スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBCの予想

予想というか余興。


JBCスプリント

◎リミットレスビッド
○ベルモントサンダー
▲メイショウバトラー
△アグネスジェダイ

軸としてはリミットレスでいいかなというのと、大きな勲章を獲ってほしいというちょっとした願望込みで本命。
対抗は中央時代にも何度か馬券を買ったことのあるベルモントサンダー。前走で今回の同じようなメンバー相手に3着。嵌れば連へ。
バトラーは能力的に上位も出遅れが怖いので3番手評価。
△は押せ押せでの粘り込み警戒。


JBCクラシック

◎ヴァーミリアン
○ブルーコンコルド

二千以上ならヴァーミリアン。頑張ってほしい。馬単1点。


スポンサーサイト

天皇賞・秋の回顧

久しぶりに回顧、というか今後のためのメモ書き。騎手コメントが多くを物語っていると思うので引用(ラジオNIKKEI)+若干のコメント。


more...

天皇賞・秋の予想

土曜は重賞こそ当たらなかったものの惰性で買ったまま結果すら見るのを忘れていた京都最終をつい先ほど確認したら的中してたのでどうやらプラス収支。予定通り遊金確保。


さて、考えれば考えるほど有力馬のちょっとしたことが粗に見えてくる。

サムソンは馬インフルの影響を含めた調整、休み明けに不安があるし、ムーンも休み明けに調教併せ遅れ、それに移籍も気掛かり。ダメジャーは前走の内容や上積みというプラス材料はあるものの、昨年とは相手関係諸々の状況を考えるといまひとつピンとこないし、ポップロックは終わってみれば「距離不足だった。距離延びる次こそ。」とか言ってそう。

こうなってくると僕に残された本命は期待馬アグネスアークしかいない。よく考えてみるとアグネスアークは早春S以来ずっと追いかけている期待馬でそれが見事にGⅠに歩を進めたのだから素直に◎を打つのが筋だろう。先週のようにPOG1番馬のアサクサキングス様に無印の暴挙で撃沈、、、なんてのはもうたくさんだ!

◎アグネスアーク

とはいってもアークにも懸念材料はあるわけで…。まず、使われるごとに減っている馬体については、さすがに前走はデビュー以来最低体重ということで不安はあったが結果は2着。気持ちで走るタイプのようでカイ食い、体調がよければ問題なく走れる。今回も減っていなければ問題なし。むしろ使われている分だけ有力馬より優位とすら思えてきたよ。
力関係についても近2走で力は示しているし気持ちで走るので問題なし。


相手は4強。

対抗がメイショウサムソン。休み明けでも動ける状態には出来ているだろうし、それ以外は目立った減点材料は見当たらず買い。

一応の3番手にアドマイヤムーン。こちらも減点は休み明けくらいのもの。レースに行けば走ってくるだろうが、後方からの競馬になったときに展開と馬場で差し切るまではどうかという感じで▲。

ポップロックは距離。ダメジャーは流れと馬場が合わないと見て3着まで。


○メイショウサムソン
▲アドマイヤムーン
△ポップロック
×ダイワメジャー


武蔵野Sの予想

ワイルドワンダーの強さは認めるが、それに◎を打っても面白くないので◎はフェブラリーS3着を買ってビッググラス。


◎ビッググラス
○ワイルドワンダー
▲フィールドルージュ
△ロングプライド

3連単◎1頭軸マルチ

スワンSの予想

今週は結構楽しみなレースが多かったりするのでどこかでそれなりの馬券を当ててお金を気にせずじっくり競馬に興じれたら最高なんだけれど…。


昨年は人気落ちした実績馬で決まって波乱、一昨年も昔とった杵柄みたいな馬の入線で波乱、というレース。今年もそういった傾向の馬を狙ってみたい。

ということで白羽の矢を立てたのがマイネルスケルツィ。前走は休み明けで決め手勝負という向かないレースを能力分走って3着とまずまず。前走1番人気から今回の人気落ちはわかりやすく買いやすい。目標はマイルCSにあるだろうが、2走連続遠征のここは陣営も好結果を望んでの出走のはず。スピード差を埋めるには嬉しい最内枠を引けたし流れが向けばチャンスだろう。

対抗にはペールギュント。馬体増に終始した調整とクビ遅れの追い切りは気掛かりだが、平坦の京都千四の舞台で豊騎乗で人気しないなら買っておいていいだろう。

次いでタマモホットプレイ。昔とった杵柄という意味では3年前に同レースを勝った本馬がまさにそうだろう。前走は道悪&急坂のGⅠを差して5着と健闘。得意コースにかわる今回でも人気はしておらず普通に狙い目。

コスモサンビームやマイネルマックスといった朝日杯勝ち馬が結果を出しているレースだけにフサイチリシャールも買っておく。ユーイチに乗り替わるのも買い材料。

ブラックバースピンは短距離重賞で安定して好成績を収めている割りに人気が上がらないので押さえ。


◎マイネルスケルツィ
○ペールギュント
▲タマモホットプレイ
△ブラックバースピン
△フサイチリシャール

人気の薄いところで固めたので馬連、3連複ボックス。


菊花賞の予想

淀の三千ゆえか今年のクラシックの荒れ具合のためかどうにもイメージ先行で馬券が売れている印象。過去の菊花賞からすればそのイメージというのが案外馬鹿に出来ない結果も出ているのだが、一方で“強い”馬が勝つのが菊花賞。

混戦と見られる今年の菊花賞において頭一つ分強い馬がいると思っているのがヴィクトリー。未成熟段階での皐月賞制覇。ダービーこそ出遅れ+暴走で空回ってしまったが、あれだけ無茶なレースをして一桁着順なのは地力があるから。
神戸新聞杯は勝負所での反応が一息でいかにもロベルト系らしい休み明けの凡走(と言っても3着)。最終追い切りでは打って変わって機敏な反応かつシャープな伸びを見せた。馬体の張りも抜群で上積み顕著。
長丁場も血統的からは距離は全く問題なし。懸念される気性面も進境を見せており、大外枠もさほど気にするほどのことではない。実際岩田も気にしてないようだし、むしろ近年ではもっとも勝率のいい絶好の枠だったりする。自分らしい競馬が出来れば勝てる。


対抗はホクトスルタン。いかにも淀の三千が合いそうな血統と実績。初の世代一線級との力比べとなった神戸新聞杯でも4着なら上々。コース替わりと駆け引き次第で勝負になると思わせる競馬だった。その点、鞍上には菊花賞5連続連対の長距離の名手をということで期待できる。

単穴にアルナスライン。前走は故障による長期休養明け初戦というだけでも不安な一戦を古馬相手に上々の内容。使われた数も少なく、大型馬だけに使われての上積みも大きく期待できる。血統、戦績から距離に不安はなくダークホースの匂いがする。

上積みという点においてはサンツェッペリンにも期待したい。前走は明らかに間に合わせの状態での出走。レースでもまともに競馬をしなかったという本番のために叩いただけのレース。長距離ではベテラントップジョッキーくらいの信頼の置ける松岡が「勝てる」とまで言っているのだからそれ相応の状態にあるのだろう。改めて皐月2着、ダービー4着という実績は無視できない。

混戦にあって若干抜け出した人気となっているロックドゥカンプ。成長期にありながら無傷の4連勝は伊達ではないと思う。しかしながら、今回は不安点も意外に多い。最も懸念されるのが鞍上が淀の三千(魔物が棲むという)が初だという点。「長距離は騎手で買え」というようにかなり重要な要素といえるだろう。馬も相手強化ほか拭えない不安があり、それを一気に克服できるほどのポテンシャルがあるか血統的に微妙。ここは△とするのが妥当だろう。

ドリームジャーニーはずっと距離不安で蹴ってきたが、ミドルペースで流れた神戸新聞杯を見事に差し切り勝ちした今、バッサリとはいけない。特に、武豊というのはなんとも怖い…。とはいえまだ半信半疑、というより8:2で不安の方が大きくあくまで押さえの△まで。

アサクサキングスは首が高く二四からさらに距離が延びてどうか。百日草特別後に横山典が「中距離のイングランディーレ」と評していたのが思い出される。逃げ馬(という馬でもないが)は人気薄でこそ狙うべきで圧のかかりそうな位置で競馬をしなければならない今回は手を出しづらい。


◎ヴィクトリー
○ホクトスルタン
▲アルナスライン
注サンツェッペリン
△ロックドゥカンプ
△ドリームジャーニー

馬連 ◎-○▲注
馬単 ◎1着流し5点
3連単 ◎→○▲注→○▲注△△


富士Sの予想

エアシェイディの前2走は馬体重の変動が示すように体調に問題があったと見ていいと思う。立ち直っていさえすれば実績、適性など諸々を考慮して普通に上位。間隔空けたんだからリフレッシュできてるでしょうということで軸。

対抗も実績からシンボリグラン。関屋記念を使いしっかりきっちり2着したのも好印象。

コイウタは実質トップハンデだがヴィクトリアマイルの内容などマイル実績を評価。調教から上積み大きく得意の東京マイルで巻き返し必至。

関屋記念でシンボリグランと差のない競馬をしたマイケルバローズも力をつけている。前走の中山大外枠よりも条件は好転しているといえるし使われている強みを活かして。

マイネルシーガルの前走は開幕週らしくイン好位から競馬した馬に先着を許したが初の古馬戦としては上々。ここも好走しそうだが、東京マイルで求められる切れ味とは若干ズレる印象。人気面考慮で3着紐。


◎エアシェイディ
○シンボリグラン
▲コイウタ
△マイケルバローズ
×マイネルシーガル

3連単 ◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×


府中牝馬Sの予想

印と買い目だけですが上げときます。


◎アサヒライジング
○ヤマニンアラバスタ
▲ディアデラノビア
△アドマイヤキッス
△タイキマドレーヌ

3連単 ◎○▲→◎○▲→◎○▲△△

堅いと思う。

秋華賞の予想

時間がなくなってきたのでもう簡単に。

第一印象は見たいレースだけど買いづらい。人気馬は強いと思うけど3強で決まられても妙味がないので多少捻りがほしい。3強のうち1頭を切ってある程度決め打ちしなくちゃいいけないだろう。

その切る1頭はウオッカ。調教映像を見たがどうにも冴えない動き。馬体の張りも春に比べて一息の印象で、宝塚の敗戦以来精神的ダメージがあるように思う。もとよりロベルト系の休み明けでもあり状態に不安のあるここはばっさりと切る。

あと2頭のダスカ、ベッラの2頭は強いし順調だし普通に買う。2頭に関しては05年のラインクラフトVSエアメサイアのイメージでベッラが最後に捕まえる展開を想定して◎ベッラレイア○ダイワスカーレット。

以下はほぼ同列扱いで、まずラブカーナ。運の向かないレースが続いているが実力はなかなか。京都二千ではこれまでの遅れ気味のスパートが逆に功を奏しそうな展開もありということで。

穴で狙ってみたいのがカレンナサクラ。実績は見劣るものの近走での上がりは秀逸。3着争いでおもしろい。

あとは3強と比してインパクトには少々欠けるがベッラレイアをきっちり負かしたオークス馬ローブデコルテ。海外帰りや大外枠など多少割引要素があり△までとした。


◎ベッラレイア
○ダイワスカーレット
△ラブカーナ
△カレンナサクラ
△ローブデコルテ

3連複 ◎○流し
3連単 ◎→○→△△△ 他

デイリー杯2歳Sの予想

今年のPOGで指名したキャプテントゥーレが出走。前走は完全に不向きなレースだったと思う。まず未勝利をドのつくスローで勝ち上がってきた馬に前半33秒台の流れはきつく、さらに中盤の緩みがあっては同じような番手でもコース取り良く咲きに抜け出すのは至難。特にまだ力のない2歳馬にとってはかなりの実力差がないとその状況で差すというのは難しい。馬自身もまだまだパンとしておらず、血統を合わせて考えても直線の坂は不向き。それでも3着なら状況一転の今回は見込みありだろう。例年さほど速くならない2歳重賞でメンバーを見ても多くは差し馬。そのような流れならある程度前にもつけられ、かつ一瞬の切れのあるトゥーレ向き。急坂なく馬場にダメージのない京都も当然プラス。今後のために結果を期待。


相手も京都向きの速さのある馬をチョイス。

対抗には重賞勝ちのマルブツイースター。速さならバクシンオーだろう。

単穴はウイントリガー。前走は全くもって自分の競馬ができなかった。その点、今回の外枠は競馬がしやすくプラスといえそう。前々走では差しきりの難しい札幌千五で差し切っているように切れ、能力は見直す価値の十分にある馬。

あとはレースすら見てないけどいい脚を持ってそうなマリエンベルクと前走より条件は向きそうなタケミカヅチを見直して。


◎キャプテントゥーレ
○マルブツイースター
▲ウイントリガー
△マリエンベルク
△タケミカヅチ


ペルセウスSの予想

昨日は毎日王冠一本勝負で資金をいつもより強気に入れてて、直線向いたときに外のアグネスアークの伸び脚を見て「もらった!」と思ったのに…まさかのチョウサンで撃沈↓。前崩れでのスタミナ勝負で3着くらいのイメージはあったけどレコード勝ちとは…単純に驚き。秋天に関しては、チョウサンはよくわからないとして、ダメジャーは上積みプラスで普通に押さえが必要な感じ。あと賞金的に微妙だけど出てくればアグネスアークはぜひ買いたい。心情的に。

京都大賞典は例年通りの上がり勝負。やっぱり溜めての瞬発力なら父サンデー系。あと思ったのは、四位は相変わらず“らしい”騎乗だなってことと、アルナスラインっていかにもアドベガらしい性分だなぁってことかな。まあ次に繋がりそうな内容のレースでもなかったように思う。


さて、ペルセウスSですが、多方面から好メンバーがそろって難解。

東京ダート千四って結構極端なイメージ。スローだけら前、ハイなので後ろという感じではなく、、行った行ったの持続戦か差し追い込みが鮮やかに決まるスピード勝負かという感じ。今回は持続力重視の一戦の方に賭ける。

持続力の成否をどの辺に求めるかというと欧州っぽい血統と実績。あとは持続になればなかなか差が詰められないってことなのである程度前で競馬ができる馬である必要がある。

その辺を考慮して本命はトーセンブライト。中距離をこなすスタミナと千四にも対応できるスピードを兼備。東京ダ千四コース自体の実績もあり、ヤネを含めて前で競馬できそうなのもよし。人気的にも狙い頃。

あとは行った行ったで3歳馬トロピカルライトとクィーンオブキネマ。トロピカルライトはすでに実績ありで流れ一つの感じ。クィーンオブキネマは連勝中の勢いと人気のない逃げ馬ということでトロピカルライトよりも前で競馬するような展開なら怖い1頭。

自力上位で後ろからでもメイショウサライも押さえ。最近は自ら動けるようになり外から差す場面も十分。

持続力ボチボチで相手なりのワキノカイザーまで。

スリープレスナイトは消し。よくわからないけどどちらかというとスピードタイプかなと思う。一介のスピード馬って感じでもなさそうだけど…。強いところと当たって速いタイムに対応できるかとか疑問点も残るし来たら仕方ない。というか人気なのが最大要因だけど。

あと芝の実績馬はダートのこのクラスでは勝手が違うこととスピード寄りなので消し。


◎トーセンブライト
○トロピカルライト
▲クィーンオブキネマ
△メイショウサライ
△ワキノカイザー

難解だし3連複ボックスで。

毎日王冠の予想

レースとしては逃げ馬が数頭いて読みづらいが、大きなポイントとしてコンゴウリキシオーを捕らえられるかがポイントとなりそう。目算ではあるが、前半1000mを58秒台で走って上がりを34秒台でまとめてきた場合、これを差し切るには前半を1分そこそこで回ってさらに上がりで33秒台の脚が使える必要がある。休み明け太め残りでコンゴウリキシオーのパフォーマンスが若干落ちるとしても、他の逃げ馬との折り合いや自身のこれまでのタイム、それに毎日王冠の例年のタイムからしてもこんなもんだろうと思う。
それでコンゴウリキシオーのパフォーマンスが落ちるならばどの馬が捕まえられるかというのが出発点。

筆頭となるのは当然ながら現役最強クラスのダイワメジャーなわけだが、この馬も今回はいくらか付け入る隙がありそう。特に状態面においては追い切り本数も普段より少ないようで出走に帳尻を合わせてきた程度のもののように思われる。急激に良化するという年齢でもなく先を見据えた今回は割り引いて評価したい。

前売り2番人気のブライトトゥモローはこれまで33秒台の上がりを何度も繰り出しており決め手はある。元々エンジンのかかりが遅い馬らしく、そのうえ休み明け初戦だった前走も追い出し遅れで2着。その点、ひと叩きして東京コースになるのはプラス材料といえそう。しかしながら、今回3番枠に入ったためまた後手後手になる公算は高そう。前述したように前が34秒台で上がる競馬で後方一手で33秒を切るほどの脚を要求するのはさすがに酷。連下にとどめたい。

同じ東京千八の早春Sで1.46.2の好タイムで快勝しており、そのときの上がりが34秒フラット。これは今回僕が求める競馬のパターンに近いもの。オープンで揉まれて成長した現在ならさらにパフォーマンスを上げることも可能だろう、ということでアグネスアークが本命。前走札幌記念でタイム差なしの2着で能力は示しており、叩き3走目ということで使われている強味もある。重賞制覇を期待!

そのアグネスアークの勝った早春Sで3着していたのがエイシンデピュティ。その後3連勝で重賞制覇。3連勝の内容と早春S当時の1キロの斤量差からすればアグネスアークと遜色ない評価もできそう。ローテーションを考慮して一応対抗としたが、鉄砲の利くタイプで写真で見た感じでは休み明けでも好仕上がり。こちらもチャンス。


◎アグネスアーク
○エイシンデピュティ
▲コンゴウリキシオー
△ダイワメジャー
△ブライトトゥモロー

馬単 ◎○▲→◎○▲△△
3連単 ◎○→◎○▲△△→◎○▲△△


土曜の予想

いまさらだけどスプリンターズSは縦目。あれだけひどい馬場状態だったとは知らず…ってのが正直なところ。あの馬場なら前残りを警戒してスズカ一本では行かなかったんだけどなぁ…。F1中継でレースだけの放送って…ちょっとは考えてほしいなぁ。


そして、今週は3日間開催。競馬ホリックな人から搾り取ろうという恐るべき国策なわけですが、番組は微妙な感じなので無理せず楽しみましょう。特に土曜は入れ込むレースもないのでほんのお遊び程度に。


東京9R プラタナス賞

◎セントエドワード

目立った馬もいないようなので、血統から初ダートで一変を期待してセントエドワード。単複。


阪神10R 藤森特別

◎カルナバリート

近3走は相手関係や距離などから向かない競馬での敗戦。今回はそれなりに条件も揃っているし能力的には上のクラスでもやれる馬だと思っているので今度こそ。


阪神11R 大原S

◎ロックスピリッツ
○フィールドベアー
▲ブレーヴハート
△アグネストレジャー
△カネトシツヨシオー

それなりのメンバーが揃った感じなので力関係が重要だろうということでクラス実績を重視。
そのなかで上位人気が後ろからの馬というのを考えると若干前で競馬が出来そうなロックスピリッツを本命視。
対抗は内を立ち回れる分だけ有利なフィールドベアー。
ブレーヴハートはオールカマーが差し馬不利だったのを考えるとやはり能力は高いなぁと思わせたので3番手。


09 | 2007/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。