スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップの予想

なんとかJCの予想だけは間に合った…。友人の結婚で二次会で飲みすぎてダウンしてました。

後出しですがJCダートは本線的中できました。友人が結婚すると馬券が当たる法則です。ありがとうございます。この調子でJCも当たればいいんですが…。


そのジャパンカップは、メイショウサムソンが大将格として抜けた1番人気。しかしながら、本格化して距離実績もあるものの、個人的にはいまだに距離は二千くらいがベストで東京二四ではパフォーマンスが落ちると思っている。また、近年の東京二四での瞬発力勝負向きな傾向も合わないと思うので評価を下げて3番手くらいのイメージ。

本命はポップロック。天秋は予想通りの距離不足。さらに外枠のせいで位置取りも悪く、エンジンが掛かったのもほとんど勝負が決まったところだった。今回は距離延長、内枠と好条件が揃い、あとはペリエがなんとかしてくれる。初GⅠ制覇のチャンスと見た。

対抗はウオッカ。3歳牝馬のレベルの高さはここでも通用する。ダービーのときほど甘いレースにはならないと思うがあのときに似た瞬発力勝負になる公算が高いと見ているので、舞台としては絶好。一頓挫あったものの出して出れないわけでなく自重してJCを目標にしたというのは陣営の自信の表れだろう。抜群の調教タイムを見ても状態に不安は感じられない。

不思議なほど人気のないフサイチパンドラが穴。昨年のJCは下位争いとはいえ渋い競馬でサムソンを上回ったように、実績からは上位を賑わしてもいい存在。

次いでインティライミに△。溜めれば切れるスペシャル産駒らしい競馬ができるようになり充実してきた。GⅢあたりでモタモタしてしまっていた点や世代のレベルを考えるとちょっと余計に人気している感もあるが、単純にディープのダービー2着から感じる適性と充実振りから押さえておく必要はありか。

本来の実力ならドリパスも当然有力だとは思うが、やはり久々は大きなハンデ。乗り込まれて仕上がり早のタイプというのを考え合わせて3着紐という復活気配を感じさせる競馬はできるイメージはあるので押さえの押さえで買っておく。

外国馬は今年は小粒。なんだかんだでJCで馬券になる外国馬はボーダーレスに実績のあるバリバリの馬でないと話にならないレベルにあるので今年は全消し。


◎ポップロック
○ウオッカ
▲メイショウサムソン
△フサイチパンドラ
△インティライミ
×ドリームパスポート

馬単 ◎○→◎○▲△△
三連複 5頭ボックス(緩急あり)
三連単 ◎○→◎○▲△△→◎○▲△△×


スポンサーサイト

マイルCSの予想

ずばりと本命は無論、心の年度代表馬アグネスアーク。実績や人気は他に譲ってもいまや実力はメンバー随一。状態も順調キープ、京都マイルも相性よく、藤田騎乗で勝負駆け。悲願のGⅠ制覇へ死角なしだ。

単勝一本というのもありだけど、僕にはそんな胆力も資金力もないので無難さとある程度の配当を期待して馬連中心で馬券を構成する方向で。
ということで、個人的には相手探しの一戦。

まず、ステップとして相性のいい天皇賞・秋から今回の上位3番人気を占めている。

1番人気ダイワメジャーはやはり年齢的に下降線にあるように思う(調教で動いたのは罠っぽい)のとローエンが引っ張る可能性はあるがあまり望ましい流れにならなそうなこと、あとはマーク屋ペリエほかがいることから甘やかしてはくれないだろうということで消し。

カンパニーはGⅠでは足りない印象もあったが、圧巻の関屋記念、不利あって3着の秋天と充実ぶりを感じさせるだけに、平坦で直線が長いベストとも言えそうな条件の京都マイルなら十分勝ち負け可能だろう。福永にしてもリシャールよりもこちらを“選んだ”のだろうしコメントからもそれなりの自信が見て取れるだけに期待したいところ。相手筆頭。


次に、スワンSからは例年連絡みした馬しかマイルCSでも結果を出していないように、今年も当然注目すべきは1,2着馬。

内容からすればハイペースを先行し直線突き放すような競馬をして僅かに屈したフサイチリシャールの方が好印象。顔ぶれから流れが向きそうで、調教では絶好の動きを披露。ここでもいいところを見せてくれそうな雰囲気。先週は同調教師のGⅠ勝ち、前日には同馬主(蛇足だが同母父)による重賞勝ち、といいんだか悪いんだかという流れだが、サクラメガワンダー除外でペリエが回ってきたのは間違いなくいいフラグ。

一方のスーパーホーネットも順調そう。スワンSは流れが向いたのもあるが、届かないかと思うようなところから差しきったあたり充実しているのだろう。実力を比較すると、スーパーホーネット、スズカフェニックス、エイシンドーバーはともに出走した安田記念の内容から力差はなさそうな印象。特に京都ではそれぞれが実績があり、タイプは異なれどいい脚が使えることから取捨が難しい。順調度で言えばホーネットに分がありそうではあるが人気して信頼できるタイプでもなく、格や切れ味、さらに鞍上ではスズカに分があるだろう。ドーバーにしてもレースを使えなかったのは割引も、鉄砲は利くタイプで調教も動けて仕上がりは上々。京都マイル実績では2頭を上回るし流れ一つでこちらも怖い存在。ということで横並びでともに△として押さえる。軸が定まっているとこういう手広さが出ていいですな。


富士Sはステップとしてはレベルが低かったと思っているので基本的に切捨て。ただ1頭全く競馬をしなかったローレルゲレイロだけは再考の余地がありそうか。ここにきて陣営のトーンが上がっている印象で、実力関係は微妙だが、馬自身に変わり身とレースでの紛れがあれば人気的に押さえておくのも面白そう。

あとは気になるところではピンクカメオだが、マイルに戻るのはプラスだが実力関係の疑問はともかく、上積みがなさそうな点があり消しで。
外国馬はわからないし手が回らないので消しで。


◎アグネスアーク
○カンパニー
▲フサイチリシャール
△スーパーホーネット
△スズカフェニックス
△エイシンドーバー
注ローレルゲレイロ

馬連 ◎流し
ワイド ◎-○、注
3連単夢馬券


東スポ杯2歳Sの予想

本命はダンツキッスイ。萩Sは緩みが小さく逃げた本馬には厳しいペース。2歳馬としては上々のタイムでの惜敗は実力的にここでは頭一つ抜けてる気もしないでもない。前走と違い例年の東スポ杯2歳Sからすれば流れは緩みそうで、瞬発力勝負向きとは思わないが、前走の経験値や実力からすれば不向きとも思わない。むしろ前で競馬するには楽ができそう。データ的に関西馬が圧倒的に強いレースというのも単純に買い材料。

スズジュピターはダリア賞の勝ちっぷりは見た目に強かったが、相手関係微妙で過大評価は危険っぽい。距離は血統的に対応できると思うが、休み明けで息が持つかは心配。ロベルト系だし特に。
同じような血統で人気もしそうな馬として拾うなら使われている強みや安定感などから総合的に判断してスマイルジャックの方だろう。調教と鞍上には多少不安が残るものの減点するほどのものでもないだろう。

瞬発力勝負ならタケミカヅチの末脚は見逃せないところ。前走もスローペースを後方で溜めていたとはいえ他馬と比較してもなかなかいい脚を使っており今回も警戒が必要。

リアルヴィクトリーは2走前は重賞勝ち馬と接戦、前走未勝利戦もタイムも悪くないし上がりタイムの抜けっぷりからしても上々の内容。使いつつ良くなっている感じで上昇気配。臨戦過程などから盲点っぽいので狙ってみたい。

ベンチャーナインは前述の萩Sでは脚が溜められずになだれ込んだだけの競馬になったが、今回ペースが緩めばチャンスはありそう。調教ではスマイルジャックに先着しているし遠征のない今回は万全で臨めそう。

ゴスホークケンはよくわからんが素質馬らしいので3着で押さえてみる。


◎ダンツキッスイ
○スマイルジャック
▲タケミカヅチ
△リアルヴィクトリー
△ベンチャーナイン
×ゴスホークケン

馬連 ◎-○▲△△
3連単 ◎→○▲△△→○▲△△×

エリザベス女王杯の予想

ウオッカ取り消しですか…。

本命は個人的に今年の心のベストレースである札幌記念の勝ち馬フサイチパンドラ。その札幌記念はメンバーのその後の活躍を見ればなかなかのハイレベルレースだったと思われ、そこで馬インフル明けの急仕上げで押し切った能力はさすがというもの。ローテや調整は陣営の青写真通りだろうし、連覇へ条件は整った。

府中牝馬S組で買いたいのはアドマイヤキッス。その前走は完全に展開のアヤ。最後の伸びや走り方、ヤネの腕を活かす点からも京都外回りはプラス。勝ち切るまでのインパクトには欠けるものの能力は高く安定感はある。流れひとつだろうがこの人気なら買ってみたい。

スイープトウショウは真面目に走るかどうかだけ。

ダイワスカーレットは今回は割引が必要だろう。初の古馬戦、レース経験値、京都外回り、距離延長、人気を背負う立場と条件は厳しくなった。それでも能力から押さえは必要だろう。△。

もう1頭押さえでディアチャンス。前述の札幌記念での内容といい、前々走といい伸びあぐねての敗戦。案外距離にも対応できそう。鞍上も2度目の騎乗で関西遠征とちょっときな臭い。

(追加 13:58)
デアリングハートはちょっとなめられている気がしてきた。前走では離した内容がよかったし、最内+藤田というのは怖い。京都外回りと距離には不安は残るものの走ったこと自体がないというのは可能性があるということなので押さえておく。
牝馬GⅠでのサンデーは怖い。


◎フサイチパンドラ
○アドマイヤキッス
▲スイープトウショウ
△ダイワスカーレット
△ディアチャンス
△デアリングハート(追加)

馬連 ◎流し、○流し
三連複 ◎流し、○流し
三連単 ◎→○▲→○▲△△△



土曜の予想

急遽帰郷。現在実家にはネット環境がないので出先で重賞の印だけでもと、軽く更新。


京王杯2歳S

◎イイデケンシン
○ミリオンウェーブ
▲フォーチュンワード
△アポロドルチェ

雨のようなので昨年のような消耗戦を想定、と思ったけどどうなんだろ?同じような予想が多いような気がするし、2歳戦はレースすらまともにチェックできてないので当たる気がしない。まあ軽くボックスで。


福島記念

◎トウカイワイルド
○タマモサポート
▲マイネルフォーグ
△ヨイチサウス
△サンバレンティン


ファンタジーSの予想

2歳戦は特別戦以上しか見ておらず皆目見当がつかないので、ここは素直にPOGで指名しているドリームローズに◎。ポテンシャルと騎手だけでも何とかしてくれそうかなと。あとペースが速くなりそうなので差し馬狙いのスタンスで。

対抗はエイシンパンサー。前走は出来がよくない中でも重賞で33秒台の末脚で4着。調整順調なら新馬のような鮮やかな競馬が期待できそう。

3番手にエイムアットビップ。近2戦で見せたスピードと福永が選んだという点から普通に買い。

これまでの戦績から力差のない差し馬マイネレーツェルまで。


◎ドリームローズ
○エイシンパンサー
▲エイムアットビップ
△マイネレーツェル


アルゼンチン共和国杯の予想

荒れるイメージで、まあ実際そうなのだが、勝ち馬に関しては重賞でも活躍していた馬ばかりが並んでいる。重賞を勝つにはそれなりの実力の裏付けは当然必要というわけだ。ならば本命は重賞連対暦のある馬の中から選びたい。今年のメンバーで重賞連対経験のある馬はネヴァブション、トウカイトリック、ヤマニンアラバスタ、ハイアーゲーム、テンジンムサシ、トウショウナイトの6頭。このうちで嫌いたいのは休み明けで動きが微妙なトウカイ、連対と言っても格という意味で設けた本項目としては実績の見劣るテンジン。アラバスタもスタミナ面の裏付けがなく印象点で見劣る。ハイアーはどれだけいい頃に戻っているかだが、判断が難しいうえ人気をするようでは買えない。

残るはネヴァブションとトウショウナイトの二五のスペシャリストたる2頭。本命は日経賞で上回った点(2キロの斤量差があったが)、前走の内容と上積みを考慮してネヴァブション。トウショウの連覇というのも厳しいかなという後向きな理由もあるのだけど…。ネヴァブションは中山での印象が強いが東京でも2勝を上げているし距離は得意とするところ。調教での動きも上々で叩かれて良化。ここを勝って有馬で穴人気してアレ~ってのを期待したり(笑)

対抗はトウショウナイト。実績は素直に評価できるし、状態なんかも昨年に比べて特に悪いようには見受けられない。人気落ちは望むところ。普通に力を出し切れれば上位。


当初は本命にしようかとも思っっていたアドマイヤジュピタが3番手。前述のとおり重賞経験での選定と、鞍上を見て評価を下げた形。重賞未勝利だった村田が今年はすでに2勝。重賞で3勝目をあげるというのは微妙。“長距離は騎手で買え”というくらいだし評価を下げざるを得ない。とはいえ馬は格上挑戦でも能力上位だと思う。母系はスタミナのありそうな血統で距離も問題ないだろうし、父フレンチDは旬のうちに買いたい血統。人気面も考慮して▲くらいが妥当なところ。

カゼノコウテイは前走淡々とした流れを勝ちに行く競馬をして僅差の3着。その前の新潟の3戦では鋭い脚を使えていたしヤネの競馬次第。52キロは恵まれた感もあり押さえておきたい1頭。

チェストウイングは久々の前走がなかなかの内容。得意の東京に替わって斤量にも恵まれた。昨年の4着もスムースな競馬ならもっといいところがあったと思っているので今年は人気落として妙味。

人気薄からショートローブス。前走のタイムは今年の日経賞の勝ちタイムと同タイム(時期が違うのでなんとも言えないが単純思考で)。自ら仕掛けての差し切り勝ちは評価できる。その前走から4キロの斤量減。松岡が乗っていればとも思うが…チャンスはあるだろう。


◎ネヴァブション
○トウショウナイト
▲アドマイヤジュピタ
△カゼノコウテイ
△チェストウイング
△ショートローブス

◎頭の馬券を中心に、保険で印の馬の軽いボックスも持っておきたい。

カシオペアSの予想

ここはサクラメガワンダーで鉄板!というのが一般的な見解であろうし、僕自身そうは思っているが、盲目的に本命にするのは気が引ける。ましてや一本被り?の人気馬で休み明けというほどではないが間隔の空いているロベルト系ということでちょっと疑ってみたいところ。

シンスケクンやメジロマイヤー、デンシャミチなど行きたい馬が揃って、人気のサクラ@ペリエがそれを見る形で進むだろうということでハイペース。ペースはなかなか落ちずに差し馬の台頭に警戒すべきだろう。

ここは復調気配のマイネルハーティーに期待してみたい。実績のない千八への距離延長も追い込み一辺倒の競馬なら気にならない。それでいて前がやりあえば前崩れでの浮上が期待できる今回は頭まで狙えると踏む。

次いで、サクラをマークしつつ内で溜められそうなマチカネオーラ@福永が対抗。サクラメガワンダーを▲に。
前走で久々勝利のホッコーソレソレー。安定した末脚だが、前走は相手関係や展開に恵まれた感もあり相手関係の微強化などから△評価。
あとは復帰後も期待感から重い印を打ち続けているアップドラフト。近走もそうは負けてないのだが、直線で手応えのわりに伸びきれてないレースのように思われて様子見が必要かもとの思いから△。


◎マイネルハーティー
○マチカネオーラ
▲サクラメガワンダー
△ホッコーソレソレー
△アップドラフト

馬連 ◎流し
馬単 ◎○→◎○▲△△
3連複ボックス


10 | 2007/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。