の事実。それを再確認しただけとなったレース。あとは的確なペース判断と仕掛けのタイミングなど馬を100%活かした騎乗をしてさすが天才と思わせたユタカの騎乗も褒めておきたい。今後は神戸新聞杯→天皇賞・秋というローテらしい。とにかく瞬発力勝負になりそうならどちらも買いということで。

2着 レクレドール(P×)
とにかく札幌では押さえろと。そういうものなんだと思った。逆に言うと他ではもう買わないってこと。
というかそんなことよりもパドックでも5番手評価しておきながら全く買わずにぶった切ったとは何事かと。馬券買う直前の自分を説得しに行きたい。

3着 マチカネキララ(◎)
スタートしてからちょっとうまく競馬をしすぎたかなって気もする。左回りの中距離重賞ならあっさり勝てる力はある。

4着 マヤノライジン
四位が乗ってることから想定内の正攻法の競馬。瞬発力勝負向きでも先行しての競馬で4着は頑張っていると思う。前走も感じたが思っている以上に強い馬。

5着 エリモハリアー
瞬発力勝負自体は向くが、そちら側では上の着順の馬たちには明らかに決め手で劣るということだろう。

6着 ファストタテヤマ
瞬発力勝負では分が悪かった。それがすべてだろう。むしろそれで6着まで伸びてきたあたりにこの馬の実力と充実さが見えた。




先週の回顧

今年最大の負け戦となった2日間…。正直かなり凹んだ…。久々に競馬やめようと本気で考えた…。と言ってもやめられるわけもなく…。

ということで今週からはいい加減ダラダラと買い続けるのはやめようと決意。重賞もしくはメインレースの予想と勝負レースとなる1鞍の予想でいきたいと思う。んで、もっと金至上主義というかギャンブルとしての競馬を追究していこうと思う次第。
あとは一応、お金を入れずにパドック予想だけは続けたいとは思っているが…。

------------

8/19(土)

札幌9R しらかばS(ダ1700) 自信度C・勝負度D →ハズレ

◎オーガストバイオ →6着
○スーパーチャンス →8着
▲ダンスウィザード →11着

“湿ったダートのアフリート”の典型。能力もまだ底も見せていなかったし休み明けとはいえ買える馬だった。
2着ハギノも湿った馬場での先行勝ちがあった。実際にはなかなか手が回らないところだが買えなくもなかった。
1番頑張ったのが3着の格下ナリタプレリュード。ここでの走りが評価されて今後人気しそうだが、実力はあっても甘い馬なので馬券では上手い具合に付き合っていきたい。
オーガストバイオはいまいち流れに乗れなかった。流れ一つの馬で難しいタイプ。今後は出走すれば常に△くらいの姿勢で。
カイトヒルウインドは今回は結構前で競馬してくれたが、勝負どころでの決め脚がない分で負けてしまった。東京や新潟でのなだれ込みの競馬向き。


札幌11R 日高特別(芝2000) 自信度C・注目度B →ハズレ

◎マイハッピークロス →8着
○マツリダゴッホ →1着
▲エレアシチー →2着
△タガノボーディング →5着

三連複ボックスでいってしまい馬券はハズレ。
勝ったのがマツリダゴッホ。鞍上のうまさもあるが気性的に行きたがるところがあるのが功を奏した。距離は千八、二千くらいがベストだろう。気性面で成長すれば重賞でも面白い。
マイハッピークロスは札幌であんな悠長な競馬をしていて届くはずもなくある意味予想通りの敗戦。評価を落とすものではなく次走に期待。
ここはかなり骨っぽいメンバーだったと思うのでどの出走馬も今後要注意。


小倉2R 2歳未勝利(芝1800) POG指名馬

ツルマルアイ →4着

大外枠もスタート後にうまく好位に取り付いた。が、それでも他馬よりは余計に脚を使ってしまっていた分、直線は伸びなかった。重の2歳戦にしては普通にタイムが出てるし下手に前に行かなかった方が結果論からいえばよかったのかも。4角での和田の追いっぷりといい微妙に反応が鈍いタイプなのかというのも気になる。
あと馬券的に3着は確保してほしかったのが本音。


小倉10R 西部スポニチ賞(芝2000) 自信度C・勝負度C+ →◎伸びず…ハズレ

◎アグネスツイスター →8着
○キングオブウイナー →2着
▲テンシノゴールド →3着

◎だけ来ずに縦目での決着。
アグネスツイスターはスローを後方からの競馬で、ロスを減らそうと早めに動いたものの結局はかなり外を回ってしまい大きなロス。というか入線後に下馬したらしいので脚を痛めたのかも。この1戦だけでは評価は下げないも期待ほどではない予感。

------------

8/20(日)

札幌8R 3歳上500万下(ダ1700) →

◎アサクササンジャ →6着
○サンデーコバン →3着
▲ナナヨーヒマワリ →1着
△デジデーリオ →5着

エルコン好きなのにエルコン産駒に馬券でやられることが多い気がする今日この頃…。
2着アグネスハッピーと6着アサクササンジャの二者択一を間違った。二者択一なら人気薄を狙うのが定石だしなぁ。まあパドック気配とヤネの差で決めたんだけれども…。ただ、そもそもこの二者を1頭にする必要もなかったように思う。その辺が屁たれ。
アサクササンジャは良く見せており、積極的な競馬だったが6着どまり。展開上微妙にきつい位置だったし2ヶ月ぶりでちょいと息が続かなかったかも。ひと叩きされてのさらなる良化に期待。
あとナナヨーヒマワリが人気なさすぎなのに驚いた。ここでは普通に格上なのに…。こういうのの単勝は取っておきたい!と思った。
インスパイアリングはパドックではあまり良く見せない(悪くもない)がそれでも堅実に走るので注意。


新潟8R 3歳上500万下(ダ1800)

◎タマモコンチェルト
○ピースデザイン
▲ジェネスタキオン
△オースミダイケン
×トップガンマン、ダンサーズナカヤマ

完全に裏をかかれた。
タマモコンチェルトはスタート後手でスローペースと馬群に飲まれ今回は度外視。
ピースデザインはこれまで3戦2勝3着1回と底知らず。馬格もあって今後も人気になると思われるが、エリシオだしどうも当てにしづらい気がするので今後はこの馬が出るレースは基本的に見に回りたいと思う。

--------

本日の収支:17800円→2380円(20戦1勝)

2006年総合収支:323900円→387170円(回収率 120%↓ / 510戦155勝)

新潟11R NSTオープン

もう背水の陣…

新潟11R NSTオープン(芝1400)

◎シンボリエスケープ
○シルクヴェルリッツ
▲ネイティヴハート

三連単ボックス。

札幌記念パドック

どの馬もきっちり体を作ってきた感じ。その中でパドックからの印を打つと

◎マチカネキララ
○ファストタテヤマ
▲アドマイヤムーン
△グレイトジャーニー
×レクレドール

候補だったシルク、エリモ、マイソールはどれも特に良く見せなかったので切り。マヤノライジンもどうも印象が薄かった。なので気になっていたグレイトジャーニーを格上げ。
馬券は◎~△4頭の馬連、三連複ボックスでFA。

それにしても三連複1番人気はダントツ売れてるなぁ。騎手買いか。




小倉9R 平尾台特別

小倉9R 平尾台特別(ダ1700)

◎アグネスケイオー
○マヤノポペット
▲イブキサブデュー
△メイショウシャフト
△リードオフマン

二桁人気馬が突っ込んで妙に荒れる小倉ダート千七。ここも波乱を期待して検討。
◎はアグネスケイオー。2走前の勝ちっぷりのよさから前走も期待したが、途中で大きな不利を受けて5着まで追い込んだ。パドックで見た感じが前走より落ちている気もするが決して悪くはない。人気落ちしているので狙ってみたい。
◎から馬連流し。

札幌8R 3歳上500万下

札幌7レースしまったなぁ…。メイショウホクシンは調教で動いてたのでチェックしてたのに相手がわかんなかったから見してしまった…。だったら単複買えよって話。ドカン!

---------

札幌8R 3歳上500万下(ダ1700)

◎アサクササンジャ
○サンデーコバン
▲ナナヨーヒマワリ
△デジデーリオ

アサクササンジャがようやく復調してきた様子。アンカツ起用が勝負気配。相性よさ気な札幌で押し切り。
相手は取りこぼしあるも実績上位の3頭。
インスパイアリングなんかはいつも良く見せないのに走ってくるので難しいのだが…自分を信じてみます。
◎から馬連、馬単1着流し。

---------
(追記)
エルコンの取り違えでの失策というのは自分の中ではあるあるネタ的な決着として処理。すにたい…。最近とみにエルコンへの愛情が空回りしているのを感じる。

新潟9R 三面川特別

新潟9R 三面川特別(芝1800)

◎シルクエフォート
○アフリカンビート
▲スプリングドリュー

パドックで見た感じではシルクエフォートが一歩抜け出してる気がするがどうか。相手も印を打った2頭でいい気がする。アフリカンビートは後藤が乗り方を理解しているのが大きいし。
ヤネの性質上逆転もありそうなので三連単ボックス。

---------
(追記)アクトナチュラリーの激走には正直凹んだ…。

新潟8R 3歳上500万下

新潟8R 3歳上500万下(ダ1800)

◎タマモコンチェルト
○ピースデザイン
▲ジェネスタキオン
△オースミダイケン
×トップガンマン、ダンサーズナカヤマ

減点材料の見つからないタマモコンチェルトを素直に軸指名。
×の2頭は特に悪く見えなかったが良いとも言えない微妙なところ。縦の評価としてどうかが掴めないのでなんとも…。あえて切る。
◎軸に相手3頭の三連複3点で。

小倉7R 3歳上500万下

小倉7R 3歳上500万下(芝2600)

◎トーホウセントレア
○マースエンペラー
▲アスカノエナリー
△オルクリスト

ダート色の血統とパドック気配を重視して評価。インターメルボルンは母系に底力が足りないと思うので消し。
◎○▲3頭の馬連ボックス。



小倉6R 3歳未勝利

小倉6R 3歳未勝利(芝2000)

◎ハギノリュウ
△テイエムエース
△エレガンスボーイ
△ベイリービッド

小倉の芝は内が荒れてきて、それを苦にしないダート血統馬が走ってきている。
とはいっても6レースでは特に目立ったダート血統馬は見当たらなかったりする。その中では母父ジェイドロバリーに期待して◎ハギノリュウ。近2走からしても下手な競馬をしなければ勝てる。
エレガンスボーイは父が荒芝微妙も母父ウッドマンと追える川田でなんとか。
馬連流し3点。

---------

熊ちゃん…わざわざ馬場の一番悪いところを走らせるのか?どうせ悪いところを走るなら内々いっぱいを回してほしかった。終いには他馬とぶつかるし…。不満。

小倉4R 2歳新馬

小倉4R 2歳新馬(芝1800)

◎マイネルキーロフ
○ヴィヴァルディ
▲タキオンプリンセス

三つ巴だと思う。

新潟4R 3歳未勝利

ベルベットボクサーも押さえたかったんだが、パドックで見逃してしまった…。つーか、ケチったのが失敗。あとここも三連複にすりゃよかったかも。

---------

新潟4R 3歳未勝利(ダ1200)

結構拮抗してる感じで難解なレース。ここは見が正解かもしれないが、ちょろっと買ってみる。

◎ヒカルラブハート
○ダイワダイハード
▲バクシンキータ
△サザンウインド

◎→○▲△の馬単。

---------
(追記)
う~ん…やはり見が正解だった。

新潟3R 3歳未勝利

とりあえず新潟2レースの馬連ゲット。ただネイチャーガイドが除外されたので、それなら三連複に切り替えたかったよなぁとか思った。

---------

新潟3R 3歳未勝利(ダ1800・混)

◎ボーナスフィーバー
△グラッドテンエイ
△グランドタイガー
△ベルモントアーサー
△アサヒファイル
×ファイトスター

ボーナスフィーバーは迫力からして違う。ここは勝てそう。
人気馬から入るので相手はちょっと工夫したいところ。大穴ではアサヒファイル。同コースの2戦目でパフォーマンスを上げるキングへイローに穴の江田照への乗り替わり。状態も上々に見えたし一発を期待。
ファイトスターはちょい太い気がする。ただあれくらいでも走れそうな馬ではあるので…む~ん、妙味がないので消すか。来たら来たでしょうがない。
馬連流しとボーナスとアサヒのワイドを押さえ。

新潟1R 3歳未勝利

昨日は想定外の用事で中継できなかったです。申し訳ない。
とはいいつつも馬券はしっかり買っていたのだが、昨日はボウズ…。久々に死んだ…。用事ができたのは馬券を買うなという神の慈悲だったのかも…。

今日は昨日の分も競馬を楽しんで、お金も稼ぎたいと思います。

---------

新潟2R 3歳未勝利(ダ1200・牝)

◎シルクヴァルキリー
△ロドリーバニヤン
△エンドレスビジネス
△ノーブルスマッシュ
△コアレスボニータ
△ネイチャーガイド

本命はシルクヴァルキリー。前走は2着だったが相手が悪かったのと休み明けだった。今度こそ。
相手はパドックで良く見せた馬を5頭ピックアップ。
◎から馬連流し。馬単でもいけそうなんだけど…ここは手堅く。

札幌記念の予想

週中の展望記事はコチラ→展望1展望2


ファストタテヤマ・・・昨年2着。昨年のようなスタミナ・底力勝負になれば一気に浮上する1頭、というのが基本的な考えだった。しかしながら、前走の勝ちっぷりはさらにパフォーマンスを上げてくるのを期待させるものだった。GⅠ2着などの実績は何気にここでも最上位といっても過言ではない。

レクレドール・・・前走でまだまだ健在ってとこを見せたし、同時に札幌相性のよさも誇示した。心情的には押さえておきたい気もするが、前走はMAXの競馬をしてのものだと判断。牡馬相手となる今回、さらにパフォーマンスを上げてくるのは困難かと思う。消し。

マチカネキララ・・・これまでに底を見せていない素質馬。競馬に安定味がある。ただマチカネ軍団はどうも運気が悪いし、右回りでは2割引だと思っているので押さえまでとしたい。横山典-藤澤和のラインも押さえたい要因。

シルクフェイマス・・・意外に人気をしてるなぁ。大先生はこの馬に合っていると思うので乗り替わりはマイナスだと思う。特に中央馬@五十嵐で重賞というのは期待値が低い。ただ同型のブルートルネードが回避したことで展開はかなり楽になりそうではある。あと雨を気にするので、空模様と馬の気配に注意を払いたい。その辺りを見てから取捨を決定したい。

アドマイヤムーン・・・言っても今年のクラシックを引っ張ってきた馬と天才ジョッキー。札幌も得意コースで、春に感じた芯の細い状態から回復さえしていれば軽い印は打てない。

グレイトジャーニー・・・なんとなく気になる1頭。ワンペースで強いので、ワンペースになりやすいこの馬には案外向きそうなレースではある。ただここまで手が回らないので…。

エリモハリアー・・・昨年より一回り馬体が大きくなっており、鞍上も強化。競馬にも迫力が増しているので昨年以上の可能性も十分ある。

マヤノライジン・・・条件自体はそれほど悪くない。あとは外ぶん回し一辺倒の鞍上が嵌るかどうか。

マイソールサウンド・・・重賞5勝の実績は見逃せない。札幌実績もある。忘れた頃に一発あるだけに警戒はしておきたい。


◎ファストタテヤマ
○アドマイヤムーン
▲エリモハリアー
△マチカネキララ
×マイソールサウンドorシルクフェイマスorマヤノライジン

パドックを見てから×から1頭をチョイスして5頭ボックスでいく予定。

8/19(土)の予想

札幌9R しらかばS(ダ1700) 自信度C・勝負度D

◎オーガストバイオ
○スーパーチャンス
▲ダンスウィザード

オーガストバイオは平坦コースでいかに気分良く走れるかが問題。平坦な札幌で、メンバー的に楽に先行できそうここはよさそう。今回が初の札幌夏競馬。使ってくるくらいの状態にはあるということだろうし、そこら辺の陣営の意欲を買いたい。
スーパーチャンスは札幌で圧勝歴あり。前走は後ろすぎての敗戦で度外視できるもの。むしろそれでも5着する安定感のある脚が活かせれば好走可能だろう。
ダンスウィザードは前走が骨っぽい相手に2着と好走。鉄砲成績も悪くないし、札幌実績もある。鞍上強化に最内を引いて。
カイトヒルウインドは前走で本命に推すも控えて失敗。ここ2走はどうも気性を考えて意識的に控えてるっぽいので、今回もそういう指示で走るんならあまり買えないかなと思う。ヤネもどうかと思うし、馬体はもう少し絞れた方がいいし。結構好きな馬なんだけど…。
馬単ボックス。


札幌11R 日高特別(芝2000) 自信度C・注目度B

◎マイハッピークロス
○マツリダゴッホ
▲エレアシチー
△タガノボーディング

ちょっと期待したい馬が揃った興味津々の1戦。
その中で◎はずっと追いかけているマイハッピークロス。競馬の内容がよくなっているし着実に力を付けている。内目の枠を引けたのもよろし。
対抗にマツリダゴッホ。札幌は新馬で圧勝した舞台。能力は重賞級だと見ているのだがシャドーロールを着けているように気性やフォームがまだ途上なので崩れる可能性も鑑みて対抗。
エレアシチーは前走が強い競馬。あれだけの競馬ができれば昇級しても通用する。そして何より鞍上が心強い。うまく末脚を活かすことができれば頭もある。


小倉2R 2歳未勝利(芝1800) POG指名馬

ツルマルアイ

前走はユタカが機を見るに敏といった感じで早めに動いて2着。内容としては悪くなかった。今回は大外枠がイヤではあるが、動ける馬なので大丈夫だろう。乗り替わりの和田も悪くない。3度目の正直となってほしい。


小倉10R 西部スポニチ賞(芝2000) 自信度C・勝負度C+

◎アグネスツイスター
○キングオブウイナー
▲テンシノゴールド

アグネスツイスターはモッサリしているがいい末脚を持っている。ここはあっさりクリアできると見ている。
テンシノゴールドは平坦コースなら堅実なステイゴールド。
いまさらマイジョーカーを買う気にはなれない。印3頭の馬連ボックスに三連単◎▲→◎○▲→○▲も。

札幌記念の展望2

■洋芝もありノーザンダンサー系の活躍が目立つ。特にニジンスキー系、リファール系、ダンチヒ系。昨年のような底力が要求されるとサドラーなんかが浮上。
→ エリモハリアー、シルクフェイマス、スプリングシオン、タガノデンジャラス、ファストタテヤマ、マヤノライジン

■札幌の2週目で基本は内枠、先行有利。多頭数、混戦模様となると差し馬が届くことも。今年はその多頭数、混戦模様なのでスタンスとしては先行馬を軸に差し馬を絡める感じか。

■3歳馬が勝っているときはいずれも9頭立てと少頭数。しかもその3歳馬が抜けた1,2番人気になるくらいのメンバー構成だった。今年唯一出走の3歳馬アドマイヤムーンはどうかなぁ…。

■今年は特に先手を取らないとダメみたいな馬もあまり見当たらず、前半は平均からちょっと遅いくらいで流れそう。といってもクイーンSなんかを見てると札幌の芝レースは中間も緩まないペースで流れて、その上で上がり勝負になる感じ。息を入れづらいので目標にされる逃げ馬は厳しそう。狙うなら4角で並びかけるような軽く捲れるタイプがいい。

札幌記念の展望1

■とにかく札幌実績がある馬は優先的に押えたい
→ アドマイヤムーン、エリモハリアー、シェイクマイハート、シルクフェイマス、セフティーエンペラー、ファストタテヤマ、レクレドール。


■今年は格の高い定量戦。例年GⅠ級の馬が良績を残しているレースでもあり、GⅡ勝ち以上の実績がほしいところ
→ アドマイヤムーン、シルクフェイマス、マイソールサウンド、ファストタテヤマ、レクレドール

■例外的なエアエミネムタイプ(いかにも素質馬で上位人気、札幌初出走)
→ 今年でいえば、マヤノライジンかマチカネキララあたりだろうか。


注目はアドマイヤムーン、シルクフェイマス、ファストタテヤマ、レクレドールの4頭かな。次点でエリモハリアー、マイソールサウンド、マヤノライジンあたり。

北九州記念の回顧

8/13(日)小倉 GⅢ・北九州記念(芝1800) →いいとこなし…ハズレ

1着 コスモフォーチュン(--)  1:08.0
2着 ゴールデンキャスト(△)
3着 ホーマンテキーラ(--)

ラップ 11.9-10.1-10.9-11.3-11.5-12.3(32.9-35.1)=1:08.0

スタートからやけに速いラップを刻んだし、小倉の馬場加減で外に意識過多になってるところといい、妙に福島っぽく感じたのだが…。このレースに関しては一つも的を射た発言が出来てないのでここはあまり多くを語らないでおこうかな…。

1着 コスモフォーチュン(--)
牝馬という以外注意を払ってなかったよ…しかも牝馬3頭のうちこの馬だけ買わなかったし…。小倉巧者ってのと角田がうまくペースを掴んだことが勝因かな。よくわからんので今後も気持ちを割り切って手を出さないでしょう。

2着 ゴールデンキャスト(△)
ナンダカンダでこの馬に向くような流れになったのかしらん?下手に先行せずにしっかり脚も溜めれたし、それでいて目標は前だけになったし。なんかこの馬とは相性悪いす…(^^;

3着 ホーマンテキーラ(--)
馬体を見るにそれほど良化してるような気配でもなかったのだがしっかり3着。むしろもっと早めに先手を奪うくらいの強気な競馬をしてたら逃げ切ってたりなんか…はないか?ともかく僕の想像以上のスピードとスケールを持った馬に思えてきたのでセントウルはもちろん、スプリンターズSで買ってみたくなってきた。

4着 タマモホットプレイ(P×)
筋肉がパンとしないので平坦しか走れない。筋肉の加減でどうしても好みのトモをしていないが、全体的にはいい馬かなぁとは思う不思議な馬。こういうタイプは逆に言うと自分のフィールドではピンポイントできっちり走ってくるようなので今後も平坦コースでは押さえておきたい。ということでスワンSで会いましょう。

6着 リボンアート(P×)
テンで付いていけない分の敗戦は仕方なし。オープンクラスでは展開に恵まれないときつい。大幅馬体増は体を戻してきただけでほとんど影響はなかったと思う。

8着 マルカキセキ(▲)
このコースでの8着敗退は敗因はとりあえず出来に求めていいと思う。

13着 サチノスイーティー(◎)
テンの速いところで脚を使って、その後わざわざ外に馬を持って行って…とロスしかしてない。負けて当然だろう。弱い馬とは思ってないので中山のオープン戦とかで忘れたころに逃げ切ったりすると思う。

クイーンSの回顧

8/13(日)札幌9R GⅢ・クイーンS(芝1800) →ハズレ

1着 デアリングハート(▲、P○)  1:46.7
2着 ヤマニンシュクル(--、P△)
3着 レクレドール(--)

ラップ 12.2-10.9-11.3-11.8-12-12.2-12.3-11.9-12.1(34.4-36.3)=1:46.7

アズマサンダースが引っ張って前半が34.4とハイペース。3,4角あたりでは捲っていった馬と前の馬が入れ替わり。表示タイムでは緩みはないが、6ハロンあたりで実質若干落ち着いた感じもする。それもあって捲っていけた馬でそのまま決着。
捲りの展開もなんのその、やはり枠は一桁馬番が掲示板独占。これだけは来年も譲れないデータ。

1着 デアリングハート(▲、P○)
ようやく待望の2勝目で重賞初制覇。馬、ヤネ、展開すべてが理想的に回った。勝つときっていうのは案外とこういう風にすねてがうまくいくものなんだなぁ。とはいっても3歳時にラインクラフトと競ってたときの実力を考えたら普通に勝ち負けだよなぁ。
次走は府中牝馬Sらしい。淀みないペースのが向くので上がり勝負になったら分が悪いがその辺がどうか?エリ女とかは次走次第だけど上がり偏重になりそうだからなぁ…。

2着 ヤマニンシュクル(--、P△)
惨敗してもらう予定だったのだが…。ハイペースを揉まれない外を追走し、4角では捲っていくという理想の競馬。それでも最後は勝ち馬には全く及ばず突き放された感じの2着。斤量も恵まれていたし、ちょっと落ち目な感じがする…。エリ女とかはド嵌りの展開じゃないと厳しそう。

3着 レクレドール(--)
よほど札幌が合っているのか?こちらも駄目だろうと思っていたが驚くべき奮起。もう終わってるかと思ってたのだが、申し訳ない。連闘で札幌記念だそうで案外怖い1頭かも。

5着 チアフルスマイル(◎、P△)
う~ん…ここで出たか~、捨て身の戦法。レース中に思わず「出た~っ!」って言っちゃったよ(笑)。確かに行きづらい馬での最内だけれども…。とは言いつつも見た目にハイペースで捲っていったときは物凄く期待したんだけども

6着 ブルーメンブラット(△、P△)
競馬はうまいが切れる脚がないタイプ。それならそれでここは結構合っていると思ったが…。

8着 マイネサマンサ(○、P△)
ハイペースと外目の枠を引いたのがすべて。

11着 タッチザピーク(△)
しっかり馬体を増やしてきた。全部が成長分といった感じでもなかったが春のガレた印象はなくドッシリしていた。レースでも全く競馬していなかったし、体が締まってくれば一発ありそう。次走も注目。

14着 アズマサンダース(△)
ブリンカー効果か行きっぷりはよかったが、行き過ぎて4角では終わっていた。気性面次第。

07 | 2006/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。