スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞の予想

混戦も混戦。しかも馬場は荒れ気味。もうホントに何が勝ってもおかしくない。ゆえに、能力比較や適性だけで整理がつく感じでもないので、いつもとちょっと違う切り口から入ってみた。


今年のGⅠの勝ち馬の馬主は、サンデーR→社台RH→社台RHと社台直属が掻っ攫っていっている。社台は空気を読むべき。過去の皐月賞勝ち馬を見ても有力個人馬主の馬が目立っており、そろそろ有力な個人馬主の出番があってもよさそう。

いわゆるキン(金子)・コン(近藤)・カン(関口)という社台系有力馬主のうちキンとカンから今年も有力馬がスタンバイしているわけだが、いずれもいまひとつ信用が置けず、社台生産でもちょっと捻って狙いは、臼田氏のフローテーションとした。

前走は内を突いた鞍上の好騎乗によるものとも思えるが、ああいうレース運びができるのもまた馬のセンスありきで中山コースにはそういった器用さは必要なもの。さらに、直線の坂の苦しくなるところから見せた最後の伸び脚は出色。デビュー2連勝のときは素質だけで走っていたが、数戦使われて精神的にも成長し、馬体も良化。血統的にも筋が通っており、父子同馬主で父の仇を討つというのもなかなかドラマティックではないか。乗り替わりの多い馬だが、しっかり内田を確保。移籍後はいいところを見せられていないとはいえ、良い騎手であることは疑いようもなく、こういったときピンポイントでこそ買いのタイミングのように思う。


展開の想定としては、逃げ候補がノットアローンとショウナンアルバ。前者は気性的に行った方が持ち味がでるし、後者はスタートから速いうえに行きたがる気性なのでどっちがとはいえないがどちらかが引っ張る形になるだろう。ただ離して逃げるタイプでもなく、コース形態などから騎手の意識も前傾にあり、特に前走を試走と考えれば人気を背負っていることもありマイネルチャールズあたりが早めに捕まえに行かざるをえないか。その捕まえに行く実力馬(○、▲)が粘るところをわが本命馬が差し切ると。早めの動き出しによって台頭する可能性があるのが持続型の差し馬(△)。しかもスピードに大差ないことを考慮したらロスのない内枠の馬がよさそう。


◎フローテーション
○スマイルジャック
▲マイネルチャールズ
△ダンツウィニング
△タケミカヅチ
△スズジュピター
☆キャプテントゥーレ

馬券は◎から手広く。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
FC2 Blog Ranking
Blog Ranking

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

ekusie

Author:ekusie
年間回収率200%超が当面の目標。
馬券を極める旅は続く。。。

応援中:アグネスアーク、キャプテントゥーレ
好きな馬:エルコンドルパサー

MSNメール&メッセンジャイ
imperfect_ekusie@hotmail.co.jp

2008年回収率 78%

2007年回収率 142%
(PATの口座変更と実馬券での変動が激しく正確な数値が計上不能なため参考記録。)

2006年回収率 111%


詳しいプロフィール

お気に入り

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
インフォメーション

当ブログはリンクフリー。TBやコメントも気軽にどうぞ。ただし、TB、コメントについて管理人が不適切と判断した場合、修正・削除などの対処を行う場合があります。
当ブログの情報を利用していかなる損害が生じても一切の責任は負いません。馬券は自己責任でお願いします。
 尚ブログ内の内容に誤りや不審な点がございましたら御一報お願いします。




since 2006.02.10

RSSフィード
メモライズ

サクラメガワンダー
アグネスアーク
アイルラヴァゲイン




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。