スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凱旋門賞の回顧

一日間をおいてようやく回顧。

…本当に残念だった。直線を向いての手応えを見たときは勝ったとおもったけど…。

しかしながら、ある程度、五分以上の割合でディープの敗戦を疑っていた気持ちはあった。それゆえに予想段階でもディープの不安要素ばかりを挙げた。とはいっても結局そのレース上の不安要素とはあまり関係ないところが敗因となったようだけれど…。

ということで、敗因を考えてみる。

まず第一に、多くの場で取り上げられている斤量である。3歳馬が強い凱旋門賞の原因となっているこの3.5キロ差が最後の差となったということである。特に、ディープにとって59.5キロというのは初めて背負う重さでありそれだけでも単純に堪えるだろう。さらに欧州馬のように骨格のしっかりした隆々としたタイプではなく、450キロほどの小柄なしまった馬体のディープにはきつい重さになる。またいつもよりも若干重い斤量が背中に加わったことで走法にも影響があったかもしれない。

第二に、展開である。今回ディープはスタートダッシュの遅い欧州の中で好発を決め、2、3番手から競馬となった。このこと自体は想定内で問題ないのだが、やはりマークされる形、外から馬がくる形というのはこれまでのディープにはない競馬であり厳しい展開になったといえる。また、素人の僕が一流騎手にケチをつけるのはおこがましく大変失礼なことだと思いつつ指摘させてもらうと、仕掛けに関しても僕は少し早かったように思う。並びかけられようとしているときであり、鞍上が馬のもう一段階のギアをディープの力を信じての仕掛けであるというのはわかる。それでももう少し仕掛けを待つべきだった。

第三に、ローテーションが挙げられる。万全にレースを迎えるにはやはりひと叩きが必要だったと思う。調教こそ万全といえるものだったが、レースとなると精神面などに少しの差が出てくるもの。その少しの差が影響するのが凱旋門賞という頂上決戦である。思えば宝塚記念は年初では組まれていなかったローテだったはずで、本気で勝つ気ならばエルコンドルパサーのように長期の本格参戦にすべきだったとも思う。


ディープインパクトといえど1頭のウマであったということだろう。しかし、武豊自身が言っているようにディープにはもう一段階のギアがあるはず。池江調教師も今後も挑戦したいとの意図を含んだ発言をしており、今一度の海外挑戦、リベンジをぜひとも実現してほしい。


最後に感動と興奮を与えてくれたディープインパクトとその関係者に感謝します。ありがとうございました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。