スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念の予想

いよいよ本年の競馬の総決算ともいえる有馬記念。「有馬当たれば全てよし。」と誰か著名な人が言ったとか言わないとか。とにかく1年で一番当てたいレースのひとつです。

そんな有馬記念。夢を買うというのも有馬ならではの好ましい買い方と思いますが、僕はただ強い馬を買う。それだけです。

勢力図を整理してみると、今年の古馬中距離以上では宝塚とJCの1~3着馬が同じ馬で占められたように実力差が意外に明確で、有馬に出走しないムーンを除けばメイショウサムソンポップロックが頭一つ以上抜けた存在。

古馬としてはここにダイワメジャーが加わってくるわけだけど、昨年よりは衰えがあると思っている点、距離適性と昨年のAメインのように引っ張ってくれる馬不在でディープのような後続馬を捻ってくれる馬もいないという条件では昨年の3着以上は期待できないと踏んでいるのでここで切らせていただく。
その他の古馬陣とは勝負付け済み。マツリダゴッホなんかは中山では底を見せてないとも言われるけども、堅実に走るシルクネクサスを捕まえた程度では力差があると言わざるをえない。しかも首が高く距離延長はマイナス。秋天は東京だったとはいえ勢いが切れて鮮度を落とすのもいただけないかなと。
実力馬ドリームパスポートは馬体は出来ていても中身というか精神面というかやはりまだ完全に復調しているとはいえないと思う。この馬に勝たれるのならしょうがない。

次に、問題の3歳馬。よく言われるのが今年の3歳牝馬は強い、そして3歳牡馬は弱いということ。僕自身考えを同じくしているので、まず牡馬はないという方向。ロックドゥカンブは弱いと言われる世代にあって期待の星だと思うけど明らかに成長途上。菊花賞は不利が大きく能力の底を見せてないけど、レース映像を見直してみるとたとえ不利なく追い出せたとしてもギリギリ勝てたかどうかくらいの感じに見えた。現時点での実力はそのくらいという評価。伸びしろのある分短期間での成長も期待できるけど、世代のレベルから想定して古馬トップクラスには及ばないと思う。来年へつなげるという意味で3,4着くらいの評価におきたい。
次に、強いと言われる牝馬について。ウオッカは一頓挫あった後だったJCでの出来は完調と言えるものだったと思うし、東京二四という舞台で瞬発力の活きる流れと好条件だっただけに有馬への上積みはないかとも思ったが、もう一度JCを見直したらいまさらながらやっぱり強いなぁと思った次第。あれだけの上がり勝負になってしまったらほぼ最後方からの競馬では間に合わないのは当然なわけで、それがさらに一線級相手なのだからあれだけ詰められたことは圧倒的に評価すべき。着順、着差もだけどその実力はすでに古馬トップと比べて遜色なし。
そして、ウオッカを評価すればダイワスカーレットの実力も当然評価せざるをえない。しかし、血統的に兄の評価とも共通するわけで、距離や流れへの対応が微妙。兄よりは距離をこなせているけどもエリ女も最後はパンドラに差が詰められていたように理想的な流れに牝馬相手といった条件が重なってようやくこなせる距離という気もする。秋はすでに3戦を消化しており上積みが見込みづらいならば人気の加減から切るべきところだろうか。


ということで結論。

本命は難しく考えずにメイショウサムソン。いまさら何を言うこともない実力馬。有馬に関しては他馬と比べてとにかく穴が見当たらない。秋は有馬が3走目で消耗も少なく鮮度が重要な有馬では好感の持てるローテ。雨も問題ないし枠も有利な1番枠。他馬にとっての懸念材料もサムソンにとってはプラス材料にすらなっているというこの流れには逆らうべきでない。JCは甘い競馬をしてしまっただけに豊も勝ちにこだわる競馬をするはず。
蛇足だけどサムソンが勝てば年度代表馬もスンナリ決まっていいんじゃないかな?

ウオッカは何と言っても大外問題視される。内に入れない中山で二五を走るとなると内の馬に比べて無駄な動きが増えたりして結構なロスを強いられることになるのはたしかだが、追い込みの利くウオッカには大外一気というのはさほど大きなロスは生み出さないと思っている。内にいたと思っても内が突けない競馬場では大外ぶん回しというのがデフォな鞍上だし。33秒台の極限の上がりを要求されるような流れにはなりようもないレースだし他馬が35秒台のところを34秒台を繰り出せば間に合う計算。力を発揮できるか否か。勝ち負けになる方に賭けたい。

ポップロックはスタートとギアに若干の懸念材料がある。JCではうまくスタートして各馬がすぐには内に寄せてこなかったおかげで好位置につけることができたが、元来あまり出のいいタイプではないため窮屈な中山では大きなロスを生む可能性が高い。また、JCでは前めの好位置につけていたにも関わらず直線を向いたときには馬群の中。ゴール前では若干脚色に余裕があったように、とにかくエンジンの掛かりが遅く勝負に甘い馬。手の内に入れているはずのペリエでそんな競馬を繰り返しているのだから馬の性格なんだろうが、これが器用さを要求される中山では致命的なロスにつながりうる。昨年の有馬でディープが一掃したところを伸びて2着だったのもその辺がうまくいった点も大きいのではないだろうか。
といっても前述のとおり実力としてはサムソンに並ぶトップホース。しかも同じ馬が何度も馬券になる有馬の特殊性と自身の二五という距離への適性はメンバー1とも思うので帳尻は合わしてくるだろうとは思うので相手としては普通に買い。

3着候補としてはロックドゥ。消極的に。

あと最後に穴でちょっと気になるのがコスモバルク。条件は悪くないのでこれだけ人気がないなら紐で押さえたい。


◎メイショウサムソン
○ウオッカ
▲ポップロック
△ロックドゥカンブ
注コスモバルク

馬連 ◎-○
馬単 ◎→○▲注
三連単 ◎→○▲→○▲△注、○→◎→▲△注

3着には何が来てもおかしくないと思うので基本は馬連、馬単でいきたいが、多少高配当を狙って決め打ち三連単も少々。ただ三連単を買うかは流動的。
サムソン-ウオッカの馬連が前日で13倍とは結構つくなあと思ったり。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

パドック
ウオッカ、ポップロック、インティライミ、サムソン、バルクの順によく見えた。なのでウオッカからの馬券と三連複ボックスというのも買ってみたい。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。