スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念の予想

いよいよ本年の競馬の総決算ともいえる有馬記念。「有馬当たれば全てよし。」と誰か著名な人が言ったとか言わないとか。とにかく1年で一番当てたいレースのひとつです。

そんな有馬記念。夢を買うというのも有馬ならではの好ましい買い方と思いますが、僕はただ強い馬を買う。それだけです。

勢力図を整理してみると、今年の古馬中距離以上では宝塚とJCの1~3着馬が同じ馬で占められたように実力差が意外に明確で、有馬に出走しないムーンを除けばメイショウサムソンポップロックが頭一つ以上抜けた存在。

古馬としてはここにダイワメジャーが加わってくるわけだけど、昨年よりは衰えがあると思っている点、距離適性と昨年のAメインのように引っ張ってくれる馬不在でディープのような後続馬を捻ってくれる馬もいないという条件では昨年の3着以上は期待できないと踏んでいるのでここで切らせていただく。
その他の古馬陣とは勝負付け済み。マツリダゴッホなんかは中山では底を見せてないとも言われるけども、堅実に走るシルクネクサスを捕まえた程度では力差があると言わざるをえない。しかも首が高く距離延長はマイナス。秋天は東京だったとはいえ勢いが切れて鮮度を落とすのもいただけないかなと。
実力馬ドリームパスポートは馬体は出来ていても中身というか精神面というかやはりまだ完全に復調しているとはいえないと思う。この馬に勝たれるのならしょうがない。

次に、問題の3歳馬。よく言われるのが今年の3歳牝馬は強い、そして3歳牡馬は弱いということ。僕自身考えを同じくしているので、まず牡馬はないという方向。ロックドゥカンブは弱いと言われる世代にあって期待の星だと思うけど明らかに成長途上。菊花賞は不利が大きく能力の底を見せてないけど、レース映像を見直してみるとたとえ不利なく追い出せたとしてもギリギリ勝てたかどうかくらいの感じに見えた。現時点での実力はそのくらいという評価。伸びしろのある分短期間での成長も期待できるけど、世代のレベルから想定して古馬トップクラスには及ばないと思う。来年へつなげるという意味で3,4着くらいの評価におきたい。
次に、強いと言われる牝馬について。ウオッカは一頓挫あった後だったJCでの出来は完調と言えるものだったと思うし、東京二四という舞台で瞬発力の活きる流れと好条件だっただけに有馬への上積みはないかとも思ったが、もう一度JCを見直したらいまさらながらやっぱり強いなぁと思った次第。あれだけの上がり勝負になってしまったらほぼ最後方からの競馬では間に合わないのは当然なわけで、それがさらに一線級相手なのだからあれだけ詰められたことは圧倒的に評価すべき。着順、着差もだけどその実力はすでに古馬トップと比べて遜色なし。
そして、ウオッカを評価すればダイワスカーレットの実力も当然評価せざるをえない。しかし、血統的に兄の評価とも共通するわけで、距離や流れへの対応が微妙。兄よりは距離をこなせているけどもエリ女も最後はパンドラに差が詰められていたように理想的な流れに牝馬相手といった条件が重なってようやくこなせる距離という気もする。秋はすでに3戦を消化しており上積みが見込みづらいならば人気の加減から切るべきところだろうか。


ということで結論。

本命は難しく考えずにメイショウサムソン。いまさら何を言うこともない実力馬。有馬に関しては他馬と比べてとにかく穴が見当たらない。秋は有馬が3走目で消耗も少なく鮮度が重要な有馬では好感の持てるローテ。雨も問題ないし枠も有利な1番枠。他馬にとっての懸念材料もサムソンにとってはプラス材料にすらなっているというこの流れには逆らうべきでない。JCは甘い競馬をしてしまっただけに豊も勝ちにこだわる競馬をするはず。
蛇足だけどサムソンが勝てば年度代表馬もスンナリ決まっていいんじゃないかな?

ウオッカは何と言っても大外問題視される。内に入れない中山で二五を走るとなると内の馬に比べて無駄な動きが増えたりして結構なロスを強いられることになるのはたしかだが、追い込みの利くウオッカには大外一気というのはさほど大きなロスは生み出さないと思っている。内にいたと思っても内が突けない競馬場では大外ぶん回しというのがデフォな鞍上だし。33秒台の極限の上がりを要求されるような流れにはなりようもないレースだし他馬が35秒台のところを34秒台を繰り出せば間に合う計算。力を発揮できるか否か。勝ち負けになる方に賭けたい。

ポップロックはスタートとギアに若干の懸念材料がある。JCではうまくスタートして各馬がすぐには内に寄せてこなかったおかげで好位置につけることができたが、元来あまり出のいいタイプではないため窮屈な中山では大きなロスを生む可能性が高い。また、JCでは前めの好位置につけていたにも関わらず直線を向いたときには馬群の中。ゴール前では若干脚色に余裕があったように、とにかくエンジンの掛かりが遅く勝負に甘い馬。手の内に入れているはずのペリエでそんな競馬を繰り返しているのだから馬の性格なんだろうが、これが器用さを要求される中山では致命的なロスにつながりうる。昨年の有馬でディープが一掃したところを伸びて2着だったのもその辺がうまくいった点も大きいのではないだろうか。
といっても前述のとおり実力としてはサムソンに並ぶトップホース。しかも同じ馬が何度も馬券になる有馬の特殊性と自身の二五という距離への適性はメンバー1とも思うので帳尻は合わしてくるだろうとは思うので相手としては普通に買い。

3着候補としてはロックドゥ。消極的に。

あと最後に穴でちょっと気になるのがコスモバルク。条件は悪くないのでこれだけ人気がないなら紐で押さえたい。


◎メイショウサムソン
○ウオッカ
▲ポップロック
△ロックドゥカンブ
注コスモバルク

馬連 ◎-○
馬単 ◎→○▲注
三連単 ◎→○▲→○▲△注、○→◎→▲△注

3着には何が来てもおかしくないと思うので基本は馬連、馬単でいきたいが、多少高配当を狙って決め打ち三連単も少々。ただ三連単を買うかは流動的。
サムソン-ウオッカの馬連が前日で13倍とは結構つくなあと思ったり。


スポンサーサイト

ラジオNIKKEI2歳Sの予想

誤って記事消しちゃって時間くっちゃったよ…。タッチパッドでよくするミスなんだよね。やっぱりマウスがないとダメだなぁ。今週稼いだらブルートゥースマウスを買おう。


さて、いまだに「たんぱ杯」と言っちゃう出世レースラジオNIKKEI杯2歳S。例年ならコレだ!って馬がいるので予想を組み立てやすいレースなんだけど、今年はそういった馬がいないうえに武とアンカツのお手馬選びでさらに難解になった感じ。

前日オッズ1番人気がサダムイダテン。連対率4割男・アンカツがサブジェクトよりもこちらを選択。フォーティナイナーがたまに出す芝もイケるタイプで母系も日本っぽい軽さがあるので阪神より京都、東京が向く瞬発力過多のタイプのように思う。距離も二千よりもマイルが合うはず。人気馬が強いレースとはいえ誰かがぶち込んだ感じの嫌な人気だしここは見送りたいところ。

2番人気は豊が選んだダノンイサオ。確かに馬の雰囲気がいいし血統的に阪神も向きそうなんだけど、これまでのレースがどうにも温い競馬なのが気掛かり。多少厳しい流れも対応できるとは思うが人気で頭からとは行きづらい。ここは押さえにとどめておきたい。

3番人気がフローテーション。あまり強いというイメージもないが、イメージというのはあくまでこれまでの勝ち方の問題かなと思う。内容自体は緩めの新馬をなんなく勝って、2戦目は厳しい流れ好位からきっちり交わす競馬をしているのだから2歳馬としてはアドバンテージになる対応力を持っているといえる。血統的にも母系が阪神御用達のロベルト系。さらに軽い雨で買いたいSW産駒で雨は歓迎。豊に蹴られた形で印象がよくないが橋口-ルメールラインはディープ@武を破ったコンビという勝負ライン。逆転の目は十分ある。

4番人気のサブジェクトは。前走は不利な外枠が響いたとはいえちょっと情けない着順。坂のあるコースはあまり向かないように思われる血統構成で、脚質的にここを一気に差し切れるようならこれまでにもっと好結果を出してアンカツも手放すようなことになっていないように思う。ペリエの手に合いそうだし能力もあると思うが、上位争いとなるとちょっと流れが悪い。

以下は二桁人気となるが、その中から注目したい馬としては、まずランチボックス。阪神コースは3戦して2着3回とパーフェクト連対。父は阪神御用達のロベルト系。思えば母も阪神で活躍したし阪神適性は抜群なんじゃないか。唯一凡走した京都2歳は瞬発力勝負で自分の競馬ができなかったものと処理できるとして、基本的に相手なりに走れるタイプでアッパークラスでも強い血統なので能力も通用するはず。リーディング争いを諦めてないならここが正念場となる岩田の気合の入った騎乗を期待したい。

続いてショウナンアクロスも人気ほど差がないように思う。前走は昨年の勝ち馬(アサクサキングス)と比べてもコンマ3秒差と遜色ないタイムだった。中盤が緩んだ分逃げ切るには楽できたのも確かだが全体的に見て内容は悪くなかった。しかも、収穫だったのがまともなスタートをきれたこと。本来切れる脚で勝負するタイプでないのにスタートの巧拙で後方からの競馬をして甘い結果を残していたが、前走のような競馬ができればチャンスはあると思う。

他にもマイネルファルケやオリエンタルロックあたりも気になるが、ちょっと足りない気もするので切り捨て御免で。


◎ランチボックス
○ショウナンアクロス
▲フローテーション
△ダノンイサオ

馬単 ◎○▲→◎○▲△
ワイド ◎○▲BOX


阪神カップの予想

賞金額の高さと揃うメンバーから格を重視したいGⅡ、かつ千四という非根幹距離の特殊性も考え合わせ、(根幹距離の)GⅠではもうひと押しが足りないような感じの実績馬を中心視。加えて、格という点では騎手にもGⅠ常連騎手の方がベターだろう。
また、ガンガン飛ばすような馬もおらず、いまの阪神の馬場なら展開上、先行馬や好位差しくらいの馬が優勢だろうと思う。

以上の点を満たす馬となると、シンボリグラン、エイシンドーバー、プリサイスマシーンあたり。自動的にこの3頭が上位。あまり差があるようにも思えないので3頭内の序列は色気のある順で。


◎シンボリグラン
○プリサイスマシーン
▲エイシンドーバー

馬単ボックスと何かに割られそうな気もするので◎○▲のワイドも厚めに買いっておきたい。

フェアリーSの予想

土曜はうまいことワイドをころがして3連勝してたのにメインで撃沈。馬も3連勝は結構あるけど4連勝するのは本物だもんな。僕に4連勝する力量はないか…。まあ己を知るのは大事なことです。今後は3連勝後はリセットしよう。


さて、反省会はここまでとして、せっせと重賞予想。

フェアリーSは馬についてはそれほど情報量がないのでレース傾向から探っていこう。

イメージとしてはスピードに物を言わせて押し切る馬が強いかなぁと。で、この時期になってくると力関係が出てくるようで実績馬がきっちり結果を出してる。ただ、この点は抽選通った馬がGⅠを勝ったように今年の2歳戦線が馬インフルなどの影響で素質馬の出世が遅れてるのを考えると半信半疑ではある。
血統的にはスピード競馬らしくアメリカンなダート血統の活躍が目立つのも特徴。
あとはコース形態のわりに内枠が有利っぽい。まあイケイケのスピード勝負になると外枠の差し馬なんかには確かに分が悪いだろう。


本命は思い切ってコスモグラマラス。父父はレース相性のよいフォーティナイナーで内めの枠をゲットと前記条件をパス。問題は力関係になってくるが、新馬直行なので参考となるのは走破タイム。字面としてのタイムは遅いが、同日最終に行われた古馬500万下とコンマ3秒差ならば悪くない。それどころかその500万下の勝ち馬は次走で1000万下を勝ち、準OPで掲示板、2着馬も次走勝ち上がりというレベルなのだから価値のあるタイムといえる。内容としてもスピードの違いで押し切っておりイメージに合致し、スピードは重賞のペースにも対応できるはず。ここは一発を期待したい。

対抗にエーソングフォー。こちらの方がイメージとしては“いかにも”っぽい馬だが、それゆえに印を一つ落とした感じ。こちらが本命でもよかったんだけど。血統とダートを楽に押し切るスピードとパワーは芝替わりの重賞でも通用する。ヤネは大井のホープということだがペースや仕掛けの判断の難しいコースでもないので押せ押せで頑張ってほしい。

3番手に函館チャンプのハートオブクィーン。阪神JFは後方にやられ直線では接触、距離も微妙な中でコンマ7秒差なら及第点はあげられる内容。函館での連勝は本当に強い内容だったし、母父は傾向に沿うウッドマンで、父は冬の中山で穴を出すジョリーズヘイローと流れ次第で一発が期待できそう。

どうにも人気薄ばかりだが、ここでビーチアイドルが4番手。母系はアメリカンな短距離系統らしくスピードのある馬。実績も申し分なくここは上位だが、前走がチグハグだっただけに悪い方向に出ていることを懸念して印を下げた形。本来の実力ならここも押し切れる力はあるはず。

サマーエタニティは思えば未勝利でエイムアットビップを逃げて完封した馬。近走も連続3着しておりここまで人気を落とす馬ではない。外枠は嫌だが前につける脚はあるのでさほどマイナスにはならないだろう。


◎コスモグラマラス
○エーソングフォー
▲ハートオブクィーン
△ビーチアイドル
△サマーエタニティ

人気薄ばかりになったので馬連ボックスで十分でしょう。


愛知杯の予想

先週の惨敗もあり有馬に向けて無理をしたくない週。目標はぽてんヒット+送りバントで来週につなぐこと。精神的にもそんな感じ。

時間も制約されてるし意欲も湧かないので極々簡単に。


◎シェルズレイ
○アドマイヤキッス
▲ディアチャンス
△ピースオブラヴ


いまの中京芝なら前有利だろうってことで中京で行われたローズSで好タイムでAキッスの2着だったシェルズレイに期待する。ハンデ差で逆転可能だし、とにかく行くだけ、自分の競馬をするだけなので決め打ちはしやすい。

Aキッスは斤量微妙もハンデとしては妥当でこなせる範疇。アンカツで先行したらまず崩れないと思うので普通に買う。

ディアチャンスは秋に結果を出してる札幌記念上位組。斤量も手ごろ。自在性があるので不利がなければ上位。

穴ではピースオブラヴ。前走は評価できる内容。ここでならハンデを味方につけてなんとかできる。


オッズ次第でボックス。基本は◎流しの馬連と◎-△ワイドで。

朝日杯FSの回顧とか

朝日杯はスタートから印3頭ともに想定通りの好位置に付けロスなく進め、直線を向いたときはパーフェクトと思えるほど思惑通り進んだが…レッツゴーキリシマの粘り込みは大誤算だった…。ドリームシグナルを高評価にしたのだから同レースでしぶとかったキリシマももう少し評価すべきだった。正直イメージ先行で物差し程度にしか見てなかったところがあり猛省すべき。とはいえマイル経験もなくこれまでの相手関係と戦績、さらに幸とあってはちょっと拾えないか。

むしろキャプテントゥーレが交わせなかったことの方を悔やむべきかもしれないとも思うが、ああいう脚色になるのは血統や馬体から想定していたことであり現時点では仕方ないところ(と言いつつ本音は交わしてほしかった…)。マイルCまでにはもう少しパンとしてくるはず。

勝ったゴスホークケンについてはスタートの速く、スピード、持続力も高い水準にあり、マイル路線では世代で頭一つ抜けた存在にありそう。大型馬だけにこれ以上の成長となるとわからないが普通に強い。

ドリームシグナルはスムースな競馬をして結果、前と離されているのだからちょっと力不足。
それ以下についても枠や展開の不利があるにしてもあっさり負けすぎに思う。
アポロドルチェはロスが大きすぎたとは思うが、現時点での完成度が高い部類の馬だけにここで結果を出せなかったのは微妙。スズジュピターはスムースとはいえない競馬だったことと、右回りだったこと、馬体の緩さや気性を考慮すればもう少し伸びしろはありそうか。あとは同じく骨格のわりに緩いヤマニンキングリーは血統面からも成長の余地がありそうか。


それにしても今週は無理しないつもりがパラパラといらぬレースに手を出してしまい結構な損害を被ってしまった。競馬を楽しめたのはいいのだが、やはり的中させてこその競馬。次週はGⅠもないし有馬へ向けて資金も運もデータもしっかり貯めこんでおかねば。

朝日杯フューチュリティSの予想

中山千六は多くのところで目にするようにスタート後にすぐにカーブがあるため位置取り争いにより外枠の不利が顕著なコース。特に7,8枠はほとんど死に枠で、ダッシュ力の違いで先手を奪えたメイショウボーラーしか連に絡んでいない。
能力が抜けている馬ならともかく、今年は3勝馬が1頭もおらず実力的にはほぼ横並びと考えると、馬場やコース、展開からは例年以上に先行馬が有利かつ無難。特に今年は例年以上に短距離志向の行きたがりがいないことで拍車がかかりそう。朝日杯は実力があるかよりも実力を発揮できるかが特に問題であり、外枠を引いた馬やダッシュ力が弱く不利を受けやすい馬などは大きく割り引くべきだろう。


その辺を考慮したうえでも本命はPOG持ち馬のキャプテントゥーレを押したい。
デイリー杯は期待に応えて重賞勝ち。相手ぼちぼち、2番手で折り合い中盤緩みが入って末脚勝負と正直流れに恵まれた感もあるが、離しているし脚にもまだ余裕があったように能力は非凡。ただ元々マイルC目標で指名したので中山の坂は正直微妙。デイリー杯勝ち馬は過去10年(7回出走)で2,3着は5回もあるのに1着がゼロであるように京都→中山というコース変化は坂の有無→パワーの有無につながっているように思う。その点でトモの筋肉の付き方など馬体はいまだ途上の本馬には不安材料だが、それでも坂路で50秒を切っているように少しずつパワーをつけて馬体にまとまりが出てきており、克服できるものと思っている。とすれば先行する脚もあるし坂は力を発揮するうえでは考慮すべき点ではなく条件は決して悪くない。人馬ともに好結果を望む。

対抗はドリームシグナル。前走は道中は流れに乗って好位置だったのに直線では壁に阻まれかなり後方になり、そこから馬場の悪い内の狭いところを突いて抜けてきた根性は高評価。勝ったアポロの方が完成度が高くインパクトでは譲るが、ちょっとした条件で逆転できるものだと思っている。その逆転の条件にしても好枠を引いたことで十分だし、馬自身は積極的に先行するタイプではないが脚質に幅があり、ルメールを確保できた点が大きい。

一発がありそうなのがゴスホークケンが▲。前走時は骨膜の関係で調教をセーブしたとのことで結果がプラス12キロ。新馬を500キロで使った馬が2戦目で大幅馬体増はやはり調整がうまくいかなかったということの表れ。それでさほど離されずに4着に踏ん張れたのは評価できるし、距離短縮はおそらくプラス材料。さらには抽選突破の強運に、そのついでに最内枠をゲット。最内というのはゴチャつきにより下げざるをえない不利を受ける危険が高い枠だが、レースを見る限りゴスホークはスタート後の脚がなかなか速くむしろプラスに働くはず。ただちょっと売れ過ぎ…。

波乱の少ないレースでの混戦ということで頭数を絞って手堅い馬券で攻めるのが懸命とみて3頭で勝負。


◎キャプテントゥーレ
○ドリームシグナル
▲ゴスホークケン

馬連、ワイドボックス


鳴尾記念の予想

コース形態なのか馬場なのか欧州血統の潜在スタミナのあるタイプ向きで、かつスピード差を誤魔化せる程度に前で競馬ができる馬が狙いどころとなる。

この条件に合致するシルクネクサスが本命。阪神と相性のよいロベルト系(というより昨年の勝ち馬と同父と言った方がわかりやすいか)で、ある程度前で競馬もできる馬。前走はメンバーの揃った秋天でAムーンと差のない7着なら実力は十分。オープンでは堅実に結果を残してる馬だし、未知数で人気する3歳馬よりは馬券としては入りやすいだろう。

レインダンスは正攻法でダスカの1馬身後ろを走れる実力のある馬なので古馬・牡馬相手でも見劣りはしない。血統はいい意味で重めが入っていて脚質も最近は幅が出てきた。53キロは有利だしあえてここを使うくらいだから陣営も自信があるのだろう。

レベル疑問の3歳牡馬だが世代一と思っているのがAオーラ。故障明けに加え先週熱発があったらしく状態が微妙。しかも後方からとなると分が悪いがそれでも出てくるからにはそれなりの結果を出してほしいところ。

ドリームジャーニーもAオーラと条件はさほど変わらない。ただオーラの方が脚質に幅がある点と人気からこの番手。

阪神コースで56キロとそれなりに条件が揃った感があるのがアドマイヤフジ。血統的にも相性はよさそうだが、外枠を引いてスピード不足を補えるかが微妙。休み明けはさらに微妙。川田だし展開が向くようなことがあればチャンスはありそうだが…。適性重視で買う。


◎シルクネクサス
○レインダンス
▲アドマイヤオーラ
△ドリームジャーニー
△アドマイヤフジ

ボックス風味。

阪神JFの予想

昨年の阪神JFで学んだのは、外枠は不利、流れ次第とはいえ結構力通りの結果になりやすそうってこと。
土曜には同条件が3鞍のラップとエイムアットビップを筆頭にした行きたい馬が揃ったこと、外国人騎手の参戦を考慮すると、そこそこ速いペースに早い動き出しで持続力よりの総合力が求められそう。

ということで馬番順に各馬短評。

ヴァリアントレディ・・・力関係の掴めない新馬直行組で特に強い印象もダメな印象もなくすごく微妙。来たら仕方ないということで。

トラストパープル・・・何気に出世レースになりつつあるくるみ賞勝ち馬。昨年の勝ち馬ピンクカメオ、一昨年のスーパーホーネットと比較してもやや重で補正で遜色ないタイムで勝っている。問題はヤネが今年2つ目のGⅠをしかも関西圏で勝ち負けできるかどうか。勝ちきるには全体的に地味すぎる。

レジネッタ・・・強調点は鞍上強化くらいか。というかそれすらも下手に人気する分余計に微妙。前走は溜めた分は伸びたといった感じ。そういやアエローザって懐かしいな。

アロマキャンドル・・・思ったより人気。前走ではスマイルジャックにアポロドルチェを破っており実力はなかなか。ただ、前走は前記2頭と比べて若干流れに恵まれた感があるのも否めない。内で溜めて流れに対応すればということで相対的な押さえ評価。

ニシノガーランド・・・さすがに…。

シャランジュ・・・これまでの負けたレースも含めて、溜めた分は伸びるタイプでかつ血統的に持続力がありそう。前崩れの展開なら面白いと思う。

マイネブリッツ・・・足らない。

ハートオブクィーン・・・函館2歳Sの競馬は強かっただけに前走だけで評価を下げるのはどうかだが、相手関係が微妙なうえ洋芝向きのパワータイプでしかない可能性が…。

レーヴダムール・・・新馬直行の馬で後方からの競馬で差しきれるほどに能力が抜けているようには思えない。漁夫の利的に上位に進出する可能性はなくはないが、微妙に穴人気してる感と藤岡への手替わりでは買う気にならない。

エイムアットビップ・・・いかにもスピード馬。開幕週で多少粘り込みもあると思うが、距離延長に坂、前走の競馬からあまり買いたくない。

オディール・・・特に強調点もないが減点材料が見当たらない優等生タイプ。距離延長も気性や前走の競馬っぷりなら問題なさそう。総合力から普通に買い。

グラーフ・・・足りない。

カレイジャスミン・・・前走は質的に無難な内容だが勝ったことに意義があるか。評価すべきは総崩れの展開を前々で競馬して4着に踏ん張った札幌2歳Sだろうと思う。流れ次第で面白い存在だと思うが、そこのところは面子やヤネを含めて過度の期待はできないし、やはり力関係に疑問が残る。

ラルケット・・・前走は仕掛けどころで囲まれてしまい抑える不利があっても突き放しきった内容は着差以上に強かった。相手関係が楽だった感もあるが、前後半でほぼイーブンの流れを34秒フラットの上がりでまとめたのはなかなかのもの。同日の1000万下よりタイムは劣るが次走のマイルを考えるとラップの刻み方がよい。調教なんかを見ても走りにいい意味で余裕が感じられ距離延長も問題なし。あとはパスキエに期待。

トールポピー・・・クラブ馬でPOG人気から必要以上に人気するんだろうな。前走が千八なのは好感も勝ち馬に切れ負けした点は不満。松国の馬らしく骨格に比べ腰が甘い印象があり坂のある阪神で前走以上の結果となると疑問。

ヤマカツオーキッド・・・前走は崩れるのも仕方ないとはいえ、コスモス賞は温すぎる競馬での勝利だけに能力的に微妙。久々もどうか。

エイシンパンサー・・・意外に人気していない?気性と脚質的に外枠は大幅減点。先週一仕事終えた岩田だしここは見送り。

エフティマイア・・・同じく大外が大幅減点。


◎ラルケット
○オディール
▲シャランジュ
△トラストパープル
△アロマキャンドル


◎流しの馬連、馬単
保険+高配当狙いで三連複ボックス


社台丼や母父サンデー丼とか簡単な予想が意外に的中の近道のような気も…。


ステイヤーズSの予想

叩いて順調、距離延長、ルメールを配したトウカイトリックでしょうがない。どうせ人気するだろうし、中山のような小回りは向かないタイプであることを考慮して多少逆らってみたい気持ちもあるが、昨年2着のタイムとコース実績もあるし、何より逆転の目のありそうな馬が特に見当たらなず。この馬を切って馬券を構成するよりもこの馬からガッチリ勝負する方が賢明だろう。

トウカイトリックから入るとなるとなかなか他の人気馬は手が出せない。疑わしき人気馬は消しの方向で。

実績馬という意味では中山替わりで逆転の目もありそうなのがネヴァブション。アル共では◎を呈したが期待ほどの結果を出せず。連勝期を越えてマーベラスの不調期に入ったか?距離延長も斤量も好ましくないし人気するなら買いたくない。

エイシンダードマンは菊花賞4着とはいえ実力疑問の現3歳世代(牡馬)にあって距離適性とスムースな競馬で相対的に浮上したような4着で大きく評価を上げる気にはならない。今回も相対的に浮上する見込みは十分だし松岡も気になるがあえて買うほどではない。

アドマイヤモナークはメンバー中の実力でいえば明らかに上位だけに、休み明けと距離あたりが嫌われれて人気がないなら買いたい1頭。

アル共でも穴馬として注目していたショートローブスだが、その前走はやはりというか左回りがダメだったようで得意の中山になれば変わり身もありそう。勝浦で大外というのはいただけないが人気もないだろうし押えておきたい。

昨年3着好内容だったチェストウイングも流れ次第で。

あとは先行できれば差のないマキハタサイボーグが3着紐で。


◎トウカイトリック
○アドマイヤモナーク
▲ショートローブス
△チェストウイング
×マキハタサイボーグ

三連単 ◎→○▲△→○▲△×


土曜阪神7R新馬戦のPOG持ち馬ファリダットに注目。

11 | 2007/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。