スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

テスト
スポンサーサイト

フェブラリーSの予想



◎ヴァーミリアン
○メイショウトウコン
▲ドラゴンファイヤー
☆フジノウェーブ
△フィールドルージュ
×メイショウバトラー

馬単 ◎1着流し、○▲→◎
三連複 ◎流し
三連単 ◎→○▲→○▲☆△×


能力は大前提として、重視したのは馬の充実振り、ここ一番の仕上げができているかどうか。また、土曜の同コース(1600万下)のタイムが1.38.2と時計が掛かっていることと、緩みのほとんどないコースであることを考慮して馬力のあるタイプを選択。

more...

土曜重賞予想

保存ボタンを押すと同時になぜか記事が消失…。意味わからん。時間がないなりに多少の文章を付けていたのに。ほぼ印だけになりますた。

クイーンC

◎エフティマイア
○ラルケット
▲リトルアマポーラ
△シャランジュ
△デヴェロッペ

引退する矢野進師弟に期待する。馬連◎流し、三連複ボックス。


京都記念

◎アドマイヤオーラ
○アドマイヤフジ
▲ウオッカ
△トウカイトリック

三連単◎○2頭軸マルチ

きさらぎ賞の予想

京都千八の条件のわりに瞬発力勝負にならない稀有なレース。それもあってか意外にサンデー系は良績でもなくて、過去の好走馬を見ると昨年の菊花賞馬アサクサキングスを筆頭に欧州型血統が目立つ。しかも後に長距離適性を見出す馬が多い印象でそれだけスタミナ重視のレースなんだろう。
脚質的には先行タイプが有利。

上記条件をきっちり満たすのがメイショウクオリア。共同通信杯の影響か随分と人気が落ちているが、相対的に見てもここまで人気を落とすほど力差があるようには思わないので妙味も出てきて願ったり叶ったりの本命。

対抗はスマイルジャック。レベルを評価できるレースで相手なりに走ってきた実力馬。ここはクラシックに向けて賞金を加算しておきたいところだろう。

ブラックシェルは内に入って豊の溜め殺しがなければ普通に上位だと思う。


◎メイショウクオリア
○スマイルジャック
▲ブラックシェル
△13,14,15

馬単◎○▲ボックス
三連単◎○▲→◎○▲→◎○▲△△△

ダイヤモンドSの予想

タフさを問われる長距離戦。今年は例年以上に馬場が悪い印象があるので余計にタフさが問われるんじゃないかと思う。ゆえに、長距離を走って消耗している中で直線だけで順位を押し上げるのは簡単なことではなく4角での位置取りが重要になってくる。また、「長距離は騎手で買え」の格言通り流れを見て4角でできれば脚を残していい位置につけられる腕を持った騎手も重要なファクターと言える。さらに、消耗戦では斤量も大きなファクターになってくるだろう。

以上を考慮し、本命はマンハッタンスカイとした。迎春Sからは上位3頭が揃って出走しておりその中では3着と着順は一番下だが、レース内容が最もタフだったのはこの馬だった。スタート直後に若干絡まれ、さらに向正面ではビッグベアシチーに絡まれほとんど息を入れられずに残り1000地点では1F11.4の加速を強いられ、ようやく競り落とした頃には直線で、既に外からエフティイカロスが上がってきている状況。それでもコンマ1秒差に粘ったタフさは評価に値する。今回は特に絡んでくる馬いない組み合わせで東京の広いコースならマイペースで逃げることができる。
鞍上についても大先生の近年の重賞勝ちの多く(というか05年からの10勝全て)は逃げ先行でのもの。条件戦でも無難な(安定したというイイ意味で)先行策は最も得意とするところ。意地を見せてほしい。

対抗にテイエムプリキュア。前走は重賞で3着し長距離シフトで2歳女王がようやく上昇ムード。騎手が東京かつ長距離を乗り慣れていないことで本命にはできなかったが、調教もよく動いており、引き続き恵量のここは上位に食い込むチャンスは十分あり。

単穴にラムタラプリンス。まだ1000万下の馬だが、近走は相手なりに走っており、充実ぶりが目立つ。小柄な馬だけに51キロのハンデは他馬以上にプラスに働きそう。

以下、近2走で◎と▲を破っていて好位から競馬できるエフティイカロスとエルコンと騎手が魅力のミストラルクルーズが押さえ。後者はもっと重い印を打てそうだったが、いかにも穴人気しそうだということへの反抗心と個人的に母系がより強く出ている印象があり長距離の消耗戦はそれほどプラスではないかなというのがあって押さえまでとした。
あとトップハンデでも実力は明らかに上だけにアドマイヤモナークもやはりはずせないだろう。


蛇足だが、その他の人気になりそうな馬について。
エイシンダードマンは長距離向きだがエンジンの掛かりが遅くスピードもあまりないため後方から競馬をしたときにジワジワ伸びても圏内まで差を詰められない公算が高そう。
ブラックアルタイルは距離が延びていいタイプには思えず、前走からの反動も気になる。
コンラッドも距離適性に疑問が残る点と脚質から厳しいと判断。


◎マンハッタンスカイ
○テイエムプリキュア
▲ラムタラプリンス
△エフティイカロス
△アドマイヤモナーク
△ミストラルクルーズ

馬連◎流し
三連複◎流し+保険で○流し
ワイド◎○▲ボックス

どうか「抜け」ませんように!

すばるSの予想

土曜はあまり食指の動くレースがないのでここだけ勝負。


◎マイネルスケルツィ
○マイネルアルビオン
▲ダンディズム
△ゼンノパルテノン

このメンバーならスケルツィ。前走は不得手の東京、メンバー構成を考慮するとそこそこの競馬で今回は右回りに相手弱化っぽいなら見直すべきところ。前々走はタイム、内容ともに評価できるものだし、単純に能力に期待できるので。あとは増えた馬体重が輸送で絞れれば。
2番手は初ダートで上々の結果を出したアルビオン。大外は砂を被らずに末脚を活かせるのでこの馬には悪くない枠。柴山が乗りにきてるのも好感。
一発は休み明けがどうかだが能力の高さに期待してダンディズム。あとは京都に良績を持つゼンノパルテノンまで。
馬連◎絡み厚めのボックス。

収支としては大勝できたけど、勝った気がせず終了。やっぱり共同通信杯はモノにしておきたかった。
11番人気マイネルスターリーを◎指名してなおかつサダムイダテンを軽視し手広く構える姿勢を見せておきながら…痛恨の抜け。ショウナンアルバは若竹賞でも馬券を買って能力を高く評価していた1頭だったのに…ただ気性的に抑えが利かないだろうというのと血統的に中山>東京だろうということで悩んだ挙句切ってしまった。結果暴走したのは同じショウナンでもアクロスの方で、アルバの方は直線抜け出して押し切るという強い競馬。自分の中のイメージでは前述のとおり中山>東京なので皐月賞はこの馬が最有力ということでいいかな。
サダムイダテンはオーシャンエイプス臭が漂ってきたっぽい。まあ春を戦える賞金はあるし、能力は並以上は間違いないのでどこかで結果を出してくるだろうと思う。
他はクラシックとなってくると能力的にどうかなと思うレベル。ただマイネルスターリーは心情的に応援したいかも。

それにしても人気薄◎の複勝やワイドすら買ってないというのはどうなんだろう。長期的に考えるとリスクヘッジを考えて馬券を買うべきなんだけど、利益を追求するなら狙いを定めた以上は下手にリスクを考えるのは発想として失敗を受け入れているわけでよくないかなとも思うわけで…。手広く買うってのもそういう意味じゃ失敗を恐れてという意味合いも含むんだろうけど、単純に力関係上絞りきれない場合は仕方ないところだし。この辺は馬券を買うたびに悩むところで、しかも失敗して後悔する事になるのが大半。この辺はちょっとずつ修正していくしかないのだろうな(と言い続けてこのブログも何気に3年目に入ったわけですが…)。

最近は神の導きか悪魔の囁きか、テスト中だというのに照準が合ってきたようなの気がするでさらに気合を入れて馬券道を邁進していきたいと思います。


んで、ちょっとした展望。

混戦3歳世代では今週はきさらぎ賞。ここもなかなか面白いメンバーが揃いそう。個人的にはファリダットを応援したいのだけどここ2戦の内容からはまだ緩さがあって厳しいかなという印象。ここはブラックシェル、スマイルジャックあたりが有力か。あとダイシンプランの巻き返し。

ダイヤモンドSは低調なメンバー構成。アドマイヤモナークの相手探しの一戦になりそう。現時点で気になった馬はダークメッセージ、エイシンダードマン、ミュージックホーク、ラムタラプリンスあたり。




共同通信杯の予想

話題のサダムイダテンについては前走の伸びは出色だったし、血統的に東京は合っていると思うので過度な期待度を別にして評価するが、わざわざ抜けた人気馬から買う必要もないと思うので△でいいかなと。

過去を振り返ると、トニービンの血が驚くほど強いレース。今年は父ジャンポケのニシノシュテルンしか出走していない。前走は未勝利勝ちからの重賞挑戦→厳しい流れを後方から→中山で伸びきれず→それでもコンマ4秒差というのは悪くない。東京で変わってもよさそう。

ただし、本命はマイネルスターリーとした。父はトニービンと同じグレイソヴリン系であり、今後の主流たる母父サンデー。前走は休み明けはともかくとして出負けと馬場が敗因で度外視。休養前の萩Sでは差のない競馬をしてサブジェクトを上回っているだけに能力はなかなか高く、休み明けを叩いての遠征連闘策は状態のよさと陣営の気迫が感じられるだけに狙ってみたい。

次いでショウナンアクロス。スタートの決まらないレースが続いて力を発揮できていないが今回はブリンカー着用で広い東京コースということで見直す手もある。

以下、上位人気馬へ。人気薄からなので手広く買う予定。


◎マイネルスターリー
○ニシノシュテルン
▲ショウナンアクロス
△サダムイダテン
△スマートファルコン
△タケミカヅチ

馬連・三連複◎流し

予想をうpしない時に限って当たるの法則





というか“真面目に予想するより安易な発想の方が当たる”の法則か。小倉最終週の千二なんて外枠の差し馬を買っときゃいいんだろっ!ってな発想。

ブログの予想の精度や信用より金です。明日も頑張ります。

日曜の予想

テスト勉強の息抜きにメモ程度に地味に更新。息抜きの方が長っかたり…。

小倉9R ◎ウインドストーム
関東から小倉最終日のみのピンポイント出走。クロフネは小回り向きではないけど中山、小倉は案外いけるクチ。外枠引いたのも好材料で、前走1番人気馬が人気そこそこで、乗れてる中舘なら狙ってみたい。

京都9R ◎ドリームキューブ
前走は相手関係が厳しく瞬発力が見劣ったが、今回は相手弱化に距離延長、馬場も適度に渋っており逃げ切り濃厚。それにしてもブライト産駒は地味に活躍するなあ。喜ばしい。

小倉10R ◎トシナギサ
前走の勝ちっぷり、調教の動きからここは逆らえなさそう。相手筆頭はクラス実績のあるエイシンカマンダー。以下、2,7,15,16あたり。



シルクロードSの予想

また雪で中止ですか。安全とフェアな開催のためには仕方ないですね。3日間競馬を楽しめるのもうれしいですし。あとは馬券が当たればよろしいかと思います。


さて、本来京都千二はスピードで押し切れる軽いコースだが、この時期の京都は馬場の内が荒れて外差しが決まりやすくなる。まして雨や雪の多かった今開催の消耗は相当激しいはず。となれば狙いは当然外差しの利く切れ味のある馬となる。あとは馬場に適応できる馬および馬場を気にして各馬が外に流れたときに内を掬える馬を紐で。

本命はペールギュント。これまで勝利には届かないも常に安定した末脚を発揮してきた。サンデーの短距離シフトパターンでいまや千二がベスト。また直線に坂のない京都も相性がいい。ハンデは見込まれたが馬格があるので気にならないし、調教でも好反応を示しており状態も上々。ルメールを乗せてきたのも勝負気配が漂う。今回は条件が揃っており久々の重賞勝ちのチャンス。

対抗は狙いとは多少ズレるがアイルラヴァゲインとした。スプリントでは安定勢力といえるだろう。鉄砲も利くタイプで陣営もこの馬に関しては毎回きっちり仕上げてくるので状態に問題はないと思う。京都より直線に坂のある中山や阪神の方が向いていると思うが、その分は渋った馬場と上手く相殺する感じのイメージ。まあ個人的な思い入れも込みでの○評価。

▲がサイキョウワールド。昇級後は結果が出せていないが準OPではエイシンデュピティを下している実力馬。前々走で距離延長で逃げさせたことで馬が前向きになったのか前走は下手な競馬をしたわりに差のない競馬ができた。その後も状態は上昇カーブ。近親にはデュランダルがいるように一発の切れ味が期待できるだけに狙ってみたい1頭。ただ思ったより人気しているっぽい。

押さえはクールシャローンとアグネスラズベリ。前者は京都千二で3走連続好走中で充実ぶりが目立ち軽ハンデが魅力。後者は先週のフレグモーネによる回避が気掛かりだが、陣営がゴーサインを出したのだからOKなんだろうということで人気の上がらない実力馬ということで押さえ。ともに上手く内を掬えるタイプだと思う。

さらに穴でアサカディフィートと同世代のリキアイタイカンを買ってみたい。これまでもほとんどが1秒以内の負けとそれほど負けておらず、それらから3キロ以上も軽い今回は53キロの恵量が叶った。時計のかかる渋った馬場は大歓迎だし京都では重賞好走暦もある。あとは末脚が嵌るか否かだけ。

最後に、アストンマーチャンはGⅠ勝ち後に燃え尽きたように惨敗し、その後放牧され立て直しを図られたようだが、今週の調教を見た印象として以前の重戦車のような迫力をまだ欠いているに感じられた。展開も不利とみているので今回はバッサリ消しで。


◎ペールギュント
○アイルラヴァゲイン
▲サイキョウワールド
△クールシャローン
△アグネスラズベリ
☆リキアイタイカン

馬単・三連複◎流し 他

小倉大賞典の予想

冬の小倉開催も最終週か…行きたいんだけど…テストが…。小倉開催って夏も冬も大学のテスト期間と被ってなかなか行けないんだよね…。ホントなんとかならないものか。こうなったら馬券で稼いで春には遠征してやんよ!


さて、小倉千八は平坦小回りということでペースが緩まないのが特徴。スムースな競馬をすることとスピード持続力が重要で、血統的にはグレイソヴリン系(ナスルーラ系)に注目。馬場が荒れてきているので外差しが決まりそうかな。

その辺を考慮して本命はマイネルフォーグ。正直重賞2着2回という実績も相手関係からして地力面で半信半疑なところはあるが、斤2走の内容なら勝負になると判断。
前走はマルカシェンクと同斤量でしかも中山マイルで不利と言われる外枠でコンマ4秒差。外からジワジワ伸びてきたのがいかにも持続力のありそうだった。今回のマルカシェンクとのハンデ差3キロは有利。スムースに運ぶには丁度いい枠を引いたので末脚嵌れば。

母父トニービン(グレイソヴリン系)のフィールドベアーが対抗。甘いところがあるが実力は重賞で通用していいレベルだし平坦な小倉は好条件。こちらも外枠はスムースに競馬が運べる点でプラス。あまり人気しないでほしい。

▲は能力を買ってマルカシェンク。父サンデーなので瞬発力>持続力ではあるが前走が中山マイルを地力で押し切ったあたりに休みを挟んで馬の質に変化があったんじゃないかと推測。スムースな競馬ができるかだけ。

連下には小回り適性と人気落ちの実力馬ということでシルクネクサス。リピーターレースでもあるのでアサカディフィート、あとはパワータイプを出すSS×ヌレイエフということニルヴァーナまで押さえておく。


◎マイネルフォーグ
○フィールドベアー
▲マルカシェンク
△アサカディフィート
△シルクネクサス
△ニルヴァーナ

馬連、三連複◎流し


根岸Sの予想



◎リミットレスビッド
○ワイルドワンダー
▲トラストジュゲム

馬単ボックス


京都牝馬Sの予想

東京開催中止。天気許すまじ。


根岸Sばっかり考えてて京都牝馬Sは考えてなかった。

なんとなくブルーメンブラットでいいかと思ってたけど重賞勝ちもないのにこのメンバーでこんなに人気を集めちゃあ危険な香りがしてくる。元々1番人気の成績の悪いレースでもあるし…。近走(特に前走)は確かに評価できるんだけどね。

アドマイヤキッスはGⅠではパンチ力不足だけどGⅢでは格上の存在。人気を吸われて割安感も出てきたし、土曜に高率コンビのアンカツ&マツパクがやらずだったので日曜の巻き返しの期待は十分。崩れないタイプだし恵量の今回は普通に買い。

だけども本命はカタマチボタン。桜花賞では怪物牝馬2頭に次ぐ3着と健闘した馬で能力は高い。故障療養後、復帰2戦目の前走で前進。前向きなレース運びで内容も悪くなかった。その後もここを目標に調整され上昇気配。牝馬限定マイルは好条件で渋った馬場も血統的にも脚質てきにも望むところ。最近は関東を主戦場にしている藤田が根岸Sのトーセンブライトよりもコチラを選んだのは馬を評価してのものだろうと思う。好調藤田の2日連続重賞Vを期待。


◎カタマチボタン
○アドマイアヤキッス

馬連、ワイド。


東京新聞杯の予想

ダイレクトキャッチ出れなかったのね。ちょっと期待してたんだけど…。


毎年瞬発力勝負になるレース。瞬発力ならサンデー。ということで本命はハイアーゲーム。有馬は条件が悪かったので度外視。鳴尾記念はなかなか味な競馬だったし得意の東京ならもっといい脚を期待できる。距離に関してはこれまでが長距離でダラっと走ってきたけど千八で好成績をあげてるあたりからも普通にこなせるのではないかと思う。要は自分の競馬ができるか。

相手筆頭はカンパニー。ここでは格上。こっちが本命でもよかったけど、サンデー系を狙いたいのと妙味で譲った形。

3番手はカネトシツヨシオー。昇級後2戦で差のない競馬をしており着実に力をつけている感じ。終いはしっかりしておりここでも引けをとらない。

以下、実力のある牝馬2頭。ピンクカメオ、ジョリーダンス。前者は強い現4歳牝馬にあって上位に位置しておりGⅠ勝ちの舞台で前進が期待できそう。後者は路線トップクラスで戦ってきただけにここも切り捨てるわけにはいかない。ただ買うなら前走だった感が漂うので△まで。

あとはサイレントプライド。先行馬だけど能力自体もあるし母父サンデーで突き放す瞬発力もあるし押さえ。


◎ハイアーゲーム
○カンパニー
▲カネトシツヨシオー
△ピンクカメオ
△ジョリーダンス
△サイレントプライド

01 | 2008/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。