スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンタレスSの予想

差し馬が多いメンバー構成。実力もあって斤量にも恵まれ展開も向きそうとなるとフィフティーワナーには逆らえないか。

相手は良化してゲートも安定してきた実力馬マルブツリード、勢いの無視できないBT産駒ゲイルバニヤン、切れ味タイプの差し馬白帽2騎。


◎フィフティーワナー
○マルブツリード
▲ゲイルバニヤン
△メイショウトウコン
△ナナヨーヒマワリ
スポンサーサイト

フローラSの予想

う~…風邪引いた。寒暖の差の激しい日が続いてるからなぁ。生活も不規則になってたし。GWまでには治さないと。みなさんもお気をつけください。


さて、フローラSは過去の傾向からスタミナ重視のコース。とはいえ開幕週でもあるしある程度の決め手はほしいところ。
また、スタートしてすぐにカーブがあることや騎手の意識もあってか外枠が不利。

本命はカレイジャスミン。骨量豊富でパワフルな馬体やしぶい血統、阪神JFで見せた粘りなど潜在的なスタミナを感じさせる。戦歴からの経験値が高く、混戦のトライアルでは武器になる。東京コースではいい決め手を見せて快勝したこともあり、権利獲りのチャンスは高いとみている。

対抗にアグネスミヌエット。前走は勝ちに等しい競馬で能力はここでも十分通用。血統的にもいい渋さがあり東京二千向き。四位が乗りにきたのもチャンスがあってのことだろうし、内枠有利のコースにあって最内枠、インにピッタリの競馬ができる騎手と条件はよい。ただまだ2戦しかしておらず経験が少ないため何かと裏目に出る可能性も高く本命にはしなかったが。

単穴でシングライクバード。条件はよくないと思うが、2戦前のつばき賞はなかなか好メンバーでそこを完勝した実力はここでは一番のものと評価している。流れひとつだろう。

以下、前2戦を評価してレッドアゲート、東京向きで見限れないギュイエンヌが押さえ。


◎カレイジャスミン
○アグネスミヌエット
▲シングライクバード
△レッドアゲート
△ギュイエンヌ

福島牝馬Sの予想

皐月賞は応援しているとか掲げながら本命にしなかったキャプテントゥーレが見事逃げ切り…。自分の人間性疑うわ…。まああんなに緩くて御あつらえ向きな流れになるとはさすがに読めなかったけど…。もう少し一貫性を持つべきだよなぁ…。そんなキャプテントゥーレに骨折が判明。年内絶望とのことで大きな勲章と引き換えに残念な結果に。まだまだ成長する馬体のつくりだと思うのでしっかり体を作って帰ってきてほしいと思う。それにしても僕の応援する馬って悉く…。うー…。


今週から開催替わり。心機一転頑張ろう!

さて、開催替わりと言いながら土曜唯一の重賞は開催の続く福島での牝馬限定戦・福島牝馬S。
牝馬限定戦ならサンデーを買っとけってのが通説だったんだけど、今年はついに出走馬ゼロ。次いで相性のいいフジキセキも出走なし。一方でタキオン産駒などは結構な数が出てくるが、それもなんだか安易な感じがする(>こういう発想が一番怖いと思いつつ…)。
そこで、同じサンデーの流れを汲む馬で攻めるなら母父サンデーこそが狙い目と考える。
母父サンデーはヤマニンメルベイユ、ダンスオールナイト、アイスドールの3頭。

先週が雨で重馬場だっただけに多少回復していてもそうそういい馬場になるわけでもないはずなのこと、平坦小回りコースを考慮すると先行馬有利と考えるのがベターだろう。となると追い込み脚質のダンスオールナイトは割引。
さらに、重馬場の影響を考慮してパワーのある方がよいと考えればダートで良績のあるアイスドールに向きそうか。人気的にもコチラの方に旨味があるし本命はアイスドール。

アイスドールはダートで勝ち上がってきた馬だが、元々芝で走っていた馬で久々の芝でも苦にしないはず。以前芝で走っていたときは、出遅れ癖がひどかったし、いまよりも30キロ程も小さいことを考えても体が出来ていなかったが、素質は買われていた馬だった。いまではダートで3連勝するほどの力をつけて先行もできるようになった。間隔は空いたが別のレースに使う予定があったため出走態勢は整っていただろうし、そこから延びてさらに作りこめたはず。馬場のいい外を先行できるのは展開上有利。そろそろアンミツに一花。


◎アイスドール
○ヤマニンメルベイユ
▲ダンスオールナイト

皐月賞の予想

混戦も混戦。しかも馬場は荒れ気味。もうホントに何が勝ってもおかしくない。ゆえに、能力比較や適性だけで整理がつく感じでもないので、いつもとちょっと違う切り口から入ってみた。


今年のGⅠの勝ち馬の馬主は、サンデーR→社台RH→社台RHと社台直属が掻っ攫っていっている。社台は空気を読むべき。過去の皐月賞勝ち馬を見ても有力個人馬主の馬が目立っており、そろそろ有力な個人馬主の出番があってもよさそう。

いわゆるキン(金子)・コン(近藤)・カン(関口)という社台系有力馬主のうちキンとカンから今年も有力馬がスタンバイしているわけだが、いずれもいまひとつ信用が置けず、社台生産でもちょっと捻って狙いは、臼田氏のフローテーションとした。

前走は内を突いた鞍上の好騎乗によるものとも思えるが、ああいうレース運びができるのもまた馬のセンスありきで中山コースにはそういった器用さは必要なもの。さらに、直線の坂の苦しくなるところから見せた最後の伸び脚は出色。デビュー2連勝のときは素質だけで走っていたが、数戦使われて精神的にも成長し、馬体も良化。血統的にも筋が通っており、父子同馬主で父の仇を討つというのもなかなかドラマティックではないか。乗り替わりの多い馬だが、しっかり内田を確保。移籍後はいいところを見せられていないとはいえ、良い騎手であることは疑いようもなく、こういったときピンポイントでこそ買いのタイミングのように思う。


展開の想定としては、逃げ候補がノットアローンとショウナンアルバ。前者は気性的に行った方が持ち味がでるし、後者はスタートから速いうえに行きたがる気性なのでどっちがとはいえないがどちらかが引っ張る形になるだろう。ただ離して逃げるタイプでもなく、コース形態などから騎手の意識も前傾にあり、特に前走を試走と考えれば人気を背負っていることもありマイネルチャールズあたりが早めに捕まえに行かざるをえないか。その捕まえに行く実力馬(○、▲)が粘るところをわが本命馬が差し切ると。早めの動き出しによって台頭する可能性があるのが持続型の差し馬(△)。しかもスピードに大差ないことを考慮したらロスのない内枠の馬がよさそう。


◎フローテーション
○スマイルジャック
▲マイネルチャールズ
△ダンツウィニング
△タケミカヅチ
△スズジュピター
☆キャプテントゥーレ

馬券は◎から手広く。

マイラーズCの予想

どうやら馬場がよろしくないようで。

マイラーズCはペースに緩みの小さい持続力型のレースで、阪神コースは騎手の意識が変わってきたとはいえ基本的には前が残りやすく、雨で馬場が重くなっているなら後ろの馬より前の馬を買うべきだろう。
また、伝統のあるGⅡでは格を重視したい。特にマイラーズCと言うだけあってマイル実績のある馬が結果を出しているレースでもある。

そこで本命はコンゴウリキシオー。言うまでもなく昨年の勝ち馬。前走は久々でも馬体が減って萎んでいた感じだったが、今回はひと叩きされて良化は確実。まともならこの馬を捕まえるのは至難。

対抗にエイシンドーバー。GⅠとなると底力の面でどうかというのはあるが、GⅡのここでは格的にも十分足りる。総合的に考えて特に減点材料も思いつかず買い。

▲にキングストレイル。中一週は予定通りとのことで、ダービー卿で本命にした僕は馬鹿を見たわけだが、藤沢らしい2走目で買いのパターン。前走も流れに乗れなかったために着順は悪かっただけで、阪神外回りコースなら好位置につけて自分の競馬ができる。アンカツ-藤沢ってあんまり見たことなかったけど意外にピンポイントで人気馬乗せてるのね。

上記3頭が中心。あとはカンパニー、ドリームジャーニーがどこまで末を伸ばせるかと、格負けしないAベガのマイネルポライトが最内を利して差し込んだ場合を想定して押さえる。


◎コンゴウリキシオー
○エイシンドーバー
▲キングストレイル
△カンパニー
△マイネルポライト
△ドリームジャーニー

桜花賞の予想

とりあえず印だけ。あとで追記します。完了。


◎トールポピー
○リトルアマポーラ
▲エイムアットビップ
△オディール
△シャランジュ
△レジネッタ


混戦ムードのクラシック戦線。それでもおおよその力関係は形成されつつある。レースごとに区切れば、最もハイレベルと評価したいのはやはり阪神JF。桜花賞でも中心はこの組になりそう。というか印の内1頭を除いて阪神JF上位馬になった。逆に言えばここまで阪神JF上位組が既成勢力として結果を出してきたとも言える訳で…。


トライアルとしてデータ上最も信頼できるのがチューリップ賞だが、今年は中盤の緩みがひどすぎてあまり参考にならない。評価できるのはやはり久々でもそれなりの競馬でまとめてきたトールポピーとオディールだろう。本番へ向かっての内容としてはどスローを溜めて差し損ねたオディールだが、休み明けでの馬体減であれだけの脚を繰り出したのは反動が気になるところ。今週の最終追い切りも軽すぎるので評価を下げた。トールポピーはステップとしては上々の競馬だったと思う。

対抗リトルアマポーラは牡馬相手のレースやクイーンCの勝ちっぷりから能力はトップだと思っている。ただ時計の裏付けがなく久々の競馬、さらに騎手が掴めないので本命を譲った形。

フィリーズレビュー組は1,2着は展開が嵌ったのとコース取りでのもので評価しづらい。勝ちにいく競馬をして惜敗したレジネッタは評価できる。あとエイムアットビップは前走は中間に熱発し追い切りもいつもの坂路ではなく久々で若干太めが残っていた。今回は坂路でしっかり追い切られ反撃ムード。
2歳時に見せたスピードはまだ見限るには早計だと思う。

別路線組にちては、まずNZTでも指摘したように中山マイルはダートもしくはスプリント適性の高い米国型パワータイプが強く、一方で阪神マイルはベクトルが逆で芝向きの軽さ(瞬発力)とスタミナを兼備する欧州型に適性があるコースということを前提に、アネモネS組は基本的に適性が低いという評価。ただ、出遅れて馬群の最後方から3コーナーから外々を回して長くいい脚を使ったシャランジュは阪神JF5着でもあり適性、能力ともに軽視できない。
また、同じく中山マイルの菜の花賞の勝ち馬デヴェロッペについても適性面で疑問が残る。展開利だけで逆転できるほど実力にインパクトも感じない。

ルルパンブルーあたりが距離をこなせればちょっと怖いけど、まあ戦績的にスプリンターだろう。


なんか文章書いてたら当たりそうな気がしてきた↑

ニュージーランドTの予想ほか

昨年が二桁人気馬でのワンツーなど近年荒れる傾向にあるレース。今年も2歳チャンプなど実績馬こそ出走するが、上位人気馬にも付け入る隙が見られ荒れる要素は十分。

過去の連対馬を見ると、後にダート馬になった馬やスプリンターに収束していった馬がズラリ。つまりNZTで重要なのはパワーとスピードで、血統的に言うなら米国的な血。馬格もある程度はあったほうがいいと思う。

他に注意すべきデータは中山マイルだけあって内枠有利というか外枠不利の傾向。8枠については連に絡んだこともない。

以上を考慮して本命はエイシンフォワード。血統的に狙いたいイメージにピッタリで、枠も不利にならないギリギリの枠に入れた。馬込みを気にするタイプらしく前走は4角あたりでズルズルと下がりながらも直線は再度伸びてくるという力強いところを見せ2着と成長を感じさせた。実績的に実力は申し分なく、追って味のある和田での東上も陣営の期待が感じられる。

対抗にアポロフェニックス。父はダート適性、スプリント適性ともに高いミスプロ系アフリート。実績からも素軽さのいる東京よりもパワーのいる中山の方が合っている。前走にしてもパワータイプにとって差すのは厳しい流れでの4着から実力的にも差はないと思わせる内容で中山に替わって。

アサクサダンディは今回狙うべきタイプではないものの、フジキセキはファイングレインと同父でスプリンターとして収束する可能性やダート適性もなくはなさそうなこと、実力的に上位で状態面での不安もないこと、アンカツ-戸田の勝負ラインであることから▲。

リーサムクラウンは乗り替わり自体は減点ではないが印象点としては悪くアポロフェニックスより上の印は打てないのでこの位置。兄はブルーコンコルドでダート馬としての素養は高いと考えられるし実際にダートで連勝中。兄もこのくらいの時期は芝でも十分やっていたので展開次第では一発の魅力は十分だろう。

あとは好枠から先手を主張できそうなダンツキッスイの逃げ粘りと時計がかかりそうならミスプロ系のタマモスクワートを警戒。


◎エイシンフォワード
○アポロフェニックス
▲アサクサダンディ
☆リーサムクラウン
△ダンツキッスイ
△タマモスクワート

◎○▲→◎○▲☆△△→◎○▲☆△△ のイメージでパラパラと馬券買います。



阪神牝馬Sは◎ブルーメンブラット○ローブデコルテ▲ジョリーダンス。馬単ボックス◎頭を厚め。

日曜重賞予想

マイラーを買うレース。マイル重賞で良績のある馬が中心。メンバー中でマイル重賞で連絡み経験のあるピンクカメオ、カンファーベスト、キングストレイル、シンボリグラン、マルカシェンクの5頭を素直に信頼。


◎キングストレイル
○マルカシェンク
▲ピンクカメオ
△シンボリグラン
△カンファーベスト


大阪杯は堅そうなので見。


コーラルSの予想

どうも、休養中の乗り込みが足りず、新年度のスタートで大きく出遅れた者です。土曜は重賞もなくそれほどモチベーションが上がらないので軽い感じでお送りいたします。

阪神メイン・コーラルS。どこから入ってもそれなりの根拠を持って馬券を買えそうなメンバーだけに予想法も数字遊び、サイン馬券的な感じでいきます。

コーラルSにゼンノコーラルというわかりやすいサインがあるわけですがここは▲として、一捻りしてコーラルというのが珊瑚ということで3枠5番ユノナゲットを本命にします。東京巧者のイメージがありますが阪神コースでは過去に3着もあり末脚を活かせる広いコースなら決して走らないわけではない馬です。休養前にはアドマイヤスバルを脅かしたほどの実力を見せており、破壊力のある末脚はここでも通用するはずです。休み明けになりますが鉄砲が利かないタイプでもないので流れが向けば穴馬としての魅力は十分と言えそうです。

対抗は3-5の3でタガノサイクロンが対抗。この馬は元々実力は重賞級なので流れ次第でしょう。

あとは以前友人に教わった三連系馬券購入法で軸2頭の馬番を足した馬番、ここでは3+5=8のダンディズム、枠の3-5で5枠からオフィサーあたりを買ってみる。


◎ユノナゲット
○タガノサイクロン
▲ゼンノコーラル
△ダンディズム
△オフィサー

03 | 2008/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。